THE 野党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
THE 野党
ジャンル J-POP
ロック
レゲエ
活動期間 2011年 -
レーベル SME Records
事務所 アミューズ
公式サイト THE野党 OFFICIAL WEBSITE
メンバー 新藤晴一ギター
SHOCK EYEボーカル
篤志(ギター・キーボードマニピュレータードラムス

THE 野党(ザ・やとう)は新藤晴一ポルノグラフィティ)とSHOCK EYE湘南乃風)、サウンドクリエーター篤志の3人からなる音楽プロジェクト(音楽グループ)である。所属レコード会社エスエムイーレコーズ(レーベルはSME Records)。

概要[編集]

新藤とSHOCK EYEは、テレビ朝日系『ミュージックステーションスーパーライブ』(2008年12月26日)打ち上げ会場の喫煙所で、ゴルフの話などで意気投合、その後交遊を重ねて2009年暮れの忘年会の席で「何かやろう」と約束。その時期、ポルノグラフィティの8thアルバム『∠TRIGGER』の製作中であった新藤は、収録曲「ネガポジ」の制作の際にアレンジを担当した篤志を誘い、2010年の初め頃に下北沢の焼き肉屋にて3人初めての顔合わせをした。

その後すぐに新藤のプライベートスタジオ「アトリエ」に集まった3人はセッションを始め、ものの数時間で「WHO AM I ?」を完成させた。この曲の完成に可能性を感じた3人はTHE 野党を結成。それぞれの活動の合間を縫いながら制作を続け、2011年2月9日にアルバム『8:10 PM』でデビューを果たす。

ユニット名[編集]

THE 野党』という名前は与党(本業)であるポルノグラフィティ、湘南乃風、アレンジャーというそれぞれの活動を大事にしつつ、自由な発想で何にも縛られず楽しく音楽活動をしていきたいという意味が込められており、党首である新藤が考えた[1]

制作活動[編集]

作詞、歌メロは主にボーカルであるSHOCK EYEが担当している。新藤が作詞を手がけたものはアルバム『8:10 PM』では「Download Her」「Freddy」「罠Hotel」がある。ただし、どの作業についても基本的にメンバー全員が関わっていることから、作詞・作曲・編曲の名義はすべてTHE 野党となっている。

主な制作方法としてはまず種となるギターリフを新藤が録音し、それにトラックメイカーである篤志が二人の意見をもとに音を足していき、同時進行でSHOCK EYEが歌、歌詞を乗せていく。その際の篤志の作業スピードとセンスの良さにほか二人は絶大な信頼をよせている。

「野党」を「810」と掛けて、リリースやイベント、発表が行われることが多い。

メンバー[編集]

人名 演奏担当 制作 その他情報
SHOCK EYE
(ショックアイ)
ボーカル
ギター
作詞
作曲
新藤晴一
(しんどう はるいち)
ギター
ボーカル
コーラス
作詞
作曲
篤志
(あつし)
ギター
キーボード
マニピュレーション
コーラス
作曲
編曲
プログラミング

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  リリース日 タイトル 規格 販売生産番号 収録曲 最高位
1st 2014年3月19日 B.B. CD+DVD SECL-1483-1484(初回盤) 31位(オリコン)
1位(iTunesROCK部門)
CD SECL-1485

オリジナルアルバム[編集]

  リリース日 タイトル 規格 販売生産番号 収録曲 最高位
1st 2011年2月9日 8:10 PM CD+DVD SECL-951 - 952(初回盤) 5位
CD SECL-953
2nd 2012年4月25日 9:10 PM CD SECL-1042 34位
3rd 2014年5月28日 10:10 PM CD+DVD SECL-1504 - 1505(初回盤) 39位
CD SECL-1506

映像作品THE810[編集]

  リリース日 タイトル 規格 販売生産番号 収録曲 最高位
1st 2011年8月10日 遊説2011 ~First~ LIVE IN 横浜BLITZ DVD SEBL-131 27位

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
Daichi Yasuda WHO AM I ?
不明 B.B.」「Golden Hen

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
B.B. NTV系アニメ「宇宙兄弟」オープニング・テーマ

主催ライヴ・コンサート一覧[編集]

THE野党のライブには『遊説』『THE野党の野会』と呼ばれる2つのプロジェクトがある。前者は日本全国を回るツアーであり、後者は「フットワーク軽く」をモットーにメンバーのみで出せる音を追求する単発ライブである[2]

ライブツアー[編集]

開催 公演タイトル 公演規模 / ライヴスケジュール / その他
2011年2月16日 - 2月28日 1stツアー "遊説2011 〜First〜"
  • ソフト化:2011年8月10日(DVD)
2012年6月15日 - 6月19日 2ndツアー "遊説2012 〜Second〜"

THE野党の野会[編集]

メンバーのライブ熱が高まった時に開催が決定するため開催は不定期[2]

開催 公演タイトル 公演規模 / ライヴスケジュール / その他
2012年4月13日 野会〜vol.0〜 1公演
【東京都】Glad(渋谷)
2012年12月4日 野会〜vol.1〜 1公演
【東京都】Glad(渋谷)

出演イベント[編集]

  • 2011年01月29日 - au by KDDI presents オンタマカーニバル2011(オープニングアクト)
  • 2011年09月28日 - FLOW THE PARTY 2011
  • 2012年04月20日 - Ray-Van
  • 2014年08月31日 - FREEDOM aozora 2014 淡路島
  • 2017年04月22日 - 『STAR★ROCK fes 2017』 (SpecialGuestとして参加。3曲披露。)[3]

出演番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ナタリー(natalie) (2011年). “ナタリー - [Power Push] THE 野党”. 2012年3月9日閲覧。
  2. ^ a b 衝動的不定期LIVE “THE野党の野会” 立上げとなる“野会 ~vol.0~” LIVE開催決定!”. INFORMATION (2012年2月27日). 2012年3月9日閲覧。
  3. ^ ポルノグラフィティのサポートベーシスト・野崎森男氏主催のフェス。演奏終了時には3人肩を組んで袖に下がった。[1]

外部リンク[編集]