掌/くるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > 掌/くるみ
掌/くるみ
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『シフクノオト
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 2003年12月度月間1位(オリコン)
  • 2004年度年間5位(オリコン)
Mr.Children シングル 年表
HERO
2002年
掌/くるみ
(2003年)
Sign
2004年
シフクノオト 収録曲
PADDLE
(2)

(3)
くるみ
(4)

(3)
くるみ
(4)
花言葉
(5)
ミュージックビデオ
「掌」 - YouTube
「くるみ」 - YouTube
テンプレートを表示

掌/くるみ」(てのひら/くるみ)は、Mr.Childrenの25枚目のシングル2003年11月19日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

前作から約1年ぶりに発売された、Mr.Children唯一の両A面シングル。

前作で活動を再開したが鈴木の「諸事情」により本格的な活動の再開が遅れ[1]、さらに1年を置いて本作が発売された。本作からCDシングルは2005年まで年1作のみ発売となっていたが、2006年から2008年までは2枚ずつ発売された。

オリコンチャートで2週連続1位を獲得、10週連続トップ10入りを記録した。2004年度オリコン年間シングルチャートでは5位となり、2位の「Sign」と共に年間TOP10入りを果たした。売れ行きは好調で、『ベストアーティスト2003』ではミリオンセラーの勢いと紹介された。

CD EXTRAとしてPVが収録されている。

収録曲[編集]

  1. テーマは「違うことを前提として人は認め合うことができるのか」で、戦争のことを指すが、ありふれた日々の食い違いも指している。
    Mr.Children Tour 2004 シフクノオト』では、新たな歌詞とメロディーが付けられたバージョンで演奏されており[2]、以降のライブではこのアレンジで演奏している。
  2. くるみ
    • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
    NTTドコモNTTドコモ東北CMソングで、タイアップは発売後に決まった。
    タイトルは「これから来る未来」を「くるみ」という人物に擬人化したもので、桜井は「最初はそう思わなかったけど、この曲がMr.Childrenの原点のような気がする」と語っている。
    メロディーは桜井が風呂に入っている時に思いついたものである。
    PV(丹下紘希監督)は架空のバンドである「Mr.ADULTS」が登場し、終盤で桜井が「Mr.ADULTS」のメンバーが捨てた同バンドの名前と一緒に「Mr.Children」と書かれた紙を拾い、画面に「1989年 Mr.Children結成前日。(One Day Before The Band "Mr.Children" Started.)」のテロップが出て立ち去る桜井の後姿で終わる(その紙が「Mr.Children」の由来であったことを示唆している)。このPVは「SPACE SHOWER Music Video Awards 04」で、「BEST VIDEO OF THE YEAR」と「BEST GROUP VIDEO」の2つの賞を受賞した。メンバーも「くるみ」のPVが一番好きと公言している。
    2007年には松竹系映画『幸福な食卓』の主題歌にもなり、こちらはアレンジを変更した「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」として2006年発売の「しるし」のカップリングに収録された。
    ライブツアーでは、キーを半音下げて(『幸福な食卓』バージョンと同一のキーで)演奏することが多い[3]

脚注[編集]

  1. ^ ミュージックステーション』出演時に桜井が発言。
  2. ^ 半音キーが上がる転調(最後のサビとアウトロ)がなくなっており、2番サビ後のCメロが長くなっている。
  3. ^ MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜』、『Mr.Children TOUR 2011 "SENSE"』、『MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』が該当。

カバー[編集]

収録アルバム[編集]