この胸を、愛を射よ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポルノグラフィティ > この胸を、愛を射よ
この胸を、愛を射よ
ポルノグラフィティシングル
初出アルバム『∠TRIGGER
B面 ダイヤモンド
リリース
規格 シングル
録音 2009年 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 新藤晴一(作詞・作曲#1)
岡野昭仁(作詞・作曲#2)
プロデュース ak.homma
チャート最高順位
ポルノグラフィティ シングル 年表
今宵、月が見えずとも
2008年
この胸を、愛を射よ
2009年
アニマロッサ
(2009年)
テンプレートを表示

この胸を、愛を射よ」(このむねを、あいをいよ)は、ポルノグラフィティの28作目のシングル2009年9月9日SME Recordsから発売された。

概要[編集]

デビュー11年目最初のリリースシングルである。本作はデビュー10周年(9月8日)の翌日、2009年9月9日に「9月9日はポルノの日」と称して発売された。これにあやかり品番はSECL-999、価格は999円となっている。初回特典にはロゴステッカー封入。また8年ぶりのビデオクリップ集『COMPLETE CLIPS 1999-2008』と同日発売となっている。

前作「今宵、月が見えずとも」から273日のインターバルを挟んでのリリースとなった。これは「オー!リバル」~「THE DAY」、「Winding Road」〜「リンク」、「ラック」〜「シスター」に次いで3番目に大きなインターバルとなり、上記のインターバルにはそれぞれ『RHINOCEROS』『m-CABI』『PORNO GRAFFITTI BEST RED'S』『PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S』というアルバムが含まれているため、今回はアルバムを挟まない最大のインターバルとなった。

前述の通りポルノグラフィティの節目となるシングルであったが、紅白歌合戦などの年末の活動では全て次作「アニマロッサ」が歌われた。

収録曲[編集]

全編曲:ak.homma 、ポルノグラフィティ

  1. この胸を、愛を射よ (5:01)
    レコチョク』CMソング
    10thライブサーキット「ロイヤル ストレート フラッシュ」の国立代々木競技場第一体育館(追加公演)で初披露された。初披露時には「One Way Ticket」という曲名で歌詞も大幅に異なっていた。晴一・昭仁曰く「より磨き上げた」とのこと。
    ビデオクリップは2009年8月に撮影され、本編映像がスローな映像になるように、撮影時はあえて2倍速の音に合わせて撮影している[1]
    シングル曲では初めて演奏時間が5分を超えている。作曲を担当した晴一曰く「たっぷりと感情を込められる曲を作りたかった」。
  2. ダイヤモンド (4:37)
    バンドとしての最小限の楽器で作られた曲。2009年11月28日に東京ドームで行われた単発ライブでも演奏。

演奏参加[編集]

ポルノグラフィティ
サポートミュージシャン

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ∠TRIGGER』DISC2のビデオクリップメイキングより。
[ヘルプ]