7th LIVE CIRCUIT "SWITCH" 2005

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポルノグラフィティ > 7th LIVE CIRCUIT "SWITCH" 2005
7th LIVE CIRCUIT "SWITCH" 2005
ポルノグラフィティライブ・ビデオ
リリース
録音 2005年
ジャンル J-POP
レーベル SME Records
ポルノグラフィティ 年表
5th Anniversary Special Live "PURPLE'S" IN TOKYO TAIIKUKAN 2004
2005年
7th LIVE CIRCUIT "SWITCH" 2005
(2006年)
横浜ロマンスポルノ'06 〜キャッチ ザ ハネウマ〜 IN YOKOHAMA STADIUM
2007年
テンプレートを表示

7th LIVE CIRCUIT "SWITCH" 2005』(セブンス ライブ サーキット スウィッチ 2005)は、ポルノグラフィティのライブビデオ。2006年3月29日に発売。制作・発売元はSME Recordsソニー・ミュージックディストリビューションより販売(SEBL-61)。

概要[編集]

  • ポルノグラフィティ史上最長・最多公演数(当時)となったライブツアー『7th LIVE CIRCUIT "SWITCH"』から日本武道館で行われた追加公演『7th LIVE CIRCUIT "SWITCH FINAL"』(2005/12/13〜18)の模様を中心に移動風景やオフショット映像を収録。
  • また、ポルノグラフィティのライブDVDとしては初めて、ドキュメント映像も収録されている。
  • 音源はステレオ音声に加え、5.1サラウンドミックスも収録されている。
  • ライブでは演奏されたが本作に収録されていない曲は「アゲハ蝶」、「プッシュプレイ」、「Century Lovers」、「メリッサ」、「ミュージック・アワー」である。
  • リサイズシングル「アポロ」(SECL-363)、「ヒトリノ夜」(SECL-364)との同時発売。

初回仕様

デジパック仕様。通常版はジュエリーボックス仕様。

収録内容[編集]

※はドキュメンタリ映像。一部ライブ映像を含む。

  1. 稲妻サンダー99
    ライブのオープニング曲。"SWITCH"仕様である(歌詞が「ジャパーン」から「スイッチオン」に変更された)。
  2. Let's go to the answer
  3. Heart Beat
    Jimi HendrixPurple Hazeのリフを取り入れたダークなアレンジになっている。
    途中、ツアー後半最初の公演(9/25山梨公演)のドキュメント映像・音声が被る。
  4. どれだけ自分をONさせるか
    9/28福井公演、9/29石川公演のドキュメント。
    「Free and Freedom」のタイトル決定の瞬間が見られる。
  5. ビタースイート
  6. ポルノグラフィティ、来ましたよ〜
    新潟への移動風景(9/30)と10/1新潟公演、10/3松本(長野県)公演のドキュメント。
  7. 東京ランドスケープ
  8. DON'T CALL ME CRAZY
    ライブ当時最新の19thシングル表題曲。
  9. 何をしてるんだろう…
    10/5茨城公演、10/9山形公演、10/13岩手公演のドキュメント。
    メンバー、サポートメンバーによるモノマネが見られる。
  10. Free and Freedom
    ライブ当時最新の19thシングルカップリング曲。実際のライブでは次に「アゲハ蝶」が演奏された。
  11. 何度も
  12. Twilght, トワイライト
    間奏が大幅に長くなりアレンジされている。
  13. 愛が呼ぶほうへ
    13thシングル。
  14. ROLL
    17thシングル。
  15. SGを使おう!
    栃木への移動風景(10/19)、函館(北海道)への移動風景(10/23)、札幌(北海道)への移動風景(10/25)と10/20栃木公演、10/24函館(北海道)公演、10/26-27札幌(北海道)公演のドキュメント。
  16. 札幌ペニーレーン
    10/29スペシャルライヴハウス公演『〜俺たちポルノグラフィティ・オブ・ジョイトイ/M字開脚/勝負パンツはいてきたよ〜』のドキュメント。
    ユニコーンスターな男をカバーしたライブ映像が少しだけ収録されている。
  17. ジョバイロ
    ライブ当時最新の19thシングル表題曲。実際のライブでは次に「プッシュプレイ」、「Century Lovers」と続けて演奏された。
  18. ネオメロドラマティック
    17thシングル。実際のライブでは次に「メリッサ」が演奏された。
  19. 最後までやるから!
    青森への移動風景(11/3)と11/4青森公演のドキュメント。
    青森公演では昭仁が風邪をひき、「ジョバイロ」を晴一が歌う場面が収録されている。
  20. ホール公演最終日
    ホール公演最終日である11/12名古屋(愛知)追加公演のドキュメント。
    演奏シーンが多数収録されている。
  21. We Love Us
    ライブ本編最終曲。
  22. ジレンマHard Days, Holy Night
    アンコールに演奏された2曲の映像。実際のライブでは「ミュージック・アワー」がアンコールの1曲目に演奏された。
    「ジレンマ」はメンバーによるソロセクションから始まる。ライブ終演後や打ち上げの映像も収録されている。

4(福井、石川)、6(新潟、長野)、9(茨城、山形、岩手)、15(栃木、北海道)、16(札幌ライブハウス公演)、19(青森)、20(名古屋追加公演)のシーンをおさめたドキュメンタリー

サポートメンバー[編集]

  • 小畑"PUMP"隆彦(ドラムス)
  • nang-chang:マニピュレート/Other Instruments)
  • NAOTO(ヴァイオリン)
  • ただすけ(キーボード)
  • 野崎森男(ベース)

外部リンク[編集]