ハヴ・ア・ナイス・デイ (ボン・ジョヴィのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハヴ・ア・ナイス・デイ
ボン・ジョヴィスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル Hard Rock
時間
レーベル アイランド・レコード
プロデュース ジョン・シャンクス
ジョン・ボン・ジョヴィ
リッチー・サンボラ
リック・パラシャー (Track 7,8,11,12)
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(オーストラリア[1]、オーストリア[2]、オランダ[3]、スイス[4]、ドイツ[5]、日本[6]
  • 2位(アメリカ[7]、イギリス[8]、スペイン[9]
  • 3位(スウェーデン[10]
  • 4位(イタリア[11]、フィンランド[12]
  • 5位(ベルギー・フランデレン地域[13]
  • 7位(ポルトガル[14]
  • 11位(ノルウェー[15]
  • 14位(フランス[16]
  • 19位(デンマーク[17]
  • 23位(ベルギー・ワロン地域[18]
  • 26位(ニュージーランド[19]
  • ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会[20]
  • ボン・ジョヴィ 年表
    ザ・プレミア・コレクション 〜100,000,000 ボン・ジョヴィ・ファンズ・キャント・ビー・ロング
    2004年
    ハヴ・ア・ナイス・デイ
    (2005年)
    ロスト・ハイウェイ
    2007年
    『ハヴ・ア・ナイス・デイ』収録のシングル
    1. 「ハヴ・ア・ナイス・デイ」
      リリース: 2005年9月1日
    2. 「ウェルカム・トゥ・ウェアエヴァー・ユー・アー」
      リリース: 2005年10月2日配信限定
    3. 「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム」
      リリース: 2006年5月1日(配信限定)
    ミュージックビデオ
    「Have A Nice Day」 - YouTube
    「Welcome To Wherever You Are」 - YouTube
    「Who Says You Can't Go Home」 - YouTube
    「Who Says You Can't Go Home (duet with Jennifer Nettles)」 - YouTube
    テンプレートを表示

    ハヴ・ア・ナイス・デイ』(Have A Nice Day)はアメリカロックバンドボン・ジョヴィ9枚目のスタジオ・アルバム2005年9月14日に発売された。日本での発売・販売元はユニバーサルミュージック

    解説[編集]

    前作『バウンス』から3年ぶりとなるスタジオ・アルバム[21]

    前年(2004年)のデビュー20周年を記念して発売されたボックス・セットザ・プレミア・コレクション 〜100,000,000 ボン・ジョヴィ・ファンズ・キャント・ビー・ロング』発表の際にニュー・アルバムは一度完成していた。しかし当初予定していた発売時期から延期され、その間新たにリック・パラシャーRick Parashar)をプロデューサーに迎えて「ワイルドフラワー」(Wildflower)・「ラスト・シガレット」(Last Cigarette)・「ノヴォケイン」(Novocaine)・「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」(Story Of My Life)の4曲を制作した(日本盤ボーナス・トラックに収録されている「ダーティー・リトル・シークレット」(Dirty Little Secret)・「アンブレイカブル」(Unbreakable)・「ジーズ・オープン・アームズ」(These Open Arms)は、当初アルバムに収録予定であったトラックである)[22]

    さらにもう1曲「ナッシング」(Nothing)という曲があるが、「ナッシング・ウィズアウト・ユー」(Nothing Without You)とタイトルを変えてボー・バイスBo Bice)に提供されている。ボー・バイスは、アメリカのTV局FOXの人気オーディション番組『アメリカン・アイドル (シーズン4)』で準優勝した人物である。また、「ジーズ・オープン・アームズ」は『アメリカン・アイドル (シーズン2)』で準優勝したクレイ・エイケンClay Aiken)へ提供されている。番組にはボン・ジョヴィも『アメリカン・アイドル (シーズン6)』でゲスト参加し、ボン・ジョヴィ楽曲が審査課題となった週でアドバイスを行った。

    「ラスト・マン・スタンディング」(Last Man Standing)は『ザ・プレミア・コレクション 〜100,000,000 ボン・ジョヴィ・ファンズ・キャント・ビー・ロング』にも収録されているが、本作ではロック調にアレンジされテンポも速くなっている。

