アポロ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポルノグラフィティ > アポロ (曲)
アポロ
ポルノグラフィティシングル
初出アルバム『ロマンチスト・エゴイスト
B面 ロマンチスト・エゴイスト
リリース
規格
ジャンル J-POPロック
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲
プロデュース 田村充義、本間昭光
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間5位オリコン
  • 1999年度年間63位(オリコン)
  • ポルノグラフィティ シングル 年表
    • アポロ
    • (1999年)
    ロマンチスト・エゴイスト 収録曲
    デッサン#1
    (8)
    アポロ
    (New Apollo Project Version)
    (9)
    ラビュー・ラビュー
    (10)
    PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S 収録曲
    アポロ
    (1)
    サボテン
    (2)
    ロマンチスト・エゴイスト 収録曲
    リビドー
    (12)
    ロマンチスト・エゴイスト
    (13)
    ミュージックビデオ
    「アポロ (short ver.)」 - YouTube
    テンプレートを表示

    アポロ」(Apollo)は、ポルノグラフィティの楽曲。1999年9月8日SME Recordsより1作目のシングルとしてリリースされた。

    2006年3月29日に12cmマキシシングル盤で再リリースされた。

    概要[編集]

    ポルノグラフィティのメジャーデビューシングル。

    リリース当初はほぼ無名であったことから、オリコンチャートでは初登場84位[注釈 1]だったが、その後の『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP[1]、『ミュージックステーション[2]への出演、『ここがヘンだよ日本人』のタイアップが話題を呼び、徐々に順位を上げて最高5位を獲得。累計で40万枚以上の売上を記録した。

    本作の大ヒットによって、当時は"アポログラフィティ"といったバンド名の誤認があったり、「一発屋ではないか?」と囁かれたりしていた[3]。セールス的には1stアルバム『ロマンチスト・エゴイスト』よりも売れたため、メンバーも「ポルノグラフィティ=アポロのイメージを払拭するのはかなり苦労した」と後に振り返っている[注釈 2][3]

    2009年9月9日にデビュー10周年を記念したリリースラッシュなどを行った際、「なぜ1999年9月9日にデビューしなかったのか」というファンからの質問に対し、新藤は「(1999年)9月8日が水曜日だったから」と答えている[注釈 3]

    収録曲[編集]

    全編曲: ak.homma
    #タイトル作詞作曲時間
    1.「アポロ」ハルイチak.homma
    2.「ロマンチスト・エゴイスト」ハルイチRyo
    3.「アポロ (Backing track)」 ak.homma
    合計時間:
    1. アポロ
      TBS系『ここがヘンだよ日本人』エンディングテーマ
      • アポロ計画」をテーマに書かれたポルノグラフィティのメジャーデビュー曲[4]
      • 当初は本間昭光(ak.homma)が作詞も担当する予定であったが、インディーズ時代から大半の楽曲の作詞を手掛けてきた新藤が「作詞だけはやらせてください」と直訴したことから、新藤の詞が採用された[4]
      • 音源化には至っていないが、バージョン違いとして「アポロ'04」と「アポロ 広島弁バージョン」が存在する[注釈 4]
      • MVのコンセプトは「異星の滅びた文明からのメッセージ」で、メンバー3人が宇宙服を着用しているシーンもある[5]。石室で寝ているシーンの撮影に時間がかかったり、土に見立てたココアパウダーを顔に振りかけたりなど、本間昭光は「一番お金も時間もかかっているMVだと思う」と語っている。
      • ライヴや音楽番組で本楽曲を披露する際は、歌詞中の「ラヴ・E・メール・フロム・ビーナスなんて素敵ね」の箇所をライヴ会場やその地名、イベント名、番組名などに変えて歌うことが多い(例としては「ラヴ・E・メール・フロム・埼玉なんて素敵ね(さいたまスーパーアリーナ公演)[6]」など)。
      • 新藤がパーソナリティを務めるbayfmカフェイン11』で2008年に行われた「ポルノグラフィティのファンになった曲」の視聴者アンケートでは第1位に、2011年9月に発表されたレコチョク調べ「月にまつわる名曲ランキング」では第8位に選出された[注釈 5]
      • 本作のリリースから15年後の2014年9月に発表された「俺たちのセレブレーション」は月面着陸を題材にしており、歌詞中にも「アポロ」が登場している[8]。また同年に出場した第65回NHK紅白歌合戦では初めて本楽曲を披露した[9]
    2. ロマンチスト・エゴイスト
      • 1stアルバムのタイトルナンバー。
      • 作曲を手掛けたRyo(吉俣良)は1998年のわずかな期間のプロデューサー。Ryoが作曲を手掛けた楽曲は他にも3、4曲存在するが、音源化されたのは本楽曲のみである。
    3. アポロ (Backing track)

