LIVE RIPPER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B'z > 作品リスト > LIVE RIPPER
LIVE RIPPER
B'zVHSLDDVD
リリース
録音 1993年7月31日 - 8月1日
ジャンル J-POP
時間
レーベル BMGルームス
B-VISION
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
ゴールドディスク
B'z 年表
JUST ANOTHER LIFE
1991年
LIVE RIPPER
1993年、VHS/LD)
2001年、DVD)
"BUZZ!!" THE MOVIE
1996年、VHS/LD)
2001年、DVD)
テンプレートを表示
B'z LIVE-GYM '93 "JAP THE RIPPER"
B'z の コンサート・ツアー
場所 渚園
初日 1993年7月31日
最終日 1993年8月1日
公演数 全2公演
B'z ツアー 年表
B'z LIVE-GYM '93 "RUN"
1993年
B'z LIVE-GYM '93 "JAP THE RIPPER"
(1993年)
B'z LIVE-GYM '94 "The 9th Blues" <PART-1>
1994年

LIVE RIPPER』(ライブ・リッパー)は、日本音楽ユニットB'z1993年12月9日にBMGルームスからリリースした3作目の映像作品(VHSLDとしては3作目、DVDとしては1作目)。[1]

DVDは2001年3月14日に、シングル「ultra soul」発売時に他の3作品と共にB-VISIONから同時リリースされた。

現在、VHS・レーザーディスクは製造中止になっている。

メンバー[編集]

サポートメンバー[編集]

内容[編集]

1993年7月31日、8月1日に渚園において、B'zデビュー5周年を記念して開催された初の野外イベント「B'z LIVE-GYM Pleasure'93 JAP THE RIPPER」の模様を収録。このライブでは通常のバンドメンバーに加えて、4人のブラス隊が加わっている。また、上手が稲葉、下手が松本で横一列の立ち位置で行う最後のライブでもある。長年B'zの取材を行っている音楽ライターの竹内美保は2003年に発行された別冊カドカワにおいて、「(当時の)B'z史上最大のお祭りであると同時に、翌年以降の重厚な世界へと歩みを進めて行くためのひとつの区切りだった。」と述べている。

未収録曲は、「OH! GIRL」、「愛しい人よGood Night...」、「LADY NAVIGATION (The 7th Bluesのバージョン)」、「BAD COMMUNICATION」、「太陽のKomachi Angel」、「KARA・KARA」、「GO! NUDE! GO!」、「星降る夜に騒ごう」、「HOT FASHION -流行過多-」。前作の「JUST ANOTHER LIFE」に収録された曲は収録されていない。

本ライブから10年後の2003年には、デビュー15周年記念として「B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" in 渚園」が開催された。

収録映像曲[編集]

  1. Introduction 〜さよならなんかは言わせない
  2. JAP THE RIPPER
    オープニングナンバー。当時は未発表曲として披露され、翌年発売されたアルバム『The 7th Blues』に収録された。
  3. ZERO
    後にライブの定番曲となる。
  4. NATIVE DANCE
    稲葉がクレーンに乗りながら歌っている。
  5. TIME
    「B'z LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"」の映像とリンクしている。
  6. STAY TONIGHT
    「ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜」のアレンジバージョン。翌年に英語詞に変えられ「SLAVE TO THE NIGHT」として『The 7th Blues』に収録された。
  7. 月光
    アコースティックバージョン。
  8. Wanna Go Home
    松本ソロ
  9. GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-
    最後のサビの部分は収録されていない。
  10. 『快楽の部屋』
    曲のエンディングで松本がギター爆破パフォーマンスを披露。
  11. 裸足の女神
    最初に観客の映像が収録されている。2013年6月12日発売のアルバム『B'z The Best XXV 1988-1998』の初回限定盤DVDにも収録されている。
  12. BLOWIN'
    後にPleasureツアーの定番曲となる。
  13. RUN
    後にアンコール定番ナンバーになる
  14. ONE FOR THE ROAD
    スタッフロールが流れる。当時は未発表曲であり、松本ソロシングル「THE CHANGING」で初CD化された。
  • 特典映像(DVDのみ)
  1. さよならなんかは言わせない
    アンコール最終ナンバー。この曲を見るには本編を止めることなく最後まで見なければならない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ROOMS RECORDSへの社名変更と販売元がJ-DISC Beingに移管されたのに伴い、同品番で社名変更されたものが1996年秋以降出荷されていた。