    本作はオリコンアルバムチャートで初登場1位を獲得。1995年に発売された6thアルバム『ジーズ・デイズ』以来10年ぶり通算3枚目の首位獲得になった[23]。また、先行シングルとして発売された「ハヴ・ア・ナイス・デイ」(Have A Nice Day)もオリコンシングルチャートで10位にランクインし、洋楽バンドとしては23年ぶりにシングルがTOP10入りするという快挙になった[24]

    アメリカではカントリー・ミュージック調にアレンジされジェニファー・ネトルズJennifer Nettles)とデュエットした「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム(デュエット・ウィズ・ジェニファー・ネトルズ)」(Who Says You Can't Go Home (duet with Jennifer Nettles))(日本では未発売)がロックバンドで初となるビルボード・カントリーチャートで1位を獲得し、第49回グラミー賞“ベスト・カントリー・コラボレーション・ウィズ・ボーカルズ(Best Country Collaboration With Vocals)”部門を受賞した[25]。この一連の出来事が次作『ロスト・ハイウェイ』制作へと繋がっていく。

    2006年3月22日には、日本公演開催を記念して『ハヴ・ア・ナイス・デイ 〜ジャパン・ツアー・エディション』(Have A Nice Day 〜Japan Tour Edition)が限定発売された。

    2010年6月23日には、『ハヴ・ア・ナイス・デイ+ライヴ・トラックス』(Have A Nice Day+Live Tracks)が発売された。

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    #タイトル作詞・作曲時間
    1.「ハヴ・ア・ナイス・デイ」ジョン・ボン・ジョヴィリッチー・サンボラジョン・シャンクス
    2.「アイ・ウォント・トゥ・ビー・ラヴド」(I Want To Be Loved)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ、ジョン・シャンクス
    3.「ウェルカム・トゥ・ウェアエヴァー・ユー・アー」(Welcome To Wherever You Are)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ、ジョン・シャンクス
    4.「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム」(Who Says You Can't Go Home)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ
    5.「ラスト・マン・スタンディング」(Last Man Standing)ジョン・ボン・ジョヴィ、ビリー・ファルコン
    6.「ベルズ・オブ・フリーダム」(Bells Of Freedom)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ、デズモンド・チャイルド
    7.「ワイルドフラワー」(Wildflower)ジョン・ボン・ジョヴィ
    8.「ラスト・シガレット」(Last Cigarette)ジョン・ボン・ジョヴィ、デヴィッド・ブライアン
    9.「アイ・アム」(I Am)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ、ジョン・シャンクス
    10.「コンプリケイテッド」(Complicated)ジョン・ボン・ジョヴィ、ビリー・ファルコン、マックス・マーティン
    11.「ノヴォケイン」(Novocaine)ジョン・ボン・ジョヴィ
    12.「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」(Story Of My Life)ジョン・ボン・ジョヴィ、ビリー・ファルコン
    ボーナス・トラック(#15は日本盤限定ボーナス・トラック)
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    13.「ダーティー・リトル・シークレット」(Dirty Little Secret)  
    14.「アンブレイカブル」(Unbreakable)  
    15.「ジーズ・オープン・アームズ」(These Open Arms)  

    DVD(初回限定盤)[編集]

    • ライヴ・フロム・アトランティック・シティ 2004
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「エヴリデイ」(Everyday)  
    2.「ミス・フォース・オブ・ジュライ」(Miss Fourth Of July)  
    3.「アイ・ゲット・ア・ラッシュ」(I Get A Rush)  
    4.「ジーズ・アームズ・アー・オープン・オール・ナイト」(These Arms Are Open All Night)  
    5.「ザ・レディオ・セイヴド・マイ・ライフ・トゥナイト」(The Radio Saved My Life Tonight)  
    • フォト・ギャラリー
    • アルバムEPK(スペシャル・インタビュー)

    『ハヴ・ア・ナイス・デイ 〜ジャパン・ツアー・エディション』(Have A Nice Day 〜Japan Tour Edition[編集]

