DAHLIA (X JAPANの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DAHLIA
X JAPANシングル
初出アルバム『DAHLIA
リリース
録音 One On One Recording
ザ・ヒット・ファクトリー
ジャンル ロックヘヴィメタル
時間
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 YOSHIKI
プロデュース YOSHIKI
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • X JAPAN シングル 年表
    Longing
    〜切望の夜〜

    (1995年)
    DAHLIA
    (1996年)
    Forever Love
    (1996年)
    テンプレートを表示

    DAHLIA」(ダリア)は、日本のロックバンドX JAPANの楽曲で、1996年2月26日に13作目のシングルとしてリリースされた。

    アルバム『DAHLIA』からの先行シングルとして発売され、シングル曲としては「Standing Sex/Joker」以来のハイスピード・ナンバーとなった。ジャケットはYOSHIKIの横顔のものと、後ろ姿のものの2種類がある。ノン・タイアップでありながら、バンドの通算3作目となるオリコンシングルチャート1位を獲得した。

    制作[編集]

    「DAHLIA」は、譜面を書きあげるまでに3ヶ月、作詞に1ヶ月、レコーディングにかなりの時間と労力を費やし、ミックスに2週間かかったため、YOSHIKIは雑誌インタビューやラジオ番組で「大嫌い」「どうでもいい」と語っていた[1]。しかしアルバムとしてリリースすると、同じ雑誌のインタビューで「アルバムの中の一曲で聞くと、とても好きになった」と語っている。また、YOSHIKIは「DAHLIA」のBPMについて、スラッシュメタルパンクのノリがギリギリ両立できることから試行錯誤の末に173に決められたと語っている[1]

    ストリングスの収録は1995年の12月からニューヨークのザ・ヒット・ファクトリーで行われ、YOSHIKIが1994年にキッスのトリビュート・アルバム『トリビュート -KISS MY ASS-』でコラボレーションした縁があるアメリカ交響楽団が演奏した。約60人のオーケストラで2回収録し、途中で2つが重なるため約120人分のストリングスが使われている[1]

    タイトルと歌詞についてYOSHIKIは、DAHLIAという名前の架空の少女が異国の地で経験する悲しみや挫折感など様々な感情を、自分の気持ちとオーバー・ラップさせたと語っている[2]。曲中、YOSHIKIが"destiny, alive, heaven, love, innocence, always, destroy, aftermath, hell, life, infinite"とナレーションを入れているが、頭字語でDAHLIA DAHLIとなる。繰り返しの最後に欠けているAに当たるのは、Violet UKの楽曲「Amethyst」であり、YOSHIKIにとってViolet UKが第二のX JAPANである事を意味すると語っている[3]

    この曲は、YOSHIKIがOne on One Recordingで制作した最初の曲である[4]

    1994年12月30日に東京ドームで行われたライブ『青い夜』で初めて演奏された。この12月30日と12月31日に演奏された物は、レギュラー・チューニングである(後にCD化された物は、X JAPAN以降珍しくなった半音下げチューニング)ほか、歌詞が全体的に異なり、更に曲の後半部分は構成自体が異なる。

    収録曲[編集]

    1. DAHLIA - 7:59
      (作詞・作曲:YOSHIKI 編曲:X JAPAN)
    2. TEARS ('93 TOKYO DOME LIVE VERSION) - 8:00
      (作詞:白鳥瞳 & YOSHIKI 作曲:YOSHIKI 編曲:X JAPAN)

    パーソネル[編集]

    • 共同プロデューサー:
    X JAPAN
    • オーケストラ・アレンジ:
    YOSHIKIディック・マークスシェリー・バーグ
    • スコアリング:
    タール・ミラー
    • オーケストラ:
    アメリカ交響楽団
    • ミキシング・エンジニア:
    杉山勇司
    • アシスタント・エンジニア:
    タール・ミラー、ブラッド・ヘーネル、斉藤敬興、キャピー・ジャプンジー
    • レコーディング・エンジニア:
    リッチ・ブリーン、マイク・ギンク
    • マスタリング・エンジニア:
    スティーブン・マーカソン(プレシジョン・マスタリング)

    収録アルバム[編集]

    #1

    #2

    脚注[編集]

    1. ^ a b c 月刊ギグス』 (1996年5月号) シンコーミュージック・エンタテイメント
    2. ^ 『SHOXX』(1997年3月号)音楽専科社
    3. ^ 『uv』(Vol. 79)ソニー・マガジンズ
    4. ^ NHK BS「わたしはあきらめない」2002年4月3日