山中千尋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山中 千尋
生誕 12月26日
出身地 日本の旗 日本 群馬県
学歴 桐生市立北中学校桐朋女子高等学校音楽科ピアノ科→桐朋学園大学音楽学部(ピアノ専攻)→バークリー音楽大学
ジャンル ジャズ
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 2001年 -
レーベル ヴァーヴ・レコード(2005年 -)
デッカ・レコード(2011年 -)
共同作業者 マリオ・ガルガーノ(ベース)、ミケーレ・サルガレッロ(ドラムス
公式サイト CHIHIRO WEB

山中 千尋(やまなか ちひろ、12月26日 - )は、群馬県桐生市出身の、日本ジャズピアニスト

人物[編集]

  • 名門デッカ・レーベル初の日本人ジャズ・アーティストとして全米デビューを果たした気鋭のピアニストとして注目されている。
  • コンサートの最後は必ず桐生市名物「八木節」で締めるといい、桐生好きを公言。
  • バークリー音楽大学を首席で卒業後はニューヨークを拠点に活動を続け、これまでに19枚のリーダー・アルバムを発表している[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

  • 母の故郷、福島県郡山市で生まれる。女性ということもあり、生年月日は本人が公表していない。
  • 桐生市立北中学校卒業までの15年間を桐生市で過ごす。
  • 桐朋女子高等学校音楽科ピアノ科を経て桐朋学園大学音楽学部(ピアノ専攻)を卒業後、バークリー音楽院に留学。ジョージ・ラッセルゲイリー・バートンなど数多くの有名アーティストと共演を重ね、ピアノの腕を磨く。
  • 在学中から巨匠ジョージ・ラッセルらから絶賛されるなどその才能は高く評価され、2001年にはアメリカのジャズ専門誌ダウンビートから「アウトスタンディング・アワード」を贈られた。

デビュー[編集]

  • バークリーを首席で卒業後、2001年10月に日本のジャズ・ピアノの名門レーベル「澤野工房」からファースト・アルバム『Living Without Friday』を発表。直後に大手CDショップのジャズ・チャートで一躍トップセールスをマークし、新人としては異例のヒットを記録する。また、同時期に文化庁の在外派遣研修生として滞米し、さらに一年間、研鑽を重ねる。

2002年[編集]

  • 12月、ニューヨークの若手トップミュージシャンを従えたセカンド・アルバム『When October Goes』をリリース。日本ではほとんど演奏経験が無いにもかかわらず、いきなりジャズ・チャートで初登場第1位を獲得する。

2003年[編集]

  • 日本でのライブ活動も本格化。この年の初頭に行った「山中千尋 ニューヨーク・トリオ ツアー2003」の模様を伝えた毎日放送(MBS)制作の密着ドキュメント「情熱大陸」(TBS系列で放送)により、その国際的な活動が広く日本でも知られるようになった。
  • 8月、上記ツアーの大阪公演を完全収録したDVD『Leaning Forward』を発表。ポップスを含む全ジャンルのDVDチャートでベストテン内に初登場ランクインした[2]
  • その後もニューヨークを中心に世界各地で活動を続ける。

2004年[編集]

  • 1月、03年暮れの来日ツアー終了後、米NBCラジオ、カーネギーホールへ出演。
  • 5月、1年半ぶりとなる新作CD『Madrigal』の発表。同時に「ツアー2004〜Madrigal」を全国7ヵ所で開催。
  • 8月、11月にも再来日し、「ニューヨーク・トリオ ツアー2004」として各地で公演を行った。

2005年[編集]

  • 1月、ユニバーサル ミュージック グループのクラシックス&ジャズと契約。
  • 8月、「情熱大陸 Special Live」(大阪公演)、「東京JAZZ2005」に出演。
  • 9月7日、ユニバーサル傘下のヴァーヴ・レコードより、移籍第1作『Outside by the Swing』をリリース、メジャーデビューを果たす。オリコンデイリーアルバムチャート(邦楽・洋楽全ジャンル)で初登場20位、各ジャズ・チャートでは前作・前々作同様初登場第1位を飾る。
  • 10月から、アルバムのプロモーション・ツアーとして「ツアー2005〜"Outside by the Swing"」を全国各地で開催。

