B'z The Best "Pleasure II"

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > B'z The Best "Pleasure II"
B'z The Best "Pleasure II"
B'zベスト・アルバム
リリース
ジャンル ハードロック[1]
ソフトロック[1]
ポップ・ロック[1]
J-POP
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2006年度年間5位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • 第20回ゴールドディスク大賞ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー[2]
  • B'z アルバム 年表
    THE CIRCLE
    (2005年)
    B'z The Best "Pleasure II"
    (2005年)
    MONSTER
    2006年
    テンプレートを表示

    B'z The Best "Pleasure II"』(ビーズ・ザ・ベスト・プレジャー・ツー)は、日本音楽ユニットB'z2005年11月30日にリリースした公認ベスト・アルバム。『B'z The Best "Pleasure"』の続編。

    概要[編集]

    通称「赤盤」で、ジャケットで使用されている赤は松本の愛車の自動車メーカー「フェラーリ」の車の色(フェラーリ・レッド)で、フェラーリ社に許可を得てこの色を使用している。ベスト・アルバム『B'z The Best "Pleasure"』『B'z The Best "Treasure"』同様スリーブケース仕様。

    ジャケットデザインは稲葉浩志松本孝弘のみで構成されたワンシーンでストーリー性があり、本作では『Treasure』に引き続いてついにライブが開始されて盛り上がるシーン。メンバーが着ている約50点にも及ぶ衣装は収録シングルのジャケット写真やPVで着用したもの[3]。なお、このライブハウスは2003年の北米ツアー「B'z LIVE-GYM 2003 BANZAI in North America」で訪れた「The Fillmore」。

    シングル曲はすべてシングルバージョンのため、10曲がアルバム初収録となった[注釈 1]。また、収録されているシングル曲は全てオリコンチャートで1位を獲得しており、このようなベスト・アルバムは「あまりないのでは?」と松本が発言している。

    テレビなどのメディアでの宣伝活動として、その年の『ミュージックステーションスーパーライブ』に出演し、「いつかのメリークリスマス」と「OCEAN」を披露[4]。「OCEAN」はテレビ初披露で、「いつかのメリークリスマス」は本作に収録されている「恋するハニカミ!」バージョンではなくオリジナルバージョンでの演奏だった。『CDTV』にはコメント出演している。

    メンバーは本作について「長く活動をしていると新しいファンの子達がどれから聴いて良いのかわからなくなってしまうから、その時期その時期になんらかのアプローチは必要なのかもしれないが…」と評価を濁していた。偶然だが松本は15周年の時に「個人的に17周年のほうがいい」と発言していた。

    オリコンチャートでは、12thアルバム『GREEN』以来のミリオンセラーを記録している。

    特典[編集]

    抽選会[編集]

    発売日からの一定期間特定の販売店舗で「B'z DAY」という抽選会が開催された。その店舗で購入するとくじを引くことができ、「B'z豪華スペシャルグッズ」のいずれかを必ず貰えた。グッズは「USBスピーカー(+オリジナルBOX)」「カードカレンダー(+オリジナルBOX)」「カレンダー付きボールペン」「缶バッジセット(16個+オリジナルBOX)」「復刻ポスターセット(2枚組、「HOME」+「ultra soul」、「今夜月の見える丘に」+「OCEAN」のいずれか1種類のみを選ぶ)」「クリアファイルセット(2枚入り)」「カードカレンダーセット(2枚組)」の計7つ。

    ライブ映像ダウンロード[編集]

    特典として「B'z / iTunes Custom Card」が同梱されており[5]2006年5月31日まで初公開ライブ映像がダウンロードできた。以下の4曲の中から1曲、1回のみのダウンロードだった。

    • HOME
      『B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood"-EXTRA-』1999年9月25日、京都会館第一ホール
      カードの色:グリーン
    • OCEAN
      『B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"』2005年9月19日、大阪ドーム
      カードの色:ブルー

    広告[編集]

