ラック (ポルノグラフィティの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ポルノグラフィティ > ラック (ポルノグラフィティの曲)
ラック
ポルノグラフィティシングル
B面 Theme of "74ers"
Anotherday for "74ers"
リリース
規格 レーベルゲートCD2(CCCD)
ジャンル ハードロック
J-POP
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 新藤晴一Tama岡野昭仁
プロデュース 田村充義本間昭光
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2004年度年間100位(オリコン)
  • 登場回数8回(オリコン)
  • ポルノグラフィティ シングル 年表
    愛が呼ぶほうへ
    (2003年)
    ラック
    (2003年)
    シスター
    2004年
    テンプレートを表示

    ラック」は、ポルノグラフィティの14作目のシングル2003年12月3日にリリースされた。

    概要[編集]

    • 2003年にリリースした作品としては5作目で、同年8月からのリリースラッシュを締め括った。
    • 11thシングル「音のない森」以来の水曜日の発売となった。
    • 初の10万枚完全生産限定盤リリースであり、LIVEツアー『74ers』に向けてのプレカットシングルである。ツアー名『74ers』は、メンバー3人が1974年に生まれたことに由来する。
    • ソニーのコピーコントロールCDの販売撤退後に他作品はCD-DA形式で再発売されているが、本作は完全生産限定盤だったため再発売はされていない。
    • ケースは三面デジパック仕様で三面鏡のように開くようになっている(シングル「音のない森」と同様)。
    • 付属のDVDには、LIVEツアー『74ers』に向けてのインタビューを収録。
    • Tama在籍時最後のシングルで、彼による最後の作曲A面でもある。また、ジャケットまたは歌詞カードにメンバー3人の写真が使われたのはシングルでは今作が最後となった(Tama脱退後の再リリースを除く)。
    • オリコン週間シングルチャートにおいて「アゲハ蝶」以来、約2年半ぶりの首位を獲得。また、「愛が呼ぶほうへ」と同時トップ10入りも記録した。

    収録曲[編集]

    Disc-1(CD)[編集]

    1. ラック(3:45)
      タイトルの「ラック」は英語で“Lack”で「欠乏」「不足」の意。なお、同音異義語に“Luck”(「幸運」)、“Rack”(「苦しめる」「搾取する」)、“Ruck”(「大衆」「ガラクタ」)などがある。またRuckの意「ガラクタ」は歌詞の中に出てくる。
      PVにはファンクラブ会員が参加している。PVのロケ地は川崎市チネチッタ周辺。なお、付属のDVDにPVは収録されていない。
      曲自体は「音のない森」製作頃からあったもので、後のライブに向けてのプレカットリリースとなった。シングルA面曲としては最も演奏時間が短い。
      それまでこの曲のレコーディングに踏み切らなかった理由として「チャート向きではないのでは?」という気持ちがTamaの中であったかららしい。
      自身74曲目となる楽曲であり、偶然ながら収録曲全てが「74」に絡む形となった。この曲で使用されるギターパートは7弦またはドロップDチューニング、ベースパートは5弦でないと弾けない。
    2. Theme of "74ers"(2:20)
      晴一から"74ers"の台本を受け取ってから書き上げた作品。昭仁なりのイメージを具現化した"74ers"となった。
    3. Anotherday for "74ers"(3:24)
      • 作詞:新藤晴一 / 作曲:Tama / 編曲:ak.homma
      Tamaにしては珍しく、レコーディング5弦アクティブベースを使用している。Tamaにとって最後の作曲作品である。
      リリース時に「ポルノグラフィティ初の全編英語詞」とされていたが、実際は歌詞そのものが4行ほど(I am feeling/I do believe/I am sailing/Anotherday)[1]しかない。もちろん、全編英語詞ではある。

    Disc-2(DVD)[編集]

    DVD「Planning Document of “74ers”」

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]

    関連項目[編集]