ダーリン (桑田佳祐の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
桑田佳祐 > ダーリン
ダーリン
桑田佳祐シングル
初出アルバム『I LOVE YOU -now & forever-
B面 現代東京奇譚
THE COMMON BLUES 〜月並みなブルース〜
リリース
規格 12cmCD
12インチレコード
デジタル・ダウンロード
録音 2007年7月 - 11月 (#1,2)
2006年12月 (#3)
VICTOR STUDIO 401st
猫に小判スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
SPEEDSTAR RECORDS
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1〜3)
プロデュース 桑田佳祐
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[2]
  • 2007年12月度月間4位(オリコン)
  • 2007年度年間93位(オリコン)[3]
桑田佳祐 シングル 年表
風の詩を聴かせて
(2007年)
ダーリン
(2007年)
君にサヨナラを
2009年
I LOVE YOU -now & forever- 収録曲
ダーリン
(1)
現代東京奇譚
(2)
ミュージックビデオ
「ダーリン」 - YouTube
テンプレートを表示

ダーリン」(Darling)は、桑田佳祐の11枚目のシングル2007年12月5日発売。発売元はタイシタレーベル / SPEEDSTAR RECORDS

解説[編集]

前作「風の詩を聴かせて」から約3ヶ月半ぶりとなったシングル。2007年3枚目のシングルであり、同年に3作以上のシングルリリースが行われるのは、ソロとしては初めてのことである。前作同様、初回盤・通常盤の2パターンでの発売であった。初回盤には特典として「"Darling"トゥインクルバッジ」を封入している。

従来同様、初回限定生産でアナログ盤も同時発売、アナログ盤のみラッピングジャケット仕様である。本作での初回限定盤は、CDの他に特典のバッジを同様に包装した形となっているため、初回盤のみ2枚組CDのような仕様となっている。それまでサザン名義含め、CDの特典としてDVDなどが付属させられた例はないため、このような形態での発売は初めての試みとなる。

チャート成績[編集]

2007年12月15日付のオリコンチャートで初週9.4万枚を売り上げて、1位を獲得した。ソロシングルとしては、2001年発売の「波乗りジョニー」から6作連続・通算7作目の首位獲得となった。また、グループ出身の男性ソロ歌手としての通算7作目の首位獲得は氷室京介と並ぶ歴代1位タイ記録となった[4]

オリコンによる本作の登場回数は12回である[2]

収録曲[編集]