    本作の広告が2005年10月28日読売新聞朝刊に30段のスペースで掲載された。メンバーの姓(稲葉・松本)にかけたパロディで右は稲葉製作所(イナバ物置)、左は松本引越センター。稲葉は稲葉製作所社長以外の99人に、松本は運転手に扮している。この広告はブログで話題になったという[6]。また、第22回読売広告大賞読者が選ぶ広告の部特別作品賞を受賞した[7]

    また、発売日の11月30日付の朝日新聞と読売新聞の朝刊にも1面で掲載された。同時発売のバンドスコアと特定店舗で行われるB'z DAYの告知がなされた。

    収録曲[編集]

    1. OCEAN (5:27)
      39thシングル。アルバム初収録。
    2. 今夜月の見える丘に (4:11)
      27thシングル。シングルバージョンとしてはアルバム初収録。
    3. 愛のバクダン (4:24)
      38thシングル。
    4. ultra soul (3:44)
      31stシングル。シングルバージョンとしてはアルバム初収録。
    5. HOME(4:21)
      25thシングル。本作の中で一番古い音源。
    6. いつかのメリークリスマス 〜「恋するハニカミ!」バージョン〜 (5:18)
      2004年の同番組内で使用されたバージョンの初CD化。このバージョンが収録されているのは本作のみ。
      伴奏はベルの音色とアコースティック・ギターのみで、ボーカル・パートは一部が多重コーラスとなっている[8]
    7. 熱き鼓動の果て (4:08)
      33rdシングル。
    8. 野性のENERGY (4:40)
      35thシングル。シングルバージョンとしてはアルバム初収録。
    9. IT'S SHOWTIME!! (3:59)
      34thシングル。シングルバージョンとしてはアルバム初収録。
    10. juice (4:03)
      29thシングル。シングルバージョンとしてはアルバム初収録。
    11. May (4:21)
      28thシングル。
    12. ギリギリchop (4:00)
      26thシングル。シングルバージョンとしてはB'zのアルバム初収録[注釈 2]
    13. RING (4:01)
      30thシングル。
    14. BANZAI(3:51)
      36thシングル。アルバム初収録。
    15. ARIGATO(5:04)
      37thシングル。アルバム初収録。
    16. GOLD(5:33)
      32ndシングル。

    タイアップ[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 表記が無いため判りづらいが、「野性のENERGY」「IT'S SHOWTIME!!」は13thアルバム『BIG MACHINE』では別バージョンとなっており、『The Ballads 〜Love & B'z〜』に収録された「今夜月の見える丘に」もシングルバージョンとはギターソロが異なる。
    2. ^ 名探偵コナン テーマ曲集』で既に収録されている。

    出典[編集]

    1. ^ a b c B'z - B'z The Best "Pleasure II" (2005, CD)”. Discogs. Zink Media, Inc.. 2019年11月23日閲覧。
    2. ^ THE JAPAN GOLD DISC AWARD|THE GOLD DISC”. 日本レコード協会. 2019年11月23日閲覧。
    3. ^ “B'z、最強ベスト・アルバムの収録曲決定!”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2005年9月28日). https://www.barks.jp/news/?id=1000012096 2019年11月23日閲覧。 
    4. ^ 出演者ラインナップ|ミュージックステーション”. テレビ朝日 (2005年12月23日). 2019年11月23日閲覧。
    5. ^ B'z The Best "Pleasure II" 特設サイト-”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2005年11月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年11月23日閲覧。
    6. ^ 潮栄治田中昇太郎. “特集:クロスメディアの効果を測る 新聞広告のクチコミ効果を視覚化する」『読売ADリポート ojo』第9巻第3号(2006年6月号)”. 読売新聞社広告局. 2006年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月24日閲覧。
    7. ^ 読売広告大賞 読者が選ぶ広告の部 第22回受賞作品 特別作品賞”. 2006年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月24日閲覧。
    8. ^ “『B'z The Best “Pleasure II”』全曲試聴&全曲解説”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2005年11月29日). https://www.barks.jp/news/?id=1000015295 2019年11月23日閲覧。 

    外部リンク[編集]