リンク (ポルノグラフィティの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ポルノグラフィティ > リンク (ポルノグラフィティの曲)
リンク
ポルノグラフィティシングル
初出アルバム『ポルノグラフィティ
B面 Stand for one's wish
It's on my mind
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 新藤晴一岡野昭仁
プロデュース 田村充義本間昭光
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2007年7月度月間5位(オリコン)
  • 2007年度年間72位(オリコン)
  • ポルノグラフィティ シングル 年表
    Winding Road
    (2006年)
    リンク
    2007年
    あなたがここにいたら
    2008年
    ミュージックビデオ
    「リンク(short ver.)」 - YouTube
    テンプレートを表示

    リンク」(Link)は、日本のバンドポルノグラフィティの22作目のシングル2007年7月18日にリリース。

    概要[編集]

    • 前作「Winding Road」からおよそ10か月(287日間)ぶりに発表されたシングル。ちなみに次作「あなたがここにいたら」までのインターバルもおよそ7か月(210日間)ある。
    • スバル・インプレッサ」のCMソングに起用された。
    • 2007年に発売したシングルはこの1作のみであり、1年に1作しかシングルを発売しなかったのはこれが初めて(ただし、デビューシングルの「アポロ」のみがリリースされた1999年を除く)。
    • 昭仁がデビュー後から現在までに至る「自分たちのやりたいことは何か」を晴一と話し合いながら制作した曲であることを自身のラジオ番組にて公言した。
    • 元々、シングルにするつもりはなく、「たまたまシングルになっただけ」と公言している。
    • 写真撮影はジャケット写真、初回仕様のポスター共に晴一が担当。あえてトイカメラというチープな物で撮ったとのこと。
    • ak.hommaが2作続けて「B面も含めたすべての曲に作曲において参加していない」のはポルノグラフィティ史上初のことである。
    • 7thアルバム『ポルノグラフィティ』のリードシングルである。

    収録曲[編集]

    記載時、名前はローマ字。 編曲ak.homma、ポルノグラフィティ

    1. リンク(4:01)
      前作に続き、昭仁が作詞・作曲した楽曲。「探求」「つながり」がテーマ。
      メンバーがパーソナリティを務めるラジオ番組、『岡野昭仁のオールナイトニッポン』(昭仁、ニッポン放送)と『カフェイン11』(晴一、bayfm)でそれぞれ初披露された。なお、『ミュージック・ステーション』では7月にテレビ初披露したのを皮切りに、10月のSPと『ミュージックステーション スーパーライブ2007』でも披露しており、ミュージックステーションでおよそ半年の間に3回披露した。
      PVの監督は『ラック』の監督と同じ奥和義。白黒の映像である。また、ak.hommaも出演している。
    2. Stand for one's wish(3:20)
      • 作詞・作曲:岡野昭仁
      「リンク」のリリース決定後、『カフェイン11』で先行的に披露された。
    3. It's on my mind(3:59)
      このシングルで唯一、晴一の作詞・作曲。
      アコースティックギターでの前奏・間奏が非常に長い。
      カフェイン11』で晴一の解説を交えながら、リリースに先駆け披露された。

    演奏参加[編集]

    ポルノグラフィティ
    岡野昭仁:ボーカルコーラスギター
    新藤晴一:ギター
    参加アーティスト