X JAPAN WORLD TOUR Live in YOKOHAMA 超強行突破 七転八起 〜世界に向かって〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

X JAPAN WORLD TOUR Live in YOKOHAMA 超強行突破 七転八起 〜世界に向かって〜は、日本のロックバンドX JAPAN横浜国際総合競技場(日産スタジアム)において、2010年8月14日8月15日の2日間開催したコンサートである。

概要[編集]

2008年12月31日の「X JAPAN COUNTDOWN GIG 〜初心に帰って〜」を皮切りにスタートしたX JAPANのワールド・ツアーの日本公演。

2009年の台湾公演「X JAPAN WORLD TOUR Live in TAIPEI」以降、YOSHIKIの頸椎椎間孔切除の手術や、ToshIの肋間神経痛による入院などで活動停止を余儀なくされていたが、2010年1月6日~14日、アメリカ・ロサンゼルスのPV撮影で活動を再開。アルバムレコーディングも進む中、アメリカ・シカゴのロックフェスティバル・「ロラパルーザ」の出演と本公演が決定。

本公演はX JAPANとしては初の野外単独公演である。

また本公演直前に、元メンバー・TAIJIが緊急参戦することが発表された。これはToshIを通じてTAIJIとYOSHIKIが会ったことがきっかけ。TAIJIとメンバーの共演は1992年の「東京ドーム3DAYS 〜破滅に向かって〜」以来、実に18年ぶりとなった。YOSHIKIは「TAIJIの曲もやるかもしれない」と言っており、Voiceless Screamingの演奏を打診していたが、TAIJI側が時間がないとして断った[1] ため、当日のTAIJIの参加は両日とも「X」のみであった。尚、TAIJIが2011年7月17日に他界してしまった為、このライヴが最後の共演となった。

復活後の公演の中では少なめの曲数であったが、「ロラパルーザ」でも披露された新オープニングSE「Miracle」に新曲「Born To Be Free」の演奏や、PATASUGIZOのギターバトル(2日目はHEATHも加わっての掛け合い)、アコースティックコーナーにSUGIZOがバイオリンで参加するなどの新しい試みがあった。また「ENDLESS RAIN」ではHIDEのギターソロパートをSUGIZOが初演奏した。

セットリスト[編集]

再会の夜 (2010年8月14日)[編集]

真夏の夜(2010年8月15日)[編集]

  • 1.Miracle(S.E.)
  • 2.JADE
  • 3.Rusty Nail
  • 4.DRAIN
  • 5.Forever Love(Acoustic ver.)
  • 6.Tears
  • 7.紅
  • 8.BORN TO BE FREE
    • PATA & SUGIZO & HEATH Guitar・BassSolo 〜 Love Replica
    • YOSHIKI DrumSolo
  • 9.I.V.
  • アンコール1
  • 10.UNFINISHED(Short ver.)
  • 11.X(with TAIJI)
  • アンコール2
  • 12.ENDLESS RAIN
  • 13.Tears (English ver.)(S.E.)
  • 14.Forever Love (Last Mix)(S.E.)
  • 15.Tears(S.E.)
  • 16.UNFINISHED(S.E.)

脚注[編集]