Real Thing Shakes

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > Real Thing Shakes
Real Thing Shakes
B'zシングル
初出アルバム『B'z The Best "Treasure"
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル ハードロック
時間
レーベル Rooms RECORDS
作詞・作曲
プロデュース アンディ・ジョーンズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位 (オリコン)
  • 1996年5月度月間5位 (オリコン)
  • 1996年6月度月間4位 (オリコン)
  • 1996年度年間12位 (オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • Real Thing Shakes
    • (1996年)
    B'z The Best "Treasure" 収録曲
    FIREBALL
    (10)
    Real Thing Shakes
    (11)
    MOTEL
    (12)
    ミュージック・ビデオ(Short ver.)
    「Real Thing Shakes」 - YouTube
    テンプレートを表示

    Real Thing Shakes」(リアル・シング・シェイクス)は、日本ロックユニット・B'zの楽曲。1996年5月15日にRooms RECORDSより20作目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    B'zとしては初の「1st beatが英語詞の楽曲」、「1曲のみの収録」、「CDジャケットにメンバーの写真未使用[注 1]」となった作品。ジャケットの「B'z」ロゴマークは18thシングル『LOVE PHANTOM』から使用されているものだが、本作よりロゴ下にあるメンバー名表記が無くなった。ただし、ディスクレーベルの「B'z」ロゴマークにはメンバー表記がある。

    本作のプロデューサーは松本ではなく、レッド・ツェッペリンなどのエンジニアを務めたアンディ・ジョーンズが担当している[1]

    当時稲葉は本作品を「英語詞のハードロックナンバー」というシングル向きではない楽曲と認識した上で、「ありがたいことにB'zという名前だけで曲を聴いてくれる人が沢山いる状況(連続ミリオンを更新中)なので、それをあえて逆手に利用して『Real Thing Shakes』を多くの人に聴いてもらいたかった。(シングルリリースは)全然抵抗ないです。」と述べ、松本も「マイナスの事(ヒットしない、連続ミリオンが止まる)よりも、こういう曲を発表したいという思いの方が強かったし、こういう曲(洋楽)を聞くきっかけになって欲しい。」と述べており[2]、松本による洋楽カバー・アルバム『Rock'n Roll Standard Club』と同時リリースとなった。また、松本は「カラオケブームでわかりやすい・歌いやすい曲ばかりが流行っていて、そんな中でこういう曲を発表してヒットしたことは意義のあることだと思う。」と発言している[1][注 2]

    この曲と同時に「WILD ROAD」、「FUSHIDARA 100%」の英語バージョンも製作されたが、「出来が良くなかった」という理由でお蔵入りとなった[1][注 3]

    記録[編集]

    • オリコン集計において8thシングル『LADY NAVIGATION』から本作まで、B'zは13作連続ミリオンセラーを達成。この記録は、2013年に発売したAKB48のシングル『ハート・エレキ』がデイリーシングルチャートで102.1万枚を売り上げるまでは歴代1位の記録だった。

    収録曲[編集]

    1. Real Thing Shakes (4:12)
      当時稲葉は、「この曲に日本語タイトルをつけるなら」という問いに対し、「ホンモノってやつはよぉ…なぁ、おい」と答えており[1]、シングル盤のインナー部分には稲葉による日本語訳詞が記載されている(後に収録されたアルバムには未掲載)。
      ギターサウンドが幾重にも重ねられたハードロックナンバーで、元々は松本が適当にリフを弾いていた際にアンディが気に入り、制作された曲。終始リフのみで構成されているため、松本は「AC/DCみたいだ」とコメントしている。
      シングル曲の中では最もボーカルのキーが高く、稲葉は「日本にあった声域の暗黙の了解が彼(アンディ)の前では外されてしまった」と述べ、これ以降稲葉の歌唱法に変化が見られるきっかけとなったという。また、松本も今まで愛用していたアンプ(Rockman)を使わせてもらえず、以降はこのアンプを使う機会が激減したという。
      当初はシンセサイザーが使用されていたがトラックダウンの際にカットしたため、「全部生音」を掲げた次作『FIREBALL』と同じく生音のみの構成となった[1]
      PVは『B'z LIVE-GYM '96 "Sprit LOOSE"』ツアーの期間中に撮影されたもので、映像内で稲葉が着用している松本の顔がプリントされたTシャツは、ファンクラブ限定で販売された[4]
      後に、松坂大輔投手のお気に入りの曲を集めたコンピレーション・アルバム『MUSIC FROM THE MOUND』にも収録された[5]
      オリジナル・アルバムには未収録であり、ベスト・アルバムにのみ収録されている(日本国内の場合)。
      2006年に行われた『B'z NETWORK LIVE in Japan』以降演奏されていなかったが、『B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』では「juice」とのメドレー形式として、12年振りに演奏された[6]

    タイアップ[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]

    ライブ映像作品[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ ただし、CDジャケットの裏には載っている。
    2. ^ ちなみに、1994年の15thシングル『MOTEL』の時も同様の発言をしている[3]
    3. ^ なお、FCイベント「B'z VIDEO-GYM #2」の展示ブースにおいて本人直筆の歌詞カードが披露されている。

    出典[編集]

    1. ^ a b c d e 『be with!』第30巻、B'z Party、1996年6月。
    2. ^ ワッツイン1996年6月号より
    3. ^ 『be with!』第24巻、B'z Party、1994年12月。
    4. ^ 青木優 (2013年). 『B'z The Best XXV 1988-1998』のアルバム・ノーツ [MUSIC VIDEOのライナーノーツ(初回限定盤に付属)]. VERMILLION RECORDS.
    5. ^ “松坂大輔投手セレクトのコンピCDがリリース!ヌーノ・ベッテンコートら参加の新曲も”. CDJournal ニュース (株式会社シーディージャーナル). (2007年8月2日). https://www.cdjournal.com/main/news/-/16021 2019年10月15日閲覧。 
    6. ^ “【レポート】B’z LIVE-GYMは、「ライブ」ではなく「ドキュメンタリー」” (日本語). BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2018年9月24日). https://www.barks.jp/news/?id=1000160073#utm_source=tw_BARKS_NEWS&utm_medium=social&utm_campaign=tw_auto 2018年9月24日閲覧。