もう一度キスしたかった

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > IN THE LIFE > もう一度キスしたかった
もう一度キスしたかった
B'z楽曲
収録アルバム IN THE LIFE
リリース 1991年11月27日
ジャンル ロック
時間 4分39秒
レーベル BMGルームス
作詞者 稲葉浩志
作曲者 松本孝弘
プロデュース 松本孝弘
その他収録アルバム

B'z The Best "Treasure"
The Ballads 〜Love & B'z〜
B'z The Best "ULTRA Treasure" (DISC1)
チャート順位

IN THE LIFE 収録曲
  1. 「Wonderful Opportunity」
  2. 「TONIGHT (Is The Night)」
  3. 「『快楽の部屋』」
  4. 「憂いのGYPSY」
  5. 「Crazy Rendezvous」 
  6. もう一度キスしたかった
  7. 「WILD LIFE」
  8. 「それでも君には戻れない」
  9. 「あいかわらずなボクら」
  10. ALONE

もう一度キスしたかった」(もういちどキスしたかった)は、日本音楽ユニットB'zの楽曲である。

概要[編集]

作詞稲葉浩志作曲松本孝弘が手がけ、編曲松本孝弘明石昌夫の共作。

曲の初出は、1991年11月27日にリリースされたB'zの5thアルバム『IN THE LIFE』であり、ベスト・アルバム『B'z The Best "Treasure"』(ファン投票で4位)、『B'z The Best "ULTRA Treasure"』(ファン投票で13位[2])、バラード・ベスト・アルバム『The Ballads 〜Love & B'z〜』に収録されている。

シングルカットはされていないが、B'zの人気曲のひとつであり、2011年8月19日に着うたフルが日本レコード協会によってゴールド認定された[1]

楽曲解説[編集]

歌詞[編集]

とある男女の夏の出会いから冬の別れまでが描かれており[3]、曲が進むごとに季節が変わっていき、二人の関係も変化していくという内容になっている[4]

稲葉は、作曲した松本に「単純なメロディーの繰り返しなので、歌詞に展開がないと間延びするかもしれない」と言われ、このストーリー性のある歌詞に仕上げた[5]

松本は「『もう一度キスしたかった』というフレーズが3回出てくるけど、「何でもう一度キスしたかったか」が違うんだよね。こういう稲葉の作詞のテクニックはすごいね」と絶賛した。

メロディ・アレンジ[編集]

イントロサビメロディで始まる。1回目のサビはキーボードの演奏のみで、2回目のサビからギターなどのバンド演奏が加わる。Aメロは穏やかなメロディだが、Bメロではギター演奏などが徐々に力強くなり、サビでヴィブラートを多用したソロが入り、エンディングアコースティック・ギターの音色で終わる。

松本は当時のインタビューで「こういう曲調はすごく好き」、「"松本メロディー"の極みかもしれない」と語り、稲葉も「松本孝弘のメロディー」と評している。

また、松本はガットギターを用いたエンディングが気に入っていると語っている。

ライブで演奏される際、エンディングパートで「恋はみずいろ」のワンフレーズをギターで奏でることもある。

参加ミュージシャン[編集]

演奏披露[編集]

テレビ番組[編集]

テレビ番組での演奏は、以下の1回のみである。

ライブ[編集]

これまでにLIVE-GYMで演奏されたのは以下の通り。

  • B'z LIVE-GYM '91〜'92 "IN THE LIFE"
  • B'z LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"
  • B'z LIVE-GYM '93 "RUN" (アリーナ公演、「ALONE」と日替わり)
  • B'z LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!!"
  • B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"
  • B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-
  • B'z LIVE-GYM 2012 -Into Free- (EXTRA公演含む)
  • B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER- (ドーム公演、「TIME」「さよならなんかは言わせない」と日替わり)
  • B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- (「月光」と日替わり)

映像作品収録[編集]

映像作品では、以下の作品に収録されている。

備考[編集]

  • 松本はこの曲をシングル化したかったが、先にタイアップの決まっていた「ALONE」のシングル化を優先し断念した[7]
  • 稲葉によると「歌入れが難しかった」とのこと。「サビの歌詞が全部異なっているため、歌い方によってなかなか言葉が入っていかない部分があり、淡々と歌うべきか、感情移入して歌うべきか悩んだ。結果、最終的にはちょっと引いた感じで歌った。」と語っている。
  • GARNET CROWが2009年に開催したファンクラブイベント「GARNET CROW filmscope 2009 〜サン9フェスタだ、全員集合!〜」にてカバーされた。
  • 1995年に発売された『B'z TV STYLE II Songless Version』に、TV STYLE(いわゆるオフボーカル音源)で収録されている。アウトロには観客の声が入っている。
  • 2013年3月台湾の歌手、蕭玉芬が楽曲「紙風箏」を公開した際に、ネット上で本作と酷似していることが指摘された[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “レコ協、7月度着うた等有料音楽配信認定を公表”. Musicman (エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社). (2011年8月19日). https://www.musicman.co.jp/business/12648 2019年10月6日閲覧。 
  2. ^ “B'z The Beat “ULTRA Treasure”リクエスト集計最終結果 TOP30”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2008年7月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000041791 2019年12月1日閲覧。 
  3. ^ 名曲揃いのB'z失恋ソングランキング、3位「You & I」、2位「いつかのメリークリスマス」、1位は切なすぎるあの曲” (日本語). music.jpニュース. 2018年8月16日閲覧。
  4. ^ MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「もう一度キスしたかった」の項)”. エムアールエム. 2019年10月6日閲覧。
  5. ^ 『Treasure : B'z Chronicle 1988~1998 10th anniversary special issue』P24より
  6. ^ 出演者ラインナップ(2002.12.27.FRI)”. テレビ朝日. 2019年9月26日閲覧。
  7. ^ 佐伯明『B'z ウルトラクロニクル』P40 ソニー・マガジンズ 2003年 ISBN 4-7897-2101-9
  8. ^ “【パクリ疑惑】台湾歌手の新曲がB’zの名曲『もう一度キスしたかった』にソックリだと話題に / ネットの声「完全に一致」”. ロケットニュース24 (ソシオコーポレーションメディア事業部). (2013年4月17日). https://rocketnews24.com/2013/04/17/318281/ 2019年10月6日閲覧。