田中一光 (ドラマー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 一光
生誕 (1965-10-08) 1965年10月8日(53歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
ジャンル プログレッシブ・ロック
ロック
J-POP
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラムス
活動期間 1982年 -
レーベル 2011年 - MUSEA Records(フランス)
2015年 - Cherry Red Records(イギリス)
2018年 - KING RECORDS(日本)
共同作業者 Yuka & Chronoship
田口俊
船越由佳
宮澤崇

田中 一光(たなか いっこう、1965年10月8日 - )は、日本ドラマーミュージシャン。プログレッシヴ・ロック・バンドYuka & Chronoshipのドラマー。愛知県名古屋市出身。
現在はYuka & Chronoshipの活動を中心に、さまざまなジャンルのアーティストと共演し、その活動は多岐にわたる。

略歴[編集]

  • 中学時代にバンドを結成し、ドラムを始める。中学の文化祭でチューリップ、KISSチープトリックビートルズのコピーを演奏。
  • 中学卒業後、上京。
  • 高校在学中、アマチュアバンドでのポプコン本選のTV放送がきっかけで、EXCESSサポートミュージシャンとして活動するが、本格的に音楽を習得するためにメーザーハウスに入学。
  • メーザーハウス在学中に笹路正徳と出会う。卒業後、「ハートミュージック」の立ち上げに関わる。
  • その後、B'zのレコーディング及びツアーサポートをはじめ、さまざまなジャンルにおいて才能を発揮。
  • 2009年に結成されたプログレッシヴ・ロック・バンドYuka & Chronoshipのドラマーとして、2枚のアルバムをフランスのプログレッシヴ・ロック・レーベルMUSEA Recordsから世界31ケ国でリリース。
  • 2015年9月には3rdアルバム『The 3rd Planetary Chronicles(第三惑星年代記)』でCherry Red Recordsより待望のイギリスデビューを果たす。

ライヴ活動[編集]

Yuka & Chronoshipにおいてはバンド結成以来、都内ライヴハウスを中心にライヴ活動を展開。
2016年12月3日にはROCK JOINT GB(吉祥寺)においてワンマンライヴ「Progress」を開催。2017年4月16日には初台DOORSにおいてYuka & Chronoshipプレゼンツによる「無限幽幻(Mugen-Yugen) Vol.1」の開催が決定している。
また、2015年10月17日には、自身プレゼンツによる「Ikko Tanaka Session Band」(MUJICA / 名古屋)を開催。
2016年9月11日には、都内初となる「Ikko Tanaka SESSION & COLLABORATION LIVE」(中目黒トライ)を開催。
2018年6月30日にはYuka & Chronoshipにとって通算4枚目となるアルバム「SHIP」のレコ発ワンマンライヴを吉祥寺シルバーエレファントにおいて開催。
年内は2018年11月25日、12月23日にいずれも吉祥寺シルバーエレファントにおいて「ユカクロ 2ヶ月連続 組曲祭り」を開催予定。
海外遠征は2013年5月にフランスのマルセイユで毎年開催されているプログレッシヴ・ロック・フェス“Prog’Sud 2013”に、2014年8月には“Crescendo Festival 2014”(同国、サンパレシュルメール)に出演。2015年9月にはイタリアのヴェルーノで毎年開催されている「2Days Prog +1 2015 / Veruno Prog Fes」に出演した。

ラジオ出演[編集]

FM星空ステーション(八王子FM)開局1周年記念番組に出演。「Yuka & Chronoship解体新書」と題してユカクロを徹底解剖。
2018年7月14日 15:00~18:00 生放送でオンエアされた。

ツアー参加[編集]

その他、多数

メンバーとして在籍[編集]

レコーディング参加[編集]

その他、多数

外部リンク[編集]