    CD(2005年12月10日のボストン公演を収録)
    #タイトル作詞作曲・編曲
    13.「ラスト・マン・スタンディング(ライヴ)」(Last Man Standing (Live))  
    14.禁じられた愛(ライヴ)」(You Give Love A Bad Name (Live))  
    15.「コンプリケイテッド(ライヴ)」(Complicated (Live))  
    16.「ハヴ・ア・ナイス・デイ(ライヴ)」(Have A Nice Day (Live))  
    17.「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム(ライヴ)」(Who Says You Can't Go Home (Live))  
    18.「レイズ・ユア・ハンズ(ライヴ)」(Raise Your Hands (Live))  
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲備考
    1.「ハヴ・ア・ナイス・デイ(ビデオ)」(Have A Nice Day (Video))   
    2.「ウェルカム・トゥ・ウェアエヴァー・ユー・アー(ビデオ)」(Welcome To Wherever You Are (Video))   
    3.「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム(ビデオ)」(Who Says You Can't Go Home (Video))   
    4.「ハヴ・ア・ナイス・デイ(ライヴ)」(Have A Nice Day (Live Performance))  2006年1月14日のオクラホマシティ公演を収録
    5.「ハヴ・ア・ナイス・デイ・ツアー・ダイアリー パート1&2」(Have A Nice Day Tour Diary Part I & II)   

    『ハヴ・ア・ナイス・デイ+ライヴ・トラックス』(Have A Nice Day+Live Tracks[編集]

    #タイトル作詞作曲・編曲備考
    13.「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム(デュエット・ウィズ・ジェニファー・ネトルズ)」(Who Says You Can't Go Home (duet with Jennifer Nettles))  スタジオ音源
    14.「ハヴ・ア・ナイス・デイ(ライヴ)」(Have A Nice Day (Live))   
    15.「ラスト・マン・スタンディング(ライヴ)」(Last Man Standing (Live))   
    16.「ストーリー・オブ・マイ・ライフ(ライヴ)」(Story Of My Life (Live))   
    17.「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム(デュエット・ウィズ・ジェニファー・ネトルズ・ライヴ)」   

    タイアップ[編集]

    ハヴ・ア・ナイス・デイHave A Nice Day

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ australian-charts.com - Bon Jovi - Have A Nice Day
    2. ^ Bon Jovi - Have A Nice Day - austriancharts.at
    3. ^ dutchcharts.nl - Bon Jovi - Have A Nice Day
    4. ^ Bon Jovi - Have A Nice Day - hitparade.ch
    5. ^ Bon Jovi | Longplay-Chartverfolgung - musicline.de
    6. ^ ORICON STYLE
    7. ^ Have a Nice Day - Bon Jovi : Awards : AllMusic
    8. ^ BON JOVI | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
    9. ^ spanishcharts.com - Bon Jovi - Have A Nice Day
    10. ^ swedishcharts.com - Bon Jovi - Have A Nice Day
    11. ^ italiancharts.com - Bon Jovi - Have A Nice Day
    12. ^ finnishcharts.com - Bon Jovi - Have A Nice Day
    13. ^ ultratop.be - Bon Jovi - Have A Nice Day
    14. ^ portuguesecharts.com - Bon Jovi - Have A Nice Day
    15. ^ norwegiancharts.com - Bon Jovi - Have A Nice Day
    16. ^ lescharts.com - Bon Jovi - Have A Nice Day
    17. ^ danishcharts.com - Bon Jovi - Have A Nice Day
    18. ^ ultratop.be - Bon Jovi - Have A Nice Day
    19. ^ charts.org.nz - Bon Jovi - Have A Nice Day
    20. ^ 2005年9月度認定作品”. 日本レコード協会. 2014年5月1日閲覧。
    21. ^ 3年振りのニュー・アルバム「ハヴ・ア・ナイス・デイ」に込められたメッセージとは?”. BARKS (2005年9月18日). 2014年4月4日閲覧。
    22. ^ 伊藤政則 (2005年). 『ハヴ・ア・ナイス・デイ』のアルバム・ノーツ [CDブックレット]. ユニバーサルミュージック.
    23. ^ ぴあ/ボン・ジョヴィ/特集コラム”. ぴあ (2005年11月25日). 2014年4月4日閲覧。
    24. ^ ボン・ジョヴィ、洋楽バンドで23年ぶりの…”. ORICON STYLE (2005年9月6日). 2014年4月4日閲覧。
    25. ^ Past Winners Search” (英語). GRAMMY.com. 2014年3月31日閲覧。

    外部リンク[編集]