いつかのメリークリスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B'z > 作品リスト > FRIENDS > いつかのメリークリスマス
いつかのメリークリスマス
B'z楽曲
収録アルバム FRIENDS
リリース 1992年12月9日
ジャンル J-POP
時間 5分37秒
レーベル BMGルームス
作詞者 稲葉浩志
作曲者 松本孝弘
プロデュース 松本孝弘
その他収録アルバム
B'z The Best "Treasure"/ B'z
The Ballads 〜Love & B'z〜/ B'z
B'z The Best "Pleasure II"[1]/ B'z
House Of Strings/ 松本孝弘
B'z The Best "ULTRA Pleasure"(The First RUN) / B'z
松本孝弘
チャート順位
FRIENDS 収録曲
Prologue. FRIENDS
SCENE 1. いつかのメリークリスマス
SCENE 2. 僕の罪
2-2. Love is…
   (後略)
B'z The Best "Treasure" 収録曲
   (前略)
12. MOTEL
13. いつかのメリークリスマス
14. RUN -1998 Style-
Secret Track. HOME
The Ballads 〜Love & B'z〜 収録曲
1. いつかのメリークリスマス
2. ALONE
3. 今夜月の見える丘に
4. HOME
   (後略)
B'z The Best "Pleasure II" 収録曲
   (前略)
4. ultra soul
5. HOME
6. いつかのメリークリスマス
〜「恋するハニカミ!」バージョン〜
7. 熱き鼓動の果て
8. 野性のENERGY
   (後略)
House Of Strings 収録曲
1. WHITE CHRISTMAS
2. いつかのメリークリスマス
3. sasanqua〜冬の陽
4. 恋歌
   (後略)
B'z The Best "ULTRA Pleasure" 収録曲
   (前略)
5. ALONE
6. ZERO
7. いつかのメリークリスマス
8. 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
9. 裸足の女神
   (後略)

いつかのメリークリスマス」は、日本音楽ユニットB'zの楽曲。

概要[編集]

最初にリリースされた音源は、1992年12月9日にリリースされたミニアルバム『FRIENDS』に収録されているものである。シングル曲ではないもののクリスマスソングの定番となり、B'zの中でも人気のある楽曲のひとつである。B'zのベストアルバムには高い頻度で収録されており、それに伴い後述のような多くのバージョンが製作されている。

メンバーはこの曲について、「数あるB'zのバラードの中でもメロディと歌詞のバランスが良く、特に気に入っている1曲」(松本)、「これほどまでに皆さんに愛される曲になるとは想像できなかった」(稲葉)とコメントしている。

人気[編集]

B'zのベストアルバム『B'z The Best "Treasure"』(1998年9月20日発売)の収録曲を決める際のファン投票では6位にランクインし収録されたほか、音楽番組COUNT DOWN TV」(TBS系列)の『クリスマスに聴きたい歌』アンケートでは、1997年から2006年まで9年連続1位を獲得(2007年は2位、2011年は2位[2])。「ミュージックステーション」(テレビ朝日系列)のリクエストランキングでも頻繁に登場し、自身の好きな楽曲のひとつにこの曲を挙げるアーティストもいる。「JAPAN COUNTDOWN」(テレビ東京)の「クリスマスソング・セレクション」では、「発表以来長く愛されているクリスマス・ナンバー」「クリスマスの定番曲となった屈指のバラード」として選出された[3]

カラオケでも人気があり、第一興商調べによる「クリスマスソングの歴代カラオケリクエスト数ランキング」(調査期間:1994年1月〜2012年12月15日)では、本楽曲が1位となった[4][5]。番組内では、「幅広い世代の男女に人気がある」「クリスマスシーズンに限らず歌われている」と解説された。

2011年には後述のタイアップもあって、レコチョク調べによる「着うたフル総合ランキング」[6]11月29日付(89位)で初登場。その後、同12月6日付(30位)、同12月13日付(11位)[7]と順位を上げてゆき、同12月20日付(8位)[8]において、楽曲の発表から20年目にして初のTOP10入りとなった[9]。現在もクリスマスシーズンになると、iTunes StoreなどのPC配信で再浮上する現象をみせている。

演奏披露[編集]

ライブ[編集]

B'zのライブツアーは夏場を中心に開催されることが多く冬に開催されることが少ないため、ライブではあまり演奏されない。過去に演奏された公演ではThe 9th Bluesツアー(1994年)、BIG MACHINEツアー(2003年)、C'monツアー(2011年)のそれぞれクリスマスシーズンでのみ演奏されている。B'zの映像作品には「B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-」において初収録された。

演奏披露された公演は以下の通りである。

B'z LIVE-GYM '94 "The 9th Blues"
SECRET GIG "Merry Xmas メリーさんの羊が一匹・聖しこの夜"
  • 1994年12月25日(札幌ペニーレーン24)
B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-

テレビ番組[編集]

音楽番組での演奏は以下の3回である。ライブではなかなか演奏されないためテレビでの演奏は貴重なものとなっている。いずれも、イントロのオルゴールはカットされている。

CM[編集]

2011年放送のペプシコーラCMで、サビの一部分のみではあるがB'zメンバーが「いつかのメリークリスマス」を演奏しているシーンが採用されている。

CMの撮影のときはメンバーは本楽曲を実際に演奏したが、CMで使用されたものはオリジナルの音源である。

バージョン違い[編集]

