増田隆宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
増田隆宣
生誕 (1961-02-26) 1961年2月26日(56歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル ロック
J-POP
ハードロック
ヘヴィメタル
職業 キーボーディスト
ギタリスト
作曲家
編曲家
担当楽器 キーボード
ピアノ
シンセサイザー
ハモンドオルガン
ギター
活動期間 1984年
公式サイト http://tmusic-msd.com

増田 隆宣(ますだ たかのぶ、1961年2月26日 - )は、日本キーボーディストギタリスト作曲家編曲家大阪府出身。音楽スクール「T-Music Yokohama」代表。

B'zのサポート・メンバーとしての活動が代表的で、「B'z LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"」から(1998年を除く)「B'z SHOWCASE 2017 -B'z In Your Town-」まで、長きに渡って共にしている。

来歴[ソースを編集]

  • 1983年 - BLAZEのメンバーに加入。
  • 1984年 - 44MAGNUMのレコーディングでデビュー。
  • 1987年 - BLUEWのメンバーとしてデビュー。
  • 1990年 - 音楽プロダクション 「株式会社ミスティー」 設立
  • 1998年 - 先述の通り、B'zのライブには参加しなかった。この年は、大島康祐が参加。

人物[ソースを編集]

幼少期、カトリック系幼稚園の教会でのパイプオルガンの音色に魅了され、オルガンを弾き始める。高校時代、初めて買ったシンセサイザーはRoland SH-1000。

高校時代にディープ・パープルやレッド・ツェッペリンなどのヘヴィメタルに魂を射抜かれ、特にジョン・ロードに心酔していた。小川文明による著書『文明的鍵盤奏法ノススメ』によると、高校時代、小川が「堺のジョン・ロード」を自称していたのに対し、増田は「高槻のジョン・ロード」だったらしい。

ディープ・パープルのマニアとして非常に有名で、ディープ・パープルのトリビュート・アルバムに参加した際も、スタジオテイクではなく、ライブテイクのフレーズを演奏して、そのマニアぶりの一端を覗かせている。

使用機材[ソースを編集]

  • KORG
    • CX-3 / BX-3
    • M1(Korgのインタビューで増田はM1以来Korgのヘビー・ユーザーだと語っている)
    • 01/W
    • RK-100
    • Tシリーズ
    • DSS-1
    • New SG-1D
    • SG-ProX
    • WAVESTATION
    • TRINITY
    • TRITONシリーズ
    • RADIAS
    • SV-1
    • microSTATION
    • OASYS
    • X50
    • KRONOSシリーズ(B'zのライブにおいて、ピアノ、エレピ、シンセ・リード、パッドなどすべての音色にKronosを使用している)
    • KingKORG
    • ARP ODYSSEY
    • DT-3(チューナー。minimoogに使用)
    • SG-Rack(B'zのライブにおいてラックに2台組み込んでいる)
    • M1R EX(『Zero』と書かれたシールが貼られているのが確認できる。B'zの楽曲『Zero』において使われている所謂M1ピアノという音色のためにラックに組み込んでいると思われる)
  • Roland
    • SH-1000(初めて手にした機材)
    • Roland vocoder plus VP-330
    • Jupiter-8
    • D-50
    • S-50
    • XP-10
    • VK-8
    • VK-88
    • RD-700
    • RD-700GX
    • A-33
    • A-37
  • YAMAHA
  • CASIO
  • MOOG
    • minimoog
  • SCI
    • Prophet-600
  • Clavia
    • Nord Lead2

ハモンドオルガン[ソースを編集]

  • HAMMOND SUZUKI
    • New X-5(初めて手にした機種。高校時代、松下一也のセットを見て購入した)
    • XB全シリーズ(HAMMOND SUZUKI社が提供)
    • New B-3
    • Porta B-3 mk2
    • XK-1
    • SK-2
    • B-3 mk2
  • HAMMOND
    • B-3(レコーディング時のみ使用)

サポートアーティスト[ソースを編集]

レコーディング参加[ソースを編集]

  • トリビュートアルバム
    • 『Who Do They Think We Are?』「Burn」「Lay Down,Stay Down」「Lazy」「Lady Double Dealer」
    • 『Holy Dio Tribute to the Voice of metal-』「Temple Of The King」
    • 『PLAYERS POLE POSITION Vol.2 SURFIN' U.S.A.』「Good Vidrations」「Kokomo」「Dance Dance Dance」
    • 『PLAYERS POLE POSITION Vol.3 CAROL DANCE TO THE CHIRISTMAS CAROL』「WINTER WONDERLAND」「LAST CHRISTMAS」「SANTA CLAUS IS COMING TO TOWN」
    • 『REST IN PEACE』「Kill The King」「GATES OF BABYLON」「STARGAZER」「THE MESSHIA WILL COME AGAIN」
    • 『RAINBOW EYES~Super Rock Summit 2』「MAN ON THE SILVER MOUNTAIN」「DO YOU CLOSE YOUR EYES」「DEATH ALLEY DRIVER」「STILL I'M SAD (Instrumental)」
    • Rock'n Roll Standard Club』「INTO THE ARENA」「MOVE OVER」「LIFE FOR THE TAKING」「COMMUNICATION BREAKDOWN」「MISTREATED」

楽曲提供[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]