    演奏参加[編集]

    Porno Graffitti

    Additional Musicians(#1[注釈 6]

    収録作品[編集]

    アルバム[編集]

    アポロ

    ロマンチスト・エゴイスト

    ライヴ映像作品[編集]

    アポロ

    ロマンチスト・エゴイスト

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 彼らの出身地である広島県因島市(現・尾道市)ではかなり話題だったようで、因島を擁する広島県のチャートでは1位だったという。
    2. ^ メンバーはこれらの世間からのイメージとの闘いを「アポロとの闘い」と口にしており、「アポロとの闘い」は2000年の「ミュージック・アワー」の大ヒットによって終止符が打たれた。
    3. ^ オリコンチャートの集計とCDの流通の関係上水曜日発売が一番有利であるといわれており、そのため日本国内において大半のCDは水曜日発売となっている。
    4. ^ 前者はフジテレビ僕らの音楽』(2004年9月11日放送回)や『FANCLUB UNDERWORLD 2』で演奏されたボサノヴァ調のアレンジバージョン。後者はフジテレビLOVE LOVEあいしてる』において同郷の吉田拓郎の訳詞により制作された全編広島弁バージョンで、同番組の200回記念生放送やライヴで数回披露されている。ちなみに2006年9月29日に放送された『LOVE LOVE堂本兄弟10周年生スペシャル』と題した『LOVE LOVE あいしてる』と『堂本兄弟』の合同特別番組では、『LOVE LOVE あいしてる』から『(新)堂本兄弟』までのライブ部分の総集編をカウントダウン形式で放送し、200回記念生放送での広島弁バージョンの模様が1位に選ばれた。
    5. ^ 同ランキングの第6位は2008年に発表した「今宵、月が見えずとも」である[7]。。
    6. ^ 本作から17thシングル『NaNaNa サマーガール』までのシングルのクレジットにはレコーディングでの演奏者が表記されていない為、カップリング曲の演奏者は不明となっている(シングル表題曲の演奏者は『PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary "ALL TIME SINGLES"』のクレジットに表記されている)。

    出典[編集]

    1. ^ HEY!HEY!HEY! (O/A LIST 99/09/13)”. www.fujitv.co.jp. 2022年7月20日閲覧。
    2. ^ 出演者ラインナップ|ミュージックステーション|テレビ朝日” (日本語). www.tv-asahi.co.jp. 2022年7月20日閲覧。
    3. ^ a b 『ポルノグラフィティ ワイラノクロニクル―B.PASS SPECIAL EDITION』シンコーミュージック、2001年3月1日。 
    4. ^ a b 『20th ANNVERSARY SPECIAL BOOK』アミューズ、2019年。
    5. ^ COMPLETE CLIPS 1999-2008 (ブックレット). SME Records. 2009年9月9日.
    6. ^ ポルノグラフィティ『アポロ』("OPEN MUSIC CABINET"LIVE IN SAITAMA SUPER ARENA 2007") / PORNOGRAFFITTI『Apollo(Live)』”. YouTube(2013年10月2日). 2022年3月5日閲覧。
    7. ^ レコチョク (2011年9月8日). “お月見シーズン到来!レコチョクが「月の名曲ランキング」を発表! 1位は、絢香「三日月」に決定”. PRTIMES. PR TIMES. 2012年2月7日閲覧。
      レコチョク (2011年9月8日). “月にまつわる名曲ランキング”. MUSIC NOTE. 2012年2月7日閲覧。
    8. ^ Inc, Natasha. “ポルノ、新作で昭仁&晴一が初の共同作詞” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年3月5日閲覧。
    9. ^ ポルノ 紅白で黒田の広島復帰に歓喜/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2022年3月5日閲覧。

    関連項目[編集]

    「アポロ」の調
    頭サビ Aメロ1・Bメロ1 サビ1 Aメロ2・Bメロ2 サビ2・大サビ
    C-major a-minor.svgイ短調
    (Am)
    G-major e-minor.svgホ短調
    (Em)
    C-major a-minor.svgイ短調
    (Am)
    G-major e-minor.svgホ短調
    (Em)
    C-major a-minor.svgイ短調
    (Am)