君の瞳に恋してる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
君の瞳に恋してる
フランキー・ヴァリシングル
初出アルバム『The 4 Seasons Present Frankie Valli Solo』
B面 The Trouble With Me
リリース
規格 7インチシングル
録音 ニューヨーク、A&Rレコーディング・スタジオ(1967年)
ジャンル ポップ
時間
レーベル フィリップス・レコード
作詞・作曲 ボブ・クルー
ボブ・ゴーディオ
プロデュース ボブ・クルー
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
フランキー・ヴァリ シングル 年表
The Proud One
(1966年)
君の瞳に恋してる
(1967年)
I Make a Fool of Myself
(1967年)
ミュージックビデオ
「Can't Take My Eyes Off You (Live)」 - YouTube
テンプレートを表示
フランキー・ヴァリ「君の瞳に恋してる」のシングル盤に対してアメリカレコード協会が授与したゴールドディスクのレコード。これはアレンジャーのアーティ・シュレック英語版に授与されたもの。

君の瞳に恋してる」(きみのひとみにこいしてる、原題: Can't Take My Eyes Off You)は、フランキー・ヴァリ1967年に発表した楽曲。数多くの歌手にカバーされているスタンダード・ナンバー。

作詞・作曲はボブ・クルーボブ・ゴーディオ。彼らはフォー・シーズンズをはじめ、当時の様々な歌手グループに多数の楽曲を提供したが、この歌は彼らの作品の中でも最もヒットした代表作の一つとなった。

概要[編集]

1967年4月フォー・シーズンズフランキー・ヴァリソロシングルとして発売された。編曲はアーティ・シュロエックとボブ・ゴーディオが行った[1]。のちにアルバム『The 4 Seasons Present Frankie Valli Solo』に収録された。『ビルボード』誌では、同年7月22日に最高位の週間ランキング第2位を獲得した[2]。1967年ビルボード誌の年間ランキングでは第12位。

1982年にはボーイズ・タウン・ギャング (Boys Town Gang) がディスコ調にアレンジし、日本イギリスなどで大ヒットした。ボーイズ・タウン・ギャングのバージョンは、日本ではオリコン洋楽シングルチャートで1982年12月6日付から3週連続1位を獲得した[3]。また多くのアーティストがカバーしていることでも有名である。サッカー、高校野球の応援歌としても使われている。

BMI調べによる「20世紀アメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは、600万回以上のオンエアで5位にランクインされた[4]

SALLYによる同名の曲は作詞/康珍化、作曲/鈴木キサブローによる異曲である。

カバーしたアーティスト[編集]

(コーン・ヘッズ サントラにて収録)

日本のアーティスト[編集]

脚注[編集]