Violet UK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Violet UK
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ゴシックトリップ・ホップ
実験音楽
活動期間 2005年 – 現在
レーベル 日本コロムビア
公式サイト www.violetuk.com
メンバー YOSHIKI
ケイティ・フィッツジェラルド
SUGIZO
旧メンバー ニーナ・バーグマン
ドーター
ナタリー
ニコール・シャージンガー
サラ・ウォーレス

Violet UK(バイオレット・ユーケー)は、ミュージシャンであるYOSHIKIが率いる音楽プロジェクト

プロジェクト名は「イエロー・ブラック・ホワイト・レッドなどの肌の色や人種を超えた」、「怒りの赤と哀しみの青を混ぜた色」のvioletと、地下 (Underground) に潜行して行動を起す、反体制的・前衛的・先駆的な領域 (Kingdom) という意味で用いたUK (Underground Kingdom) に由来する。音楽性について当初はトリップホップの影響が強かったものの、1999年以降はトリップホップを基盤にしつつも、ロックパンクの色彩が強まったとYOSHIKIは2003年の雑誌インタビューで説明している[1]

当初はバンドのようにメンバーを固定しておらず、2010年にケイティ・フィッツジェラルドが固定ボーカリストになるまでは、楽曲ごとに異なるボーカリストが担当していた。

来歴[編集]

1991 - 2005年: プロジェクトの構想からデビューまで[編集]

Violet UKのロゴ。

1991年4月に、YOSHIKIがロサンゼルスでX(現在のX JAPAN)の3作目のアルバム『Jealousy』をレコーディングしていたときに、バンド・サウンドの枠を超えたプロジェクトとしてこの構想が生まれた[2]。当初は、ミック・カーンジェーン・チャイルドとグループ「Violet」を組んでセッションをしていた[3]。1993年にYOSHIKI名義のシングルとしてでリリースされた「Amethyst」は、Violet UKのために制作された楽曲のクラシック・アレンジ作品である[4]。1998年には映画『イン・ゴッズ・ハンズ』に「Sane」を提供したが、同年のhideの急逝によりYOSHIKIが精神的に落ち込み制作活動が中断された。

2000年にYOSHIKIが活動を再開し、セブンイレブン・ジャパンの企業イメージCFに「Blind Dance」と「The Other Side」を提供した。2002年には、12月3日と4日に東京国際フォーラムで開かれた『YOSHIKIシンフォニックコンサート2002 with 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 featuring VIOLET UK』において、「7th (Unnamed Song)」、「Amethyst」、「Screaming Blue」、「Blind Dance」の4曲が、ドーターのボーカルによって披露された。

2005年に公式モバイルサイト「YOSHIKI mobile」やメディアに対して「2005年9月22日にデビューアルバムを発売」と公言していたものの、当日はiTunes StoreにViolet UK名義で「Sex and Religion (Test mix)」の1曲を配信してのデビューとなった。YOSHIKIは、この時点で既に制作された楽曲は300曲を超えており、レコーディングには12億円の費用を投じているという[3][5]

2006年 - 現在: フィッツジェラルドとSUGIZOの加入[編集]

2006年にYOSHIKIがニューヨーク在住の友人の要望を受け、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「MySpace」上でViolet UKの音源を公開したところ、口コミだけでダウンロード数が約20万件に達した[6]。2007年公開の映画『カタコンベ』の主題歌に「Blue Butterfly」を[7]、2009年公開の映画『REPO! レポ』と『GOEMON』にそれぞれ「God Bless You」と「Rosa」を主題歌として提供した[8][9]。2008年3月29日と30日に開かれたX JAPANの東京ドーム公演『攻撃再開 2008 I.V.〜破滅に向かって〜』にゲスト出演し、ファッション・ブランド「h.NAOTO」のファッション・ショーと同時に「City of Devils」を演奏した。

2011年2月、参加ボーカリストの1人であったケイティ・フィッツジェラルドと、新たにギタリストSUGIZOが固定メンバーとして加入したことを発表した。また、同年3月6日に国立代々木競技場にて行われたファッション・ショー『ASIA GIRLS EXPLOSION』にて単独名義・ワンマンとしては初のライブ・パフォーマンスを行った[10][11]

メンバー[編集]

