Amethyst

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Amethyst
YOSHIKIシングル
初出アルバム『『Eternal Melody』』
リリース
規格 CD
ジャンル クラシック
時間
レーベル イーストワールド
作詞・作曲 YOSHIKI
プロデュース ジョージ・マーティン
YOSHIKI
チャート最高順位
YOSHIKI シングル 年表
Amethyst
(1993年)
Foreign Sand
(1994年)
テンプレートを表示

Amethyst」(アメシスト)は、日本の音楽家であるYOSHIKIが1993年11月3日にリリースした1作目のシングル。1993年4月21日にリリースされたYOSHIKIの1作目のアルバム『Eternal Melody』からのシングル・カット。ビートルズのプロデューサーとして知られるジョージ・マーティンがプロデュースした。三菱電機企業CM曲。TBS系ドラマ『徹底的に愛は…』挿入曲。

概要[編集]

Eternal Melody』を制作中のロンドンViolet UKの作品として創作された[1]。元ジャパンミック・カーンとアメリカのシンガー、ディアナとでセッションしたデモをグラハム・プレスケットがクラシック・アレンジした。演奏はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。バイオリン・ソロはロンドン・フィルのスウェーデン人バイオリニスト、ヨアキム・スヴェンヘデンが務めた。

YOSHIKIは1994年12月末のX JAPANのコンサート『青い夜』『白い夜』のオープニングとして、それまで使用されていたフランク・マリノ&マホガニーラッシュの「WORLD ANTHEM」のカバーに代わる新しい楽曲を考えていたが[2]、1994年12月10日から後楽園遊園地で行われた『X JAPAN DAYS』で、BGMとして流されていた「Amethyst」を聴いたHIDEがオープニングに使用することを提案[2]。以降、2010年に参加したロック・フェスティバル『ロラパルーザ』で「Miracle」が使用されるまでX JAPANのコンサートのオープニングとして使われ続けた。

2002年12月に東京国際フォーラムで開催されたYOSHIKIのコンサート『YOSHIKIシンフォニックコンサート2002 with 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 featuring VIOLET UK』ではViolet UKのボーカリストのドーターが歌い、2005年にリリースされたYOSHIKIの2作目のアルバム『ETERNAL MELODY II』に隠しトラックとして収録された。

カップリングにはNOAの「今を抱きしめて」のクラシック・バージョンが収録されている。

収録曲[編集]

全作曲: YOSHIKI
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間
1. 「Amethyst」   YOSHIKI グラハム・プレスケット
2. 今を抱きしめて Classic Version」   YOSHIKI ディック・マークス

パーソネル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小松成美 『YOSHIKI/佳樹』 角川書店、2009年、421頁。ISBN 978-4-04-883687-6
  2. ^ a b 『ショックス・スペシャル』(ショックス95年3月号臨時増刊)音楽専科社