TOK10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TOK10
TOKIOカバー・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルJ
プロデュース JULIE K. (Johnny & Associates)
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 登場回数12回(オリコン)
ゴールドディスク
TOKIO 年表
glider
2003年
TOK10
(2004年)
ACT II
2005年
テンプレートを表示

TOK10』(トキオ)は、TOKIO2004年9月1日にリリースした初のカバーアルバム。

概要[編集]

TOKIOデビュー10周年記念に発売されたアルバムで、初代ジャニーズからKinKi Kidsまでの歴代ジャニーズアーティストのカバーを収録。また、デビュー曲「LOVE YOU ONLY」のリアレンジバージョンも収録された。

各曲のプロデューサーには曽我部恵一小西康陽など超豪華メンバーが集結した。

「LOVE YOU ONLY」以外はメンバー全員がボーカリストとして参加している。

アルバムとしては初のオリコン1位獲得、最高初動作品となっている。また、男性ボーカルのカバー・アルバムとしては、1977年発売された吉田拓郎の『ぷらいべえと』以来約27年ぶりのオリコン1位獲得作品となった。

2009年6月24日J Stormから再発売された。これに合わせてユニバーサルから発売されたオリジナル盤は廃盤となった。

収録曲[編集]

  1. 涙くんさよなら
    作詞・作曲:浜口庫之助、編曲:香取良彦 & 小西康陽、原曲:ジャニーズ(1966年)
    プロデュースは小西康陽。なお、原曲とされている「涙くんさよなら」は、ジャニーズのオリジナル曲ではなくカヴァー曲であり、オリジナルは坂本九である。
  2. ブルドッグ
    作詞:伊藤アキラ、作曲:都倉俊一、編曲:曽我部恵一、原曲:フォーリーブス(1977年)
    プロデュースは曽我部恵一。エレキギターでポール・ギルバートが参加している。
  3. よろしく哀愁
    作詞:安井かずみ、作曲:筒美京平、編曲:小西康陽、原曲:郷ひろみ(1974年)
    プロデュースは小西康陽。長瀬が出演したスバル・フォレスターCMソング。
    メインボーカルは長瀬智也。
  4. 抱きしめてTONIGHT
    作詞:森浩美、作曲:筒美京平、編曲:Towa Tei、原曲:田原俊彦(1988年)
    プロデュースはTowa Tei。
    メインボーカルは松岡昌宏と山口達也。
  5. ギンギラギンにさりげなく
    作詞:伊達歩、作曲:筒美京平、編曲:高見沢俊彦、原曲:近藤真彦(1981年)
    プロデュースは高見沢俊彦。
    メインボーカルは長瀬智也と国分太一。
  6. 100%…SOかもね!
    作詞:森雪之丞、作曲:井上大輔、編曲:曽我部恵一、原曲:シブがき隊(1982年)
    編曲は曽我部恵一。
    メインボーカルは国分太一と城島茂。
  7. 気まぐれOne Way Boy
    作詞:橋本淳、作曲:山本寛太郎、編曲:Adrian Belew、原曲:THE GOOD-BYE(1983年)
    プロデュースはAdrian Belew。
    メインボーカルは国分太一と長瀬智也。
  8. 君だけに
    作詞:康珍化、作曲:筒美京平、編曲:TOTO、原曲:少年隊(1987年)
    プロデュースはTOTO。
    メインボーカルは城島茂と長瀬智也と山口達也。
  9. DAYBREAK
    作詞:大津あきら、作曲:MARK DAVIS、編曲:高見沢俊彦、原曲:男闘呼組(1988年)
    プロデュースは高見沢俊彦。エレキギターのソロでSEX MACHINEGUNSAnchangが参加している。
    メインボーカルは国分太一と松岡昌宏。
  10. パラダイス銀河
    作詞・作曲:飛鳥涼、編曲:小西康陽、原曲:光GENJI(1988年)
    プロデュースは小西康陽。
  11. らいおんハート
    作詞:野島伸司、作曲:コモリタミノル、編曲:知野芳彦、原曲:SMAP(2000年)
    プロデュースは知野芳彦。全編ア・カペラ作品。コーラスアレンジ及びコーラスとしてTAKE 6が参加している。
    長瀬以外の4人がメインボーカル。
  12. フラワー
    作詞:H∧L、作曲:H∧L・音妃、編曲:SKETCH SHOW、原曲:KinKi Kids(1999年)
    プロデュースはSKETCH SHOW。
  13. WAになっておどろう
    作詞・作曲:長万部太郎 (角松敏生)、編曲:角松敏生、原曲:V6(1997年)
    プロデュースは角松敏生。なお、原曲とされている「WAになっておどろう」は、V6のオリジナル曲ではなくカヴァー曲であり、元々のオリジナルはAGHARTAの「ILE AIYE 〜WAになっておどろう〜」である。
    メインボーカルは山口達也。
  14. LOVE YOU ONLY
    作詞:工藤哲雄、作曲:都志見隆、編曲:TOKIO & KAM、原曲:TOKIO(1994年)
    プロデュースはTOKIO。
    デビュー曲をリアレンジしてセルフカバー。原曲よりもキーが低くなっていて、歌詞も一部変更している。

参加ミュージシャン[編集]

TOKIO are

涙くんさよなら

ブルドッグ

  • Handclap:植木雄人 (ダブルオー・テレサ)
  • Guitars:上野智文 (ダブルオー・テレサ)
  • Bass:大塚“KENNY”謙一郎 (ダブルオー・テレサ)
  • Drums & Percussion:村田好隆 (ダブルオー・テレサ)
  • Keyboards & Strings:高野勲
  • Percussion & Keyboards:曽我部恵一
  • E.Guitar & E.Guitar Solo:Paul Gilbert

よろしく哀愁

  • Produced by 小西康陽

抱きしめてTONIGHT

  • All Instruments:安田寿之 & Towa Tei
  • French Voice:coco

ギンギラギンにさりげなく

100%…SOかもね!

  • Produced by 曽我部恵一
  • A.Guitar:曽我部恵一
  • Violin:加藤高志

気まぐれOne Way Boy

  • All Instruments:Adrian Belew

君だけに

  • Produced by TOTO
  • Co-Produced by Cobra Endo (Mugen)

DAYBREAK

  • Produced by 高見沢俊彦

パラダイス銀河

  • Produced by 小西康陽
  • E.Guitar:窪田晴男
  • Trumpet:小林太
  • Tenor & Baritone Sax:金山功
  • Programming:吉田哲人

らいおんハート

  • Produced by 知野芳彦
  • Chorus Arrangement:TAKE 6
  • Background Vocal:TAKE 6
  • Voice Percussion:Kazz (Baby Boo)

フラワー

WAになっておどろう

  • Background Vocals:角松敏生
  • E.Guitar & E.Guitar Solo:角松敏生
  • A.Guitar, Keyboards & Computer Programming:角松敏生
  • Computer Manipulate:山田洋

LOVE YOU ONLY

  • All Instruments:TOKIO