ボーカリストのケイティ・フィッツジェラルド(2014年)。
  • YOSHIKI - ドラムス、ピアノ、キーボード、ギター、バンドリーダー(1991年 - 現在)
  • ケイティ・フィッツジェラルド (Katie Fizgerrald) - リード・ボーカル(2009年 - 現在)
  • SUGIZO - ギター(2011年 - 現在)

旧メンバー[編集]

  • ニーナ・バーグマン (Nina Bergman) - リード・ボーカル(「Blue Butterfly」)
  • ドーター (Daughter) - リード・ボーカル(「Unnamed Song」「Screaming Blue」)
  • ナタリー (Natalie) - リード・ボーカル(「Sex and Religion」)
  • ニコール・シャージンガー - リード・ボーカル(「I'll Be Your Love」英語バージョン)
  • サラ・ウォーレス (Sara Wallace) - リード・ボーカル(「The Other Side」)

ディスコグラフィ[編集]

シングル

DVD

  • 『YOSHIKI Symphonic Concert 2002 with Tokyo City Philharmonic Orchestra featuring Violet UK』(2005年3月30日)

未発表曲[編集]

ここでは存在が公表されながら発売に至っていない楽曲を記す。

  • 「Amethyst」
  • 「Angel」[12]
  • 「Belladonna」[12]
  • 「Blind Dance」(セブンイレブン・ジャパンの企業イメージCMに使用された)
  • 「Blue and Blind」
  • 「City Of Devils」(公式MySpaceでイントロとアウトロを配信。2008年のX JAPANの東京ドーム公演『攻撃再開 2008 I.V.〜破滅に向かって〜』ではフル・バージョンが披露された)
  • 「Confusion」(セブンイレブン・ジャパンの企業イメージCMに使用された)
  • 「Fetish」[12]
  • 「God Bless You」(2007年の映画『REPO! レポ』に提供された)
  • 「Hero」
  • 「Hollywood Black Sheep」[13]
  • 「L'arme」[12]
  • 「Mary Mona Lisa」(一部が公式MySpaceで配信された)
  • 「Red Rhapsody」(2014年2月19日に行われたYOSHIKIのライブ・イベント『Yoshiki Classical Live Performance and Special Announcement』で披露された)
  • 「Sane」(1998年の映画『イン・ゴッズ・ハンズ』に提供された)[12]
  • 「Sonnet 155」[12]
  • 「The Other Side」[12](セブンイレブン・ジャパンの企業イメージCMに使用された)
  • 「VH-1」[12]
  • 「VS-5」[12]

脚注[編集]

  1. ^ 『キーボード・マガジン』(2003年1月号)リットーミュージック
  2. ^ 市川哲史によるyoshiki.net上でのViolet UKレビュー(2005年9月22日付け)より
  3. ^ a b 市川哲史『私がヴィジュアル系だった頃。』(竹書房、2005年)p. 110
  4. ^ 小松成美『YOSHIKI / 佳樹』(角川書店、2009年)p. 421
  5. ^ 2005年6月26日放送・テレビ東京系列「ソロモンの王宮」番組中のYOSHIKIの発言より。
  6. ^ 小松成美 『YOSHIKI / 佳樹』 角川書店
  7. ^ “【予告編】P!NKも熱演!パリの地下墓地を舞台にした恐怖映画『カタコンベ』公開!”. CD Journal. (2007年9月28日). http://www.cdjournal.com/main/news/-/16651 2011年2月23日閲覧。 
  8. ^ Repo! The Generic Opera Production notes Lions Gate Entertainment 2008-11-12
  9. ^ “X JAPAN東京ドーム公演、YOSHIKIが強行突破を決断”. BARKS. (2009年3月24日). http://www.barks.jp/news/?id=1000048111 2011年2月23日閲覧。 
  10. ^ “YOSHIKI、「YOSHIKIMONO」でデザイナー・デビュー、イベントの構想はファッションミュージカル”. BARKS. (2011年2月9日). http://www.barks.jp/news/?id=1000067551 2011年2月23日閲覧。 
  11. ^ “YOSHIKIイベントにSUGIZO参加”. サンケイスポーツ. (2011年2月21日). http://www.sanspo.com/geino/news/110221/gnj1102210503010-n1.htm 2011年2月23日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g h i 2005年に予定されていたデビュー・アルバムに収録予定であった(2005年6月26日放送・テレビ東京系列『ソロモンの王宮』)。
  13. ^ 『uv』(Vol. 79)ソニー・マガジンズ

外部リンク[編集]