ROCK AND ROLL HERO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
桑田佳祐 > ROCK AND ROLL HERO
ROCK AND ROLL HERO
桑田佳祐スタジオ・アルバム
リリース
録音 2001年 - 2002年7月
VICTOR STUDIO
401st & 301st
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース 桑田佳祐
THE BALDING COMPANY
チャート最高順位
  • 週間2位(2週連続、オリコン
  • 2002年度年間22位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • 桑田佳祐 年表
    孤独の太陽
    1994年
    ROCK AND ROLL HERO
    (2002年)
    TOP OF THE POPS
    (2002年)
    『ROCK AND ROLL HERO』収録のシングル
    1. 東京
      リリース: 2002年6月26日
    ミュージックビデオ
    「ROCK AND ROLL HERO」 - YouTube
    テンプレートを表示

    ROCK AND ROLL HERO』(ロック・アンド・ロール・ヒーロー)は、桑田佳祐の3枚目のオリジナル・アルバムでもあり、本作に収録されている2曲目の楽曲名でもある。2002年9月22日発売。発売元はタイシタレーベル

    解説[編集]

    制作[編集]

    サザンオールスターズを一時休止した後に発表された。「バンドによる生音」をコンセプトに作られており、前年の「波乗りジョニー」や「白い恋人達」といったヒットシングルは収録されず、作風は1960年代から1970年代の洋楽ロックが中心である。これについては前年の二曲がヒットした事の嬉しさと同時に、「自分の中で〈まわっちゃった〉気がした」「また違うことがやりたくなった」「等身大の音楽が作りたくなった」事を述べており、自身の「等身大の音楽」の定義を「中高生のころの自分」とし、あまり時代性は意識しておらず、ロックを作ることに強くこだわったわけではない旨と「中高生のころの自分に向けて曲を作ろう」というテーマになっていった事も述べている[1]

    タイトルである「ROCK AND ROLL HERO」は、かつてアメリカイギリスなどの欧米のロックンロールに憧れていた桑田自身に対しての皮肉が込められたものである事が言及されている[2]

    2001年にボブ・ディランがアルバム『ラヴ・アンド・セフト』でグラミー賞を受賞した事と、それを受けて『地下室 (ザ・ベースメント・テープス)』(1975年)などを聴き始め、次第にディランとザ・バンドのような関係を意識するようになり、後述するバックバンドを従えてのスタイルでの制作をすることを考え始め、それを斎藤誠に相談をしたことがこのアルバムの制作のきっかけの一つとして挙げられている[3]

    サポートメンバーには「THE BALDING COMPANY(ザ・ボールディング・カンパニー)」というバンド名がつけられた。これはビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニーをもじったもので、「ボールディング」の部分は斎藤誠スキンヘッドであることにかけている[3]

    販売形態[編集]

    初回出荷分はスリーブケースが付いており、ジャケットは「白地に黒文字」と「黒地に白文字」の2タイプが発売されている。歌詞カードにある桑田の写真もそれぞれ違う。収録内容は同一。ケースの裏には、ジョン・レノンのアルバム『ジョンの魂』の裏ジャケットを彷彿とさせる桑田の幼少時の写真、CD表面には“ROCK AND ROLL HERO?”と投げかけるように疑問符がつけて印刷されているなど、桑田なりの遊び心も含まれている。なお、当初はこの「?」も正式にタイトルに含めようとしていたことが語られている。アナログ盤も追って10月10日に発売された。

    2001年のシングル曲に関しては、当初はそれらを軸にしたオリジナル・アルバムを作ろうとしたが時間的な理由で実現せず[4]、ベストアルバム『TOP OF THE POPS』に収録された。逆に「東京」および同シングルc/w「夏の日の少年」は未収録である。直後に発売されるベスト・アルバム『TOP OF THE POPS』とは、本人曰く「連作」である。そのために、『TOP OF THE POPS』のジャケットには『ex ROCK AND ROLL HERO』と書かれた看板が映っていると共に、本作から『TOP OF THE POPS』に収録された曲は無い。

    同年はソロでROCK IN JAPAN FESTIVALにも出演し、3年後の2005年にはサザンとしても出演した。

    評価[編集]

    音楽ライターの大畑幸子は「個人的に今作を聴いて、桑田佳祐のミュージシャンとしての、また日本人としてのアイディンティティを感じずにはいられない」と評している[2]

    また、大畑は作風に関しても「以前よりも柔軟性に富んでいる」「ロック・サウンドと日本語を対峙させた時に桑田から溢れ出した和の語り口が実に興味深い」と評しており、後者に関して桑田は「日本語をロックに当て込んでいくと、言葉自体もエッジの効いたゴツゴツしたものになっていく。活字で語るような感じになっていって、なんていうのかな・・・・かすり着物を1枚ずつ着ていくような、そんなの世界になっていくんですよ。それが自分でも不思議だった」と述べている[2]

