クラッシュ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クラッシュ
ボン・ジョヴィスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル Hard Rock
時間
レーベル マーキュリー・レコード
プロデュース ルーク・エヴィン
ジョン・ボン・ジョヴィ
リッチー・サンボラ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス・UK Albums Chart[1]
  • 2位(日本・オリコン[2]
  • 9位(アメリカ・Billboard 200[3]
  • ゴールドディスク
  • 3×プラチナ(日本レコード協会
  • 第15回日本ゴールドディスク大賞 ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー[4]
  • ボン・ジョヴィ 年表
    ジーズ・デイズ
    1995年
    クラッシュ
    (2000年)
    TOKYO ROAD〜ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ-ロック・トラックス
    2001年
    『クラッシュ』収録のシングル
    1. イッツ・マイ・ライフ
      リリース: 2000年5月10日
    2. 「セイ・イット・イズント・ソー」
      リリース: 2000年9月27日
    3. 「サンキュー」
      リリース: 2000年12月27日
    ミュージックビデオ
    「It's My Life」 - YouTube
    「Say It Isn't So」 - YouTube
    「Thank You For Loving Me」 - YouTube
    テンプレートを表示

    クラッシュ』(Crush)はアメリカロックバンドボン・ジョヴィ7枚目のスタジオ・アルバム2000年5月17日に発売された。日本での発売元はユニバーサルミュージック。販売元はビクターエンタテインメント

    解説[編集]

    前作『ジーズ・デイズ』からおよそ5年ぶりとなるスタジオ・アルバム。

    ソロ活動を経て制作されたアルバムには、最終的に60曲もの楽曲が用意されていたという[5]。当初は3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』の貢献者でもあったブルース・フェアバーンBruce Fairbairn)をプロデューサーに迎える予定であったが、彼が急逝したため新たなプロデューサーを探すことになり、そこで出会ったルーク・エヴィンLuke Ebbin)との作業に手応えを感じて彼がプロデューサーになった。

    アルバムは『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』や『ニュージャージー』に近い作風であることを制作段階から公表しており、アップビートで明るい雰囲気の楽曲が揃っている。リード・トラックとなった「イッツ・マイ・ライフ」(It's My Life)は「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(Livin' On A Prayer)の歌詞にも出てくる「トミーとジーナ」が登場し、2000年代に新たな息吹が吹き込まれて世界的にヒットした。また、「Next 100 Years」はJ-FRIENDSに提供した「Next 100 Years」のセルフカバーである。

    アルバム発表後久々となるツアーは、7月12日の東京ドーム公演から開幕した[6]

    2000年9月27日には、7月20日の大阪ドーム公演のライヴ音源をDISC-2に収録した『クラッシュ+LIVE FROM OSAKA』が日本盤限定で発売された。

    2010年6月23日には『クラッシュ+ライヴ・トラックス』(Crush+Live Tracks)が発売された。

    収録曲[編集]

    #タイトル作詞・作曲時間
    1.「イッツ・マイ・ライフ」(It's My Life)ジョン・ボン・ジョヴィリッチー・サンボラマックス・マーティン
    2.「セイ・イット・イズント・ソー」(Say It Isn't So)ジョン・ボン・ジョヴィ、ビリー・ファルコン
    3.「サンキュー」(Thank You For Loving Me)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ
    4.「トゥー・ストーリー・タウン」(Two Story Town)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ、ディーン・Grakal、マーク・ハドソン
    5.「Next 100 Years」ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ
    6.「ジャスト・オールダー」(Just Older)ジョン・ボン・ジョヴィ、ビリー・ファルコン
    7.「ミステリー・トレイン」(Mystery Train)ジョン・ボン・ジョヴィ、ビリー・ファルコン
    8.「セイヴ・ザ・ワールド」(Save The World)ジョン・ボン・ジョヴィ
    9.「キャプテン・クラッシュ&ザ・ビューティー・クイーン・フロム・マーズ」(Captain Crash And The Beauty Queen From Mars)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ
    10.「シーズ・ア・ミステリー」(She's A Mystery)ジョン・ボン・ジョヴィ、ピーター・ステュアート、グレッグ・ウェルズ
    11.「アイ・ゴット・ザ・ガール」(I Got The Girl)ジョン・ボン・ジョヴィ
    12.「ワン・ワイルド・ナイト」(One Wild Night)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ、デズモンド・チャイルド
    ボーナス・トラック
    #タイトル作詞・作曲時間
    13.「リヴィング・ラヴィン・ユー」(I Could Make A Living Out Of Lovin' You)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ、ビリー・ファルコン
    14.「ニューロティカ」(Neurotica)ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ

    『クラッシュ+LIVE FROM OSAKA』[編集]

    CD-2(2000年7月20日の大阪ドーム公演を収録)
    #タイトル作詞作曲・編曲備考
    1.「夜明けのランナウェイ2000」(Runaway 2000)  原曲よりテンポがスローになっている
    2.「ミステリー・トレイン」(Mystery Train)   
    3.ロッキン・イン・ザ・フリー・ワールド(Rockin' In The Free World)  ニール・ヤング(Neil Young)のカバー
    4.「ジャスト・オールダー」(Just Older)   
    5.「イッツ・マイ・ライフ」(It's My Life)   
    6.「サムデイ・アイル・ビー・サタデイ・ナイト」(Someday I'll Be Saturday Night)   

    『クラッシュ+ライヴ・トラックス』(Crush+Live Tracks[編集]

    #タイトル作詞作曲・編曲
    13.「イッツ・マイ・ライフ(ライヴ)」(It's My Life (Live))  
    14.「ジャスト・オールダー(ライヴ)」(Just Older (Live))  
    15.「キャプテン・クラッシュ&ザ・ビューティー・クイーン・フロム・マーズ(ライヴ)」(Captain Crash And The Beauty Queen From Mars (Live))  

    タイアップ[編集]

    サンキューThank You For Loving Me

    セイヴ・ザ・ワールドSave The World

    • 映画『U-571』日本版イメージ・ソング[8]

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ BON JOVI”. The Official Charts Company(OCC). 2014年4月6日閲覧。
    2. ^ 「クラッシュ」 ボン・ジョヴィ”. ORICON STYLE. 2014年4月6日閲覧。
    3. ^ Crush - Bon Jovi”. AllMusic. 2014年4月6日閲覧。
    4. ^ 第15回日本ゴールドディスク大賞”. 2014年4月14日閲覧。
    5. ^ 『beatleg 2005年4月号 ボン・ジョヴィ BOX発売記念特集』 レインボウブリッジ、2005年、44頁。
    6. ^ 7月12日(水) ボン・ジョヴィ@東京ドーム・レポート!”. BARKS (2000年7月19日). 2014年4月6日閲覧。
    7. ^ ボン・ジョヴィが初TV主題歌”. SANSPO.COM.. 2000年4月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月8日閲覧。
    8. ^ 映画にはジョンも出演していた。

    外部リンク[編集]