津田直士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
津田 直士
出生名 津田 直士
生誕 (1961-11-18) 1961年11月18日(60歳)
出身地 日本の旗 日本東京都千代田区
学歴 早稲田大学卒業
ジャンル J-POP
職業 プロデューサーソングライター
作曲家演奏家
担当楽器 ピアノキーボードパーカッション
活動期間 1980年 - 現在
レーベル CBS Sony
Ki/oon Sony
Epic Sony
Associated Records
Extasy Japan
事務所 Innocent Eyes
Sony Music Publishing
公式サイト I.o.You Official Site/Tsuda Profile[1]
J.S.バッハ

津田 直士(つだ なおし、1961年11月18日 - )は、日本音楽プロデューサー作曲家、音楽家。東京都千代田区出身。作家としても活動がある。妹は声優童謡歌手の鈴木より子

人物[編集]

X JAPAN(当時は)の元音楽プロデューサー(CBS・ソニー在籍時)として知られ、著書『すべての始まり—エックスという青春』や、ドキュメンタリー映画『WE ARE X』、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』のYOSHIKI特集番組、Disney+の『Disney MY MUSIC STORY YOSHIKI』などでのインタビュー出演で、YOSHIKIの魅力とプロデューサー時代のエピソードを伝えている。

作・編曲家としてもToshI「Bless You」、工藤静香PRAY」、牧野由依碧の香り」、臼澤みさき「さんさ里唄」などの楽曲やCM音楽、映像音楽などを数多く手がけ、現在は音楽ユニットI.o.Youとしてアーティスト活動中。

来歴[編集]

東京都千代田区に生まれ、10歳でバッハの『小フーガ』を聴いて音楽の素晴らしさに目覚める。14歳で突然ピアノを弾けるようになり、作曲を始め、音楽家を志望するようになる。

17歳で応募した、小田和正の歌詞に曲をつける作曲コンテストで準グランプリを獲得。大学時代にプロミュージシャン・プロデューサーとして仕事を開始し、1985年の大学卒業と同時にCBS・ソニーに入社。

CBS・ソニーでは新人アーティストの発掘を担当。菅野よう子の在籍していたてつ100%エレファントカシマシなどを発掘して世に送り出している。

1987年秋に発掘担当者として出会ったについては、その世界に通用するほどの可能性に気づき、自らプロデュースを手がけることを決意。インディーズ時代から東京ドーム公演までの期間、Xのプロデューサーを務める。1999年にソニーミュージックからエクスタシー・ジャパンに移籍。YOSHIKIの日本での公演に関するプロデュースや所属アーティストShiroなどの作・編曲・プロデュースを手がける。

2003年にエクスタシー・ジャパン内に立ち上げたSunset Peach Studioを自身の個人事務所兼制作スタジオとして独立させ、フリーランスのプロデューサー・作曲家として活動を開始。

2004年からはソニー・ミュージックパブリッシングに所属して作曲、プロデュース、講演、執筆活動を展開。

2015年には芸術家に専念するためプロデューサーを行わないと公言し、以降はX JAPANYOSHIKIの魅力を伝える執筆活動と音楽ユニットI.o.Youとしての音楽活動だけを展開。

2017年には日本で公開されたX JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』にインタビューの形で出演。I.o.You(当時はツダミア)も配信に特化したレーベルOnebitious Recordsから音源の配信を開始。

ただし例外的に2018年、ピアニストとしてX JAPANの「ENDLESS RAIN」や松任谷由実の「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」、Mr.Childrenの「しるし」など、J-POPの名曲を優しいピアノでカバーしたアルバム『ココロとカラダを癒すピアノ〜TsudaPiano 528Hz / J-POP名曲集〜』をリリースした。

ディスコグラフィ[編集]

プロデュース[編集]

作曲・編曲[編集]

その他[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]