バリー・スパークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バリー・スパークス
Barry Sparks
生誕 (1968-06-20) 1968年6月20日(49歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州ルーカスヴィル
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
ロック
グラム・メタル
職業 ベーシスト
ギタリスト
担当楽器 ベース
ギター
ボーカル
レーベル ZAIN RECORDS
共同作業者 B'z
ドッケン
マイケル・シェンカー・グループ
UFO
イングヴェイ・マルムスティーン
公式サイト Riot on Mars(Barry Sparks) OFFICIAL WEBSITE
公式サイト(英語)

バリー・スパークスBarry Sparks, 1968年6月20日 - )は、アメリカ合衆国ミュージシャンギタリストベーシストオハイオ州ルーカスヴィル生まれ。元ドッケンのベーシスト。現在は、B'zのサポートメンバーを務める傍ら、ライオット・オン・マーズのメンバーとしても活動している。

来歴[編集]

10歳でギターを弾き始め、兄ケビンのバンドに参加するためベースに転向[1]

1994年にイングヴェイ・マルムスティーンのアルバム、ツアーに参加[1]

1996年にはマイケル・シェンカー・グループのアルバム、ツアーに参加[1]

2001年からドッケンのメンバーとなり、3枚のアルバムに参加。2009年に同バンドを脱退。

その後は、UFOスコーピオンズテッド・ニュージェントなどのライブにサポートメンバーとして参加している[1]

2003年にはB'zのツアーにサポート・ベーシストとして参加、その後2008年から再びB'zのサポート・ベーシストを務め、現在に至る。

2015年、元LOUDNESSのボーカリストであるマイク・ヴェセーラと、ロック・バンド「ライオット・オン・マーズ」を結成、デビュー・アルバムを発表している。ちなみに、このデビュー・アルバムには、スペシャルゲストとして稲葉浩志ブルースハープで参加している[1]

人物・エピソード[編集]

  • ベースを弾き始めた当時は、クリス・スクワイアゲディー・リーなどに憧れていた。
  • 現在、B'zのリズム隊として共にしているシェーン・ガラースとは、イングヴェイ・マルムスティーン、マイケル・シェンカー・グループに共に在籍し、レコーディング及びツアーにも参加した。また、重厚かつ確実なプレイで、リズム隊としての厚い信頼を得ている[1]
  • ステージでは、ヘッドバンギングしたり背中でベースを弾いたりするなど、果敢に動き回る。
  • 既婚であり、4人の子どもがいる[2]
  • 日本では、津々浦々に出掛ける。その様子は、本人のYouTubeInstagramFacebookに度々アップされている。
  • UFOのファンであり、曲を鮮明に覚えていたため、UFOのツアーに参加した際には、マイケル・シェンカーに「バリーの言うことが一番正しいから、バリーの言うことを聞け」と言われた[3]
  • 2010年に、ロンドンで行われたハイ・ヴォルテージ・フェスティバル英語版にてUFOのベーシストとして参加した際は、「LIVE-GYM'99 "Brotherhood"」のライブTシャツを着用して演奏した。

ディスコグラフィー[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  リリース日 タイトル 規格 レーベル 規格品番
1st 2000年7月25日 幻想紀行 ~森への誘い~ CD ZAIN RECORDS ZACB-1038
2nd 2007年4月25日 Can't Look Back ZACB-9035

イングヴェイ・マルムスティーン[編集]

マイケル・シェンカー・グループ[編集]

ドッケン[編集]

B'z[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライブDVD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Riot on Mars(Barry Sparks) OFFICIAL WEBSITE
  2. ^ Barry Sparks – Bio
  3. ^ 『Be with! volume100』B'z PARTY、2013年

外部リンク[編集]