2006年[編集]

  • 9月、移籍後2作目となる『Lach Doch Mal』が欧Emarcyレーベルからリリースされ、欧州デビューも果たす。これは2007年4月発表のスイングジャーナル誌「第57回日本ジャズメン読者人気投票」<アルバム・オブ・ザ・イヤー>部門で第1位を獲得する。

2007年[編集]

  • 8月、『Abyss』を発表。iTunes StoreHMVタワーレコードAmazon.comなどの各ジャズ・チャートで第1位を獲得。このアルバムで2008年1月にスイングジャーナル誌主催の2007年度第41回ジャズ・ディスク大賞<日本ジャズ賞>を受賞。4月には同誌「第58回日本ジャズメン読者人気投票」<アルバム・オブ・ザ・イヤー>部門で2年連続第1位となる。
  • 10月にはヴァーヴから初のライブDVD作品『Live In Tokyo』をリリース(6月のツアー最終日の模様を収録)、各ジャズ・チャートでの第1位はもとより、オリコンの全ジャンルDVDチャートで初登場第7位となる。
  • 11月中旬より、「山中千尋 ニューヨーク・トリオ ツアー2007 "Abyss"」をイタリアイギリスドイツ〜日本で敢行。

2008年[編集]

  • 2月27日、ピアノ、ギター、ベースによるドラムレス・トリオで故オスカー・ピーターソンに捧げた『After Hours』をリリース。ジャズ・チャート初登場第1位を獲得。その後、2009年3月には「第23回日本ゴールドディスク大賞<ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(ジャズ邦楽部門)>」を受賞。
  • 9月、『Bravogue』を発表、ジャズ・チャート部門初登場第1位。

2009年[編集]

  • 3月、『Abyss』がEmarcyレーベルからヨーロッパでもリリースされ、オーストリア、ドイツ、フランス、イタリアでライブ・ツアーを行う。
  • 5月から6月にかけて、ニューヨークのトップ・ピアニスト10人の共演で開催される「富士通スペシャル 100 GOLD FINGERS」に参加。
  • 10月、生誕100周年を迎えるベニー・グッドマンへのトリビュート作品『Runnin' Wild』を発表。Amazon.com、タワーレコード、HMV、ビルボード・ジャパンなどの各ジャズ・チャートで第1位を獲得。また、群馬交響楽団の公演にて、「ラプソディ・イン・ブルー」を共演した。

2010年[編集]

  • 3月、出生地の福島県郡山市から「フロンティア大使」の委嘱を受ける。

2011年[編集]

  • 日本人として初めてアメリカのデッカ・レコード(ユニバーサル傘下)と契約。またヨーロッパ・ジャズの次世代を担うマリオ・ガルガーノ(ベース)、ミケーレ・サルガレッロ(ドラムス)とヨーロピアン・トリオを結成、イタリア最大のジャズ・フェスであるウンブリア・ジャズ祭では、ハービー・ハンコックマーカス・ミラーとステージを分けあった。
  • 8月24日、自身の音楽活動10周年を記念したアルバム『レミニセンス』を発表。その『レミニセンス』で全米CDデビューを飾る。
  • 10月、全米デビューを記念したニューヨークでのクラブ・ギグを収録したDVD『ライヴ・イン・ニューヨーク』を発売。

2015年[編集]

