裸足の女神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > 裸足の女神
裸足の女神
B'zシングル
初出アルバム『B'z The Best "Pleasure"
B面 KARA・KARA
リリース
規格 8cmシングル
マキシシングル(再発)
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル BMGルームス
作詞・作曲 稲葉浩志(全作詞)
松本孝弘(全作曲)
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 週間11位(再発盤・オリコン)
  • 1993年6月度月間1位(オリコン)
  • 1993年7月度月間3位(オリコン)
  • 1993年度年間5位(オリコン)[1]
  • オリコン歴代シングルランキング47位
  • B'z シングル 年表
    愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
    (1993年)
    裸足の女神
    (1993年)
    Don't Leave Me
    1994年
    B'z The Best "Pleasure" 収録曲
    ALONE
    (5)
    裸足の女神
    (6)
    愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
    (7)
    ライブ映像(Short ver.)
    「裸足の女神 (Live ver./B'z LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER")」 - YouTube
    テンプレートを表示

    裸足の女神』(はだしのめがみ)は、日本の音楽ユニットB'zの13作目のシングル

    概要[編集]

    前作「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」から約3か月ぶりに発売されたシングルである。「ALONE」の頃から使われたB'zロゴマークの最後のシングル。

    オリコンチャートでは、当時のビーイングブームに乗り2週連続の1位を獲得。前作に続き2作連続の初動70万枚越えとなり、ピンク・レディーの5作連続ミリオンセラーを破り、6作連続のミリオンヒットとなった。1993年の年間シングルチャートでも5位(前作が2位)となり、前作と共にトップ10入りを果たした。B'zの中で、売上が4番目に多いシングルである。

    ジャケットは「日本ではあの雰囲気は出せないから」という理由でハワイで撮影された。

    2003年3月26日にリマスタリング、12cm化で再発売された。

    参加ミュージシャン[編集]

    収録曲[編集]

    1. 裸足の女神(4:28)
      前作のシングルと同時期に制作されており、同年のRUNツアーでも披露されたが、完成までには時間がかかり、稲葉は歌詞を一度すべて書き直したらしい。前作同様オリジナルアルバムへの収録はなく、1998年ベスト・アルバムB'z The Best "Pleasure"』でようやくアルバム初収録となった。
      ライブではアンコールで披露されることが多い。なお、『LIVE-GYM 2002 "GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜"』では、B'zの2人きりによるアコースティック・バージョンが披露された。
      発売当時にテレビでは披露されず、その後も披露する機会がなかったが、『B'z The Best XXV 1988-1998』のプロモーションで出演した2013年6月14日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション[2]で、「LOVE PHANTOM」「ultra soul」とのメドレーで発売から20年越しでテレビ初披露となった。
      B'zのサポートメンバーも務めるシェーン・ガラースが本曲をカバーしている。
    2. KARA・KARA(3:46)
      オリジナル・アルバムには未収録であるが、マスト・アルバム『B'z The "Mixture"』にMixture mixが収録されている。

    タイアップ[編集]

    CMには当時ティレルヤマハチーム所属のフォーミュラ1ドライバーの片山右京が出演。

    収録アルバム[編集]

    裸足の女神

    KARA・KARA

    ライブ映像作品[編集]

    裸足の女神

    その他[編集]

    ビーイングブームを象徴する出来事として、本作が2週目の1位を獲得した6月21日付けオリコンチャートでは上位5位をビーイング勢が独占した。

    順位 曲名 アーティスト
    1位 裸足の女神 B'z
    2位 果てしない夢を ZYYG,REV,ZARD&WANDS featuring 長嶋茂雄
    3位 揺れる想い ZARD
    4位 君が欲しくてたまらない ZYYG
    5位 夏を待ちきれなくて TUBE

    脚注[編集]

    1. ^ “音楽シーンで振り返る“平成” 際立つビーイングの存在感”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年12月3日). https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52180/ 2018年12月25日閲覧。 
    2. ^ B'zが同番組のレギュラー放送に出演したのは2007年以来6年ぶりであった。

    関連項目[編集]