イミテイション・ゴールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イミテイション・ゴールド
山口百恵シングル
初出アルバム『GOLDEN FLIGHT
B面 花筆文字
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1977年度年間20位(オリコン)
山口百恵 シングル 年表
  • イミテイション・ゴールド
  • (1977年)
収録アルバムGOLDEN FLIGHT
SEINEより愛をこめて
(9)
IMITATION GOLD
(アルバム・バージョン)
(10)
テンプレートを表示

イミテイション・ゴールド」は、山口百恵の楽曲。1977年7月に18枚目のシングルとして発売された。

解説[編集]

前作『夢先案内人』より3か月ぶりのリリース。

歌唱披露時は、4人組の女性コーラス・グループ「サクセス」をバックダンサーに従えていた。

アルバム『GOLDEN FLIGHT』には、シングルバージョンよりもロック調にリアレンジされ音源で収録された[1]

1977年末の『第28回NHK紅白歌合戦』に4年連続4回目の出場を果たし、当曲を歌唱披露した[2]

収録曲[編集]

全作詞: 阿木燿子、全作曲: 宇崎竜童、全編曲: 萩田光雄
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「イミテイション・ゴールド」阿木燿子宇崎竜童
2.「花筆文字」阿木燿子宇崎竜童
合計時間:

リリース履歴[編集]

発売日 規格 規格品番 備考
1977年7月1日 EP 06SH 182
1979年9月21日 EP 06SH 593 「GOLDEN SINGLE」
B面には夢先案内人を収録
1989年3月21日 8cmCD 10EH 3181 「Platinum Single SERIES」の一環で発売されたシングル『夢先案内人』のカップリング曲として収録

カバー[編集]

TAK MATSUMOTO featuring 倉木麻衣によるカバー[編集]

イミテイション・ゴールド
TAK MATSUMOTO featuring 倉木麻衣シングル
初出アルバム『THE HIT PARADE
B面 私は風(TAK MATSUMOTO featuring 中村由利
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
作詞・作曲
プロデュース TAK MATSUMOTO
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[4]
  • 松本孝弘 シングル 年表
    • イミテイション・ゴールド
    • (2003年)
    倉木麻衣 シングル 年表
    • イミテイション・ゴールド
    • (2003年)
    テンプレートを表示

    2003年にギタリスト松本孝弘B'z)によってカバーされた。ボーカリストは、松本の中で当初より構想があった倉木麻衣が起用された[5]

    カップリング曲としてカルメン・マキ&OZのカバー曲「私は風」が収録され、こちらにはボーカリストとして中村由利が参加している。原曲が約12分にも及ぶ長編のため、ソロギタープレイ・曲間のイントロなどを大幅に省略しているが、それでも7分を超える長さになっている[5]。なお、松本はかつてカルメン・マキ&OZのサポートメンバーとして参加しており、この曲を演奏した経験がある[5]

    シングルは、2003年10月8日にカバー・アルバム『THE HIT PARADE』からの先行シングルとして発売された。オリコン週間シングルランキングでは初登場1位を獲得し[4]、松本孝弘ソロとしては初の首位を獲得したシングルとなった。

    収録曲[編集]

    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「イミテイション・ゴールド」(TAK MATSUMOTO featuring 倉木麻衣)阿木燿子宇崎竜童徳永暁人
    2.「私は風」(TAK MATSUMOTO featuring 中村由利)Maki Annette Lovelace春日博文徳永暁人
    3.「イミテイション・ゴールド (VOCAL LESS)」   
    4.「私は風 (VOCAL LESS)」   
    合計時間:

    参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]

    その他のアーティストによるカバー[編集]

    関連作品[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    出典[編集]

    1. ^ 榑林史章 (2020年6月19日). “山口百恵の楽曲が持つ“褪せることのない一瞬の輝き” 時代性を捉えたサウンドと芯の通った歌声の魅力”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2020/06/post-569930.html 2020年7月25日閲覧。 
    2. ^ NHK紅白歌合戦”. 日本放送協会. 2020年7月25日閲覧。
    3. ^ Gold Album+...認定 2003年10月度」『The Record』第529号、日本レコード協会、2003年12月、 14頁。
    4. ^ a b Weekly Ranking 2003/10 第3週”. ■ オリコン ENTERTAINMENT SITE. オリコン. 2003年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月25日閲覧。
    5. ^ a b c mfm I 2013, p. 227.
    6. ^ CM情報”. ノエビア. 2020年7月25日閲覧。
    7. ^ “三浦祐太朗「I'm HOME」DX盤は自身初の映像作品付き”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年11月9日). https://natalie.mu/music/news/256129 2020年7月25日閲覧。 
    8. ^ “三浦祐太朗、実母・山口百恵への感謝と尊敬込めたカバーアルバム発売”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年4月30日). https://www.barks.jp/news/?id=1000141545 2020年7月25日閲覧。 

    参考文献[編集]

    外部リンク[編集]