祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > 祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces
祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『[(an imitation) blood orange]
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
ロック
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位 (オリコン[2]Billboard Japan:Top Singles Sales[3])
  • 2012年4月度月間1位 (オリコン)
  • 2012年5月度月間14位 (オリコン)
  • 2012年度上半期12位 (オリコン)
  • 2012年度年間23位 (オリコン)

祈り 〜涙の軌道

End of the day
  • 週間11位 (Billboard Japan Hot 100[4])

pieces
  • 週間49位 (Billboard Japan Hot 100[4])
Mr.Children シングル 年表
かぞえうた
(2011年)
祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces
(2012年)
hypnosis
(2012年)
[(an imitation) blood orange] 収録曲
Happy Song
(10)
祈り 〜涙の軌道
(11)
Marshmallow day
(2)
End of the day
(3)
常套句
(4)
常套句
(4)
pieces
(5)
イミテーションの木
(6)
ミュージックビデオ
「祈り 〜涙の軌道」 - YouTube
テンプレートを表示

祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces」(いのり なみだのきどう/エンド オブ ザ デイ/ピーシーズ)は、Mr.Childrenの34枚目のシングル2012年4月18日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

前作「かぞえうた」から約1年ぶりのシングル。CDシングルのリリースは2008年9月3日発売の「HANABI」以来約3年7ヶ月ぶりとなる通算34作目のシングルであり、Mr.Children初のトリプルA面シングルとなっている。Special Interviewが封入。

ライブ・ビデオ『Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-』との同時発売で、ライブ・ビデオとの同時発売は2002年1月1日発売の22ndシングル「君が好き」以来約10年3ヶ月ぶりとなる。

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは、17.4万枚を売り上げ5thシングル「innocent world」から30作連続で初登場1位を獲得。発売当時、初動売上は1位を獲得したシングルの中で最低記録となり、累計売上も3rdシングル「Replay」以来31作ぶりに30万枚を下回った[6]

2012年度年間オリコンシングルチャートでは23位にランクイン。

収録曲[編集]

  1. 祈り 〜涙の軌道
    東宝/アスミック・エース配給映画『僕等がいた』前篇主題歌。
    発売に先駆けて3月17日から着うたフルで先行配信されており、RIAJ有料音楽配信チャートで4週連続1位を獲得したのは「遥か」(GReeeeN)以来通算2曲目となる。
    Mr.Childrenの楽曲では15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』収録曲である「エソラ」以来2年5ヶ月ぶりにPV(伊東玄己監督)が制作されている。
  2. End of the day
    歌詞には放送問題用語の一つである「乞食」が登場するため、ラジオオンエア用にその部分が省かれた「RADIO EDIT バージョン」が存在する[7]
    2009年までライブサポートを務めていたナオト・インティライミがコーラスで参加している。
    CDシングルのA面曲では、「」以来のノンタイアップ。
  3. pieces
    映画『僕等がいた』後篇主題歌。

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一般社団法人 日本レコード協会 | 各種統計 2012年4月度2014年1月7日閲覧。
  2. ^ 「祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces」Mr.Childrenオリコン芸能人事典)2014年1月7日閲覧。
  3. ^ Top Singles Sales Billboard Japan (2012年4月30日)
  4. ^ a b c Mr. Children - CHART HISTORY (Japan Hot 100) Billboard
  5. ^ 3/27付「着うたフル」レコ協チャートを公表 MUSICMAN-NET (2012年3月30日)
  6. ^ 年間ランキング特集『ミリオン8作! AKB48とMr.Childrenが2012年音楽シーンを牽引』 - ORICON STYLE(オリコン)・(2012年12月20日)2013年4月20日閲覧。
  7. ^ Mr.Childrenのシングル曲で放送問題用語が使われた曲は他に10thシングル「名もなき詩」がある。なお、「名もなき詩」では「僕はノータリン」の部分が「言葉では足りん」と差し替えられているが、同曲は省かれているだけで差し替えられてはいない。

外部リンク[編集]