  • 4月、桐朋学園大学音楽学部作曲科、非常勤講師に就任。
  • 9月、バークリー音楽大学の助教授(Assistant Professor)に就任、ピアノ科で指導を行う。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 和文タイトル レーベル 品番
2001年10月8日 Living Without Friday リヴィング・ウィズアウト・フライデイ 澤野工房 AS-16
2002年12月8日 When October Goes ホエン・オクトーバー・ゴーズ 澤野工房 AS-25
2004年5月10日 Madrigal マドリガル 澤野工房 AS-38
2005年9月7日 Outside by the Swing アウトサイド・バイ・ザ・スイング Verve/Universal UCCJ-2040
2006年9月13日 Lach Doch Mal ラッハ・ドッホ・マール Verve/Universal UCCJ-2052
2007年8月22日 Abyss アビス Verve/Universal UCCJ-2060
2008年2月27日 After Hours アフター・アワーズ Verve/Universal UCCJ-2065
2008年9月24日 Bravogue ブラヴォーグ Verve/Universal UCCJ-2071
2009年10月7日 Runnin' Wild - Tribute To Benny Goodman ランニング・ワイルド〜トリビュート・トゥ・ベニー・グッドマン Verve/Universal UCCJ-2077
2010年9月22日 Forever Begins フォーエヴァー・ビギンズ Verve/Universal UCCJ-2083
2011年8月24日 Reminiscence レミニセンス Verve/Universal UCCJ-2090
2012年5月23日 Still Working スティル・ワーキング Verve/Universal UCCJ-2096
2012年7月18日 Because ビコーズ Verve/Universal UCCJ-2102
2012年7月18日 After Hours 2 アフター・アワーズ2 Verve/Universal UCCJ-2109
2013年8月14日 MOLTO CANTABILE モルト・カンタービレ Verve/Universal UCCJ-2111
2014年7月16日 Somethin' Blue サムシン・ブルー BLUE NOTE/Universal UCCQ-1016
2015年7月15日 SYNCOPATION HAZARD シンコペーション・ハザード BLUE NOTE/Universal UCCQ-1043
2015年10月14日 Best 2005-2015 ベスト 2005-2015 BLUE NOTE/Universal UCCQ-1048
2015年10月14日 The SPHÈRES: Live in OSAKA!! スフィアズ: ライヴ・イン・大阪!! BLUE NOTE/Universal UCCQ-1050
2016年7月13日 Guilty Pleasureu ギルティ・プレジャー BLUE NOTE/Universal UCCQ-2097

DVD[編集]

発売日 タイトル 和文タイトル レーベル 品番
2003年8月2日 Leaning Forward リーニング・フォワード 澤野工房 SDVD-002
2007年10月24日 Live In Tokyo ライヴ・イン・トーキョー Verve/Universal UCBJ-1004
2011年10月19日 Live In New York ライヴ・イン・ニューヨーク Verve/Universal UCBJ-1006
2014年12月17日 Live at Blue Note Tokyo ライブ・アット・ブルーノート東京 Universal UCXJ-1001

主な共演者[編集]

主な受賞歴[編集]

  • シスターズ・イン・ジャズ国際コンクール 優勝(主催:国際ジャズ教育者協会、2000年)
  • アウト・スタンディング・アワード受賞(主催:米ジャズ専門誌 ダウンビート、2000年)
  • 文化庁派遣 芸術家在外研修員(2001年)
  • HMV Jazz Awards 2003「HMV大賞(Record of The Year)」・「ベスト・ジャパニーズ・ジャズ・アルバム賞」(受賞作品:『When October Goes』)(2003年)
  • スイングジャーナル第39回ジャズ・ディスク大賞≪ニュー・スター賞≫(2005年度最優秀新人ジャズ・アルバム)(受賞作品:『Outside by the Swing』)(2005年)
  • スイングジャーナル第57回日本ジャズメン読者人気投票「アルバム・オブ・ザ・イヤー」第1位(受賞作品:『Lach Doch Mal』)(2006年)
  • スイングジャーナル第41回(2007年度)ジャズ・ディスク大賞≪日本ジャズ賞≫(受賞作品:『Abyss』)(2007年)
  • スイングジャーナル第58回日本ジャズメン読者人気投票「アルバム・オブ・ザ・イヤー」第1位(『受賞作品:Abyss』)(2007年)
  • 第23回日本ゴールドディスク大賞<ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー>(受賞作品:『After Hours』)(2009年)

著書[編集]

出演歴[編集]

テレビ
ラジオ

脚注[編集]

  1. ^ BIOGRAPHY - 山中千尋”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2013年1月25日閲覧。
  2. ^ 山中千尋. mnaviインタビュー. (インタビュー). Roland Music Navi.. http://mnavi.roland.jp/interview/200709_02.html 2013年1月25日閲覧。 

外部リンク[編集]