グレッグ・ビソネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グレッグ・ビソネット(Gregg Bissonette, 1959年6月9日 - )は、アメリカ合衆国ドラマーセッション・スタジオミュージシャン)。

アメリカのハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンのカリスマ的ヴォーカリストだったデイヴィッド・リー・ロスが1985年バンドを脱退し、翌1986年にソロ活動を始めた際、そのバンドのドラマーであった(結成当初のギタリストはスティーヴ・ヴァイ、ベーシストはビリー・シーンだった)。

前述の経歴からハードロックのイメージが強いが、ジャズ・フュージョン等の分野でも活躍するテクニシャン。リンゴ・スタースティーヴ・ルカサーラリー・カールトンのアルバムやライヴ・セッションに参加している。また、1995年にはTOTOサイモン・フィリップスの代役としてプレイしたこともある。

弟のマット・ビソネットもミュージシャン(ベーシスト)であり、グレッグと同じくデイヴ・リー・ロスやリンゴ・スターのバンドに参加した他、ジョー・サトリアーニ等とも共演している。

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において52位。

主な作品[編集]

CD[編集]

  • グレッグ・ビソネット(1998年)
  • サブマリン(2000年)

教則ビデオ[編集]

  • グレッグ・ビソネット プライベートレッスン(1990年)
  • グレッグ・ビソネット2(1993年)