稲葉製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社稲葉製作所
INABA SEISAKUSHO Co., Ltd.
稲葉製作所本社
稲葉製作所 本社
種類 株式会社
市場情報
略称 イナバ物置(ブランド名)
本社所在地 日本の旗 日本
146-8543
東京都大田区矢口2丁目5番25号
設立 1950年(昭和25年)11月9日(創業:1940年昭和15年)4月
業種 金属製品
法人番号 8010801001097 ウィキデータを編集
事業内容 オフィス家具および物置の製造、販売
代表者 代表取締役社長 稲葉明
資本金 11億3204万8500円
売上高 連結292億円
(2013年7月期)
純資産 連結330億円
(2013年7月期)
総資産 連結461億円
(2013年7月期)
従業員数 966名(2013年7月31日現在)
決算期 7月31日
主要子会社 イナバインターナショナル株式会社、株式会社共進
関係する人物 稲葉庄市(創業者、初代代表取締役社長)
外部リンク https://www.inaba-ss.co.jp/
特記事項:全社でISO 14001認証を取得
本社技術部、犬山工場、柏工場がISO 9001認証を取得
テンプレートを表示

株式会社稲葉製作所(いなばせいさくしょ、INABA SEISAKUSHO Co., Ltd.)は、東京都大田区矢口に本社を置く、日本の家具物置のメーカーである。ブランド名は『イナバ物置』。

1940年昭和15年)4月創業、1950年(昭和25年)11月会社設立。『イナバ物置』をブランド名に、主に家庭、オフィス用の家具(椅子など)や倉庫などの製造や販売を行う。後述する『やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!』テレビCMでも有名。

所在地[編集]

沿革[編集]

  • 1940年昭和15年)4月 - 現在の東京都墨田区(当時は東京府東京市)に代表取締役・稲葉庄市がプレス加工業「稲葉製作所」を創業。
  • 1950年(昭和25年)11月 - 東京都大田区大森に株式会社稲葉製作所を設立。
  • 1959年(昭和34年)2月 - 本社事業所を大田区矢口に移転。
  • 1961年(昭和36年)4月 - 鋼製事務用机の生産を開始。
  • 1975年(昭和50年)3月 - イナバ物置の生産を開始。
  • 1986年(昭和61年)10月 - 事務机「Trygon」でグッドデザイン大賞受賞。
  • 1988年(昭和63年)10月 - 事務用椅子の生産を開始。
  • 2002年平成14年)1月 - 東京証券取引所市場第1部に上場。
  • 2007年(平成19年)9月 - 本社新社屋完成。
  • 2009年(平成21年)9月 - 全社ISO14001認証取得。
  • 2010年(平成22年)9月 - オフィスチェア「Xair」でグッドデザイン賞受賞。
  • 2013年(平成25年)4月 - 群馬県富岡市にて「イナバ富岡メガソーラー」発電開始。

主な製品[編集]

(2019年現在)

物置・ガレージ・倉庫[編集]

「イナバ物置」シリーズ[編集]

イナバ物置MBX-50。現在は生産終了。
  • NEXTAシリーズ
  • モノパルテ
  • ドマール(シャッター式)
  • ナイソー(断熱構造)
  • 小型物置
    • 標準タイプ:アイビーストッカー、シンプリー
    • KMXタイプ:ナイソーシスター
  • マルチスペース
    • ΣシグマスペースSS2型

ガレージシリーズ[編集]

  • シャコリーナ(車庫
  • ガレーディア
  • ブローディア(高級ガレージ)
  • バイク保管庫:FXN
倉庫型ガレージ
  • デポリーナ
  • シャコパルテ

「イナバ倉庫」シリーズ[編集]

  • イナバ倉庫 SG Type

パブリックシリーズ[編集]

  • NEXTA連続型
  • ダストボックス
    • ダストボックスミニ
  • 自転車置場

過去の製品[編集]

  • ベイシーシリーズ(MBW-DL連続型、MBW-L連続型)

その他[編集]

事務用品[編集]

テレビCM[編集]

毎年7月の決算期のあと、8月中旬に代表取締役社長・稲葉明を筆頭に、全国の代理店社長が集まり、100人全員でイナバ物置(ガレージ)に乗っかり『やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!』と叫ぶコマーシャルの撮影が恒例行事となっている。このCM撮影は初代社長・稲葉庄市の時代の1987年(昭和62年)から毎年行われている。また、このCMにおいて、年ごとの営業成績が良い代理店社長から順に前から座ることになっている。CMは関東地区を中心に全国で、毎年9月上旬から放送される(過去のCMもホームページで公開している)。

撮影に使用するガレージは、撮影用の特注品ではなく通常販売されるものであり、「多雪地型」と呼ばれる積雪地向けに屋根を強化したものを使用している。

毎年、7月の株主優待でCMの写真を使った図書カードが獲得できる。(写真は毎年更新)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]