ミュージック・アワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポルノグラフィティ > ミュージック・アワー
ミュージック・アワー
ポルノグラフィティシングル
初出アルバム『foo?
B面 PRIME
Century Lovers (LIVE!)
リリース
規格 マキシシングル
録音 2000年
ジャンル J-POPポップ・ロック
時間
レーベル SME Records
ソニー・ミュージックエンタテインメント
作詞・作曲 ハルイチ(作詞)
ak.homma(作曲)
プロデュース 田村充義本間昭光
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 2000年度年間55位(オリコン)
  • 登場回数22回(オリコン)
  • ポルノグラフィティ シングル 年表
    ヒトリノ夜
    (2000年)
    ミュージック・アワー
    (2000年)
    サウダージ
    (2000年)
    foo? 収録曲
    デッサン#2 春光
    (8)
    ミュージック・アワー
    Ver.164
    (9)
    空想科学少年
    (10)
    PORNO GRAFFITTI BEST RED'S 収録曲
    ミュージック・アワー
    (1)
    Century Lovers
    (2)
    ミュージックビデオ
    「ミュージック・アワー(short ver.)」 - YouTube
    テンプレートを表示

    ミュージック・アワー」(Music Hour)は、ポルノグラフィティの楽曲。2000年7月12日SME Recordsより3作目のシングルとしてリリースされた[注釈 1]

    概要[編集]

    前作『ヒトリノ夜』から5ヶ月半ぶりのリリース。本作から12cmマキシシングル盤でのリリースとなった。

    表題曲のBacking Track(インストゥルメンタルバージョン)の収録は本作までとなっている[注釈 2]

    メンバーは、本作のヒットで『ようやく「ポルノグラフィティ=アポロ」のイメージを払拭できた』と語っている。

    収録曲[編集]

    1. ミュージック・アワー (4:34)
      作詞:ハルイチ 作曲・編曲:ak.homma
      大塚製薬ポカリスエット』2000年度CMソング
    2. PRIME (4:30)
      作詞:アキヒト 作曲:シラタマ 編曲:ak.homma
      • インディーズ時代の頃からの楽曲。ブラスが加わるなどアレンジは変わったが、メロディや歌詞はインディーズ時代から変わっていない。歌詞は自分自身に嫌気が指した男性を描いたもの。
      • Tamaが脱退後、自身のライヴ『3rd Live"Natural Born Wild Tour"』でセルフカバーした。
    3. Century Lovers (LIVE!) (6:12)
      作詞:ハルイチ 作曲・編曲:ak.homma
      • 1stアルバム『ロマンチスト・エゴイスト』収録曲のライヴバージョン。音源は『1stライヴサーキット "Tour 08452 〜Welcome to my heart〜"』渋谷ON AIR EAST公演(2000年4月20日)で収録されたもの。
      • 「Before Century」の岡野の掛け声が現在と異なる旧バージョンになっている(詳細はロマンチスト・エゴイスト#収録曲を参照)。
    4. ミュージック・アワー (Backing Track) (4:34)

    演奏参加[編集]

    Porno Graffitti

    Additional Musicians#1[1]

    収録アルバム[編集]

    ミュージック・アワー

    カバー[編集]

    ミュージック・アワー

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 発売当時はソニー・ミュージックエンタテインメントSME Recordsレーベル)より発売。その後、発売権はソニー・ミュージックレコーズを経て、エスエムイーレコーズ(SME Records)へ移行している(再発盤はエスエムイーレコーズより発売)。
    2. ^ ただし、9thシングル『Mugen』、27thシングル『今宵、月が見えずとも』、38thシングル『青春花道』、39thシングル『東京デスティニー』にはそれぞれインストゥルメンタルバージョンが収録されている。
    3. ^ ポルノグラフィティ公式ファンクラブ「love up!」から。
    4. ^ これは日本におけるFM放送のコールサイン「JO**-FM」にポルノグラフィティの略称「PG」を入れたもの。この「JOPG-FM」というコールサインはNHK釧路放送局のコールサインとして実在しており、このバージョンを放送で使用するためには冒頭のジングル部分をカットする必要がある。
    5. ^ 新藤は約180バージョン存在するとも語っている。
    6. ^ アミューズの社長から「この曲には振り付けをつけろ」と言われたことがこの振り付けのきっかけで、当初岡野は振りを付けるのは絶対に嫌だったという。しかし断るわけにもいかないため、振り付けが定着しないよう、岡野自身が考えうる一番ダサい振り付けをリリース直後のツアー(『2ndライヴサーキット "D4-33-4"』)で披露してみたところ定着してしまい、今に至っている。
    7. ^ 変な踊りの他にも、ファンの間では「ダイヤルをして」の箇所で人差し指をくるくる回す振り付けや、「R.N"恋するウサギ"ちゃん」の箇所でうさ耳ポーズの振り付けをするなど、様々な振り付けが存在する。
    8. ^ 5thライヴサーキット "BITTER SWEET MUSIC BIZ"』(2002年)と『幕張ロマンスポルノ'11 〜DAYS OF WONDER〜』(2011年)で披露された。
    9. ^ 5th Anniversary Special Live "PURPLE'S"』(2004年)で披露された。
    10. ^ "SWITCH"ツアー サマースペシャル公演『"ポルノグラフテー IN OKINAWA Shine on the beach"』(2005年)で披露された。
    11. ^ 「年々種類が増えているのはこの曲に限ったことではないけどね」と新藤が自身のラジオ番組で語っている。
    12. ^ ミュージック・ビデオやリリース直後のテレビ出演で使用されており、公式YouTubeチャンネルで公開されている「ミュージック・アワー」のライヴ映像(『つま恋ロマンスポルノ'11 〜ポルノ丸〜』)でも本機が使用されている確認できる。『つま恋ロマンスポルノ'11 〜ポルノ丸〜』の直後にチャリティに寄付したため現在は手元にない。

    外部リンク[編集]

    1. ^ PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary "ALL TIME SINGLES"』クレジット
    2. ^ bang_dream_gbpの2019年6月30日のツイート2019年7月3日閲覧。