いつかのメリークリスマス
通常バージョン。
いつかのメリークリスマス (Reprise)
ピアノによるインストゥルメンタル
いつかのメリークリスマス (TV STYLE)
通常バージョンからボーカルを抜いた、いわゆるオフボーカルバージョン。
いつかのメリークリスマス (『The Ballads 〜Love & B'z〜』のボーナス・トラック)
原曲より打ち込みの音が多く、ドラム打ち込みドラムに変えられ、ポップなものに仕上がっている。イントロオルゴールがカットされ、打ち込みアコースティック・ギターが主体のイントロになっており、ボーカルが再録されている。打ち込み音はイントロからサビアウトロまで終始流れ続けている。正式タイトルは公表されていないため不明。
いつかのメリークリスマス New ver.
恋するハニカミ!」にて2004年10月15日よりO.A.された、番組用にリミックスしたバージョン。アレンジは通常バージョンと大きく変更はないが、ボーカルの再録などがなされている。2004年11月6日から12月25日までBEING GIZA STUDIO内にて期間限定で配信されたが、未だ音源化はされていない。
いつかのメリークリスマス アンプラグド ver.
恋するハニカミ!2004年12月3日よりO.A.された、番組用にリミックスしたバージョン。2004年12月4日よりBEING GIZA STUDIO内にて期間限定で配信された。後に再アレンジされ、いつかのメリークリスマス 〜「恋するハニカミ!」バージョン〜として音源化された。
いつかのメリークリスマス 〜「恋するハニカミ!」バージョン〜
  • 編曲:松本孝弘・稲葉浩志・徳永暁人
いつかのメリークリスマス アンプラグド ver. を再アレンジして収録された楽曲。ドラムの音を排除し、の音とバックコーラスを追加した。通常バージョンより大人しめのアレンジになっている。
いつかのメリークリスマス (『House Of Strings』)
松本によるギターを主旋律にし、バイオリン(第一バイオリン 6名、第二バイオリン 4名)、フルートピッコロオーボエクラリネットチェロヴィオラハープピアノコントラバスティンパニー、ロールドラムという管弦楽団の編成によるインストゥルメンタル
松本のアルバム『Strings Of My Soul』に同曲のミュージック・ビデオクリップが収録されており、歌詞の内容を踏まえたとおぼしき古びた椅子が登場する。

収録アルバム[編集]

FRIENDS』(1992年12月9日

2曲目に通常バージョン、8曲目にいつかのメリークリスマス(Reprise)を収録。

B'z TV STYLE II Songless Version』(1995年12月20日

15曲目にいつかのメリークリスマス (TV STYLE)を収録。

B'z The Best "Treasure"』(1998年9月20日

13曲目にリマスタリングされた通常バージョンを収録。収録曲を決める際のファン投票で6位に選ばれ収録となった。

The Ballads 〜Love & B'z〜』(2002年12月11日

1曲目に通常バージョン
最終トラックの「SNOW」終了後、数秒間の間をおいて別アレンジバージョンを収録。

B'z The Best "Pleasure II"』(2005年11月30日

6曲目に「恋するハニカミ!」のテーマソングになった新バージョンいつかのメリークリスマス 〜「恋するハニカミ!」バージョン〜を収録。

House Of Strings』(2004年11月24日

松本孝弘のソロ作品『House Of Strings』の2曲目に、松本と東京都交響楽団とのコラボレーションによるいつかのメリークリスマスのインストゥルメンタルを収録。

B'z The Best "ULTRA Pleasure"』(2008年6月18日

7曲目にリマスタリングされた通常バージョンを収録。

タイアップ[編集]

他アーティストによるカバー[編集]

公式にリリースされている音源では、以下のアルバムに収録されている。

CD
配信

また、テレビやラジオ番組では、aiko安室奈美恵Gackt浜崎あゆみ矢口真里吉岡聖恵いきものがかり)、TAKAHIROEXILE)、伴都美子Do As Infinity)、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)[10]など。

ライブでは、元第3期WANDS松元治郎(旧:和久二郎)[11]平井堅[12]奥華子MAY'S[13]Daisy×Daisy[14]パク・ジョンミンUVERworldなどがこの曲をカバーしたことがある。

脚注[編集]

  1. ^ 「恋するハニカミ!」バージョンで収録。
  2. ^ TBSテレビ『CDTV』2011年12月24日放送より
  3. ^ テレビ東京『JAPAN COUNTDOWN』2011年12月25日放送より
  4. ^ ヒルナンデス!』(日本テレビ系列)2012年12月24日放送
  5. ^ ヒルナンデス!公式サイト 2012年12月24日放送内容』日本テレビ、2012年12月24日閲覧。
  6. ^ 日本レコード協会 (2011年12月20日). “一般社団法人 日本レコード協会|各種情報(レコ協チャート「着うたフル(R)」)”. 2011年12月22日閲覧。
  7. ^ Musicman-NET (2011年12月16日). “12/13付「着うたフル」レコ協チャートを公表”. 2011年12月22日閲覧。
  8. ^ Musicman-NET (2011年12月22日). “12/20付「着うたフル」レコ協チャートを公表”. 2011年12月22日閲覧。
  9. ^ ニッポン放送ミュ〜コミ+プラス』(2011年12月21日24時00分 - 24時53分放送)「レコチョク調べ 着うたフル総合ランキング TOP10」より
  10. ^ ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン』2013年12月9日放送分
  11. ^ 「松元治郎 1st LIVE」(2012年12月2日開催)セットリスト(9曲目) - 安保一生(元第3期WANDSの杉元一生)のつぶやきより
  12. ^ http://www.barks.jp/news/?id=1000097888
  13. ^ http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/9224?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
  14. ^ http://ameblo.jp/daisy-daisy-mika/entry-10420594043.html