  1. ダーリン(4'41)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 / 弦編曲:桑田佳祐・片山敦夫 / 管編曲:桑田佳祐・山本拓夫
    自身出演のアサヒ飲料WONDA 圧力仕立て」「金の微糖」CMソング
    曲の舞台は横浜であり、歌詞の中にも本牧埠頭中華街(「チャイナタウン」と歌われる)、山手といった横浜の地名が登場する。桑田いわく"ド歌謡曲"なお祭りソング。発売当時のインタビューでは、学生時代にロック音楽が好きだった一方で歌謡曲に魅かれていたものの、それを曰く「馬鹿だったから」という理由で当時は周りに言えなかった事と、自身が年齢や音楽的キャリアを重ねた事で「だから今はもう自信を持ってね、歌手として日本人として声を大にして歌謡曲のファン、申し子であることをカミングアウトできるんです(笑)」といった事を若干の笑いを交えて語っている[5]
    発売から1ヶ月近く前となる同年11月16日に、テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』でテレビ初公開となり、サザン関連の楽曲がラジオ以外でこれほど早く公開されるのは異例のことであった。また、この2週前にはハラフウミとして桑田の妻である原由子も「夢を誓った木の下で」のプロモーションで出演した。なお、この年の『ミュージックステーションスーパーライブ』のトリは桑田となり、同年発売した「明日晴れるかな」の後、大トリとしてこの曲をフルコーラス歌唱した。原はこの曲にコーラスとして参加し、この年の桑田ソロ作品には初めてミュージシャンとしても参加している。
    PVには元AV女優夏目ナナが出演しており、全体の撮影も歌詞の舞台である横浜で行われた。
  2. 現代東京奇譚(5'08)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 / 弦・管編曲:斎藤ネコ
    映画『闇の子供たち』主題歌。
    桑田は映画のラッシュ(仮制作のフィルム)を見た上で歌詞を書いており、最初こそは内容が映画寄りになる事に戸惑ったものの、曰く「ものすごい吸引力がある映画だったから、大いに引っ張られました」とのこと[5]
    発売前後に行われた全国ツアー「呼び捨てでも構いません!!『よっ、桑田佳祐』SHOW」では演奏されなかったが、2008年のAAAライブイベント「昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦」では桑田作の楽曲としては唯一演奏された。
    表題曲と同様に歌謡曲を意識しており、桑田自身「果たしてこの曲は、あのとき(引用者注:上記AAAイベント)歌った〈ザ・ピーナッツ〉や〈欧陽菲菲〉など、僕が影響を受けてきた人達へのオマージュがいっぱい詰まっているといっても過言ではない」[6]と断言している。
  3. THE COMMON BLUES 〜月並みなブルース〜(5'58)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
    『ミュージックステーション』出演翌日に他の2曲より1週遅れでラジオ解禁された楽曲。仮タイトルは"大仏"。この曲のコード進行を同時進行で解説する歌詞となっており、桑田曰く「音楽をやっている人以外にはかなり歌詞が難解」とのことで、ラジオで恒例の歌詞朗読時には桑田自身がギターを持って歌詞の状況を説明していた。
    明日晴れるかな」などソロ楽曲の製作を始めた前年12月の所謂"合宿"の際にレコーディングが始まった楽曲。本作収録にあたり作り直しているため、この曲のみ参加ミュージシャンが若干異なっている。各楽器のソロパートを含む間奏が長く、演奏時間は6分近くにも及ぶ。

参加ミュージシャン[編集]

  • 現代東京奇譚
    • 桑田佳祐:Vocal, Chorus
    • 斎藤誠:Electric & Acoustic Guitars
    • 角田俊介:Bass
    • 成田昭彦:Drums, Percussion
    • 片山敦夫:Piano, Keyboards
    • 西村浩二:Trumpet
    • 菅坡雅彦:Trumpet
    • 横山均:Trumpet
    • 村田陽一:Trombone
    • 奥村晃:Trombone
    • 篠崎卓美:Trombone
    • 高桑英世:Flute, Piccolo
    • 岩佐和弘:Flute
    • 藤田乙比古:Horn
    • 勝俣泰:Horn
    • 朝川朋之:Harp
    • グレート栄田ストリングス:Strings
    • 斎藤ネコ:Orchestra Arrangement, Conductor
    • 角谷仁宣:Computer Programming
  • THE COMMON BLUES 〜 月並みなブルース〜
    • 桑田佳祐:Vocal, Chorus, Electric Guitar
    • 小倉博和:Electric Guitar
    • 琢磨仁:Bass
    • 鎌田清:Drums
    • 片山敦夫:Wurlitzer
    • 成田昭彦:Percussion
    • 西村浩二:Trumpet
    • 山本拓夫:Tenor Sax
    • 角谷仁宣:Computer Programming

収録アルバム[編集]

ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ レコード協会調べ 4月度有料音楽配信認定 日本レコード協会 2015年9月20日閲覧
  2. ^ a b ダーリン オリコン 2015年12月2日閲覧
  3. ^ 2007年年間シングルランキング91位〜100位 オリコン 2016年12月12日閲覧
  4. ^ 【オリコン】桑田佳祐、07年ソロ歌手初の年内3作1位! オリコン 2015年6月23日閲覧。
  5. ^ a b 桑田佳祐07 ソロワークス第3弾特設サイト
  6. ^ 『桑田佳祐 言の葉大全集 やっぱり、ただの歌詞じゃねえか、こんなもん』P206、新潮社、2012年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]