    桑田はこのアルバムを制作したことに関して反省点が多かったと後に著書で述べており、特に「影法師」「BLUE MONDAY」「質量とエネルギーの等価性」について「僕なりのロジックが先行し過ぎた」と述べている[5]

    チャート成績[編集]

    本作はオリコン週間ランキングでは2位を獲得したが、累計64万枚(オリコン調べ)を記録した[6]

    受賞[編集]

    収録曲[編集]

    1. HOLD ON (It's Alright) (5:00)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:岩本えり子/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY
      アルバムリリース後の全国ツアー『けいすけさん、色々と大変ねぇ。』で1曲目として歌われた。ボブ・ディランを意識した作風で[1]、アルバム中でも最初に作られた曲であり、レコーディングの開始時からライブの1曲目で歌うことを見据えて制作された曲で、「僕のステージを見て頂戴」「僕のブルースを聞いて頂戴」という歌詞に現れている。桑田はこの曲について、「メッセージソングとはちょっと違っていて、歌で何かを変えてやろうではなく、大衆の声として。世の中の欺瞞や矛盾を皮肉ってみせる、というか」「感覚としてはクレイジー・キャッツの『おとなの漫画』に近い」「風刺というよりは酔っぱらいの愚痴みたいになっていたりもするんだけど、自分で言うのもナンだが、この曲は歌も演奏も素晴らしい」と語っている[8]
    2. ROCK AND ROLL HERO(4:40)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY/管編曲:山本拓夫
      自身出演のコカ・コーラ「No Reason」キャンペーンCMソング。
      当時世の中に流れていたニュースに刺激され作られた楽曲で[9]、歌詞は日本とアメリカの関係をパロディー的に表現したものになっており[3]、アメリカの音楽に刺激や影響を受けた桑田自身への自嘲が入り交じっているともいわれている[10]。また、「『NO』と言えぬまま、米国に追随する政治家がいるならば、彼等を選んだ我々国民も同罪」といった考えも語っている。歌詞で使われているコカ・コーラという単語は清涼飲料水ではなくドラッグの隠語の意味である。
      イントロのフレーズは桑田が斎藤誠に「中学生が試し弾きできるフレーズ」を求め、斎藤が簡単なフレーズを弾いたところ、「もうそれ!」と即座に決定したという[11]
      最後に聞こえる鳥が羽ばたく音は、マニピュレーターの角谷仁宣が朝方の公園で録音したものである[12]
      なお、前述のとおり桑田はアメリカの音楽の影響も受けており、アメリカの存在・文化や日米同盟そのものを全否定しているわけではない節を見せており、2006年のAct Against AIDSのチャリティーライブのテーマをアメリカン・ミュージックにしたり[13][14]東日本大震災を受けて在日米軍が行った「トモダチ作戦」に感動した事を自身のラジオで述べる側面も見せている[15][注 1]
      Suchmosのボーカルで桑田と同じ茅ヶ崎市出身のYONCEは、11歳の頃にこの曲を聴いて歌詞の社会性に感銘を受けたことを述べている[17]
      本作収録の新曲としては、唯一PVが存在している。内容は、レコーディング風景や同年初出演したROCK IN JAPAN FES.02でのライブ映像に音源を組み合わせたダイジェスト的なもの。このPVは、『桑田佳祐 ビデオクリップス 2001〜2002 D.V.D. WONDER WEAR』に収録された。
    3. 或る日路上で (3:48)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY)
      曲名の通り、或る日路上で起こった交通トラブルが歌詞になっている。桑田が「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」で述べた小川菜摘との交通トラブルが元になったとの噂は、桑田自身が否定している。
    4. 影法師
      (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY/弦編曲:島健
      コカ・コーラ「No Reason」キャンペーンソング。
      曲調から歌い方までジョン・レノンを強く意識しており、「ジョンが歌ったらこんな感じになるかな」という思考で制作された。
    5. BLUE MONDAY(4:48)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY)
      同じレコード会社所属で、青山学院大学の後輩であるLOVE PSYCHEDELICOが、コーラスとして参加している。ニュー・オーダーの『Blue Monday』との関連はない。
    6. 地下室のメロディ(3:4)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY)
    7. 東京(6:28)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY)
      8枚目のシングル。
    8. JAIL 〜奇妙な果実〜(3:42)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY)
      レコーディングに行き詰まった桑田が、スタッフにSMクラブに連れて行かれたときの情景が歌詞になっており、副題の奇妙な果実は、ビリー・ホリデイの楽曲から引用されているが、本作での“果実”とは、SMクラブで裸で吊るし上げにされた男性スタッフの陰部を指しており、ビリー・ホリデイのそれとはテーマがあまりにもかけ離れている。
    9. 東京ジプシー・ローズ(4:19)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY)
      タイトルの「ジプシー・ローズ」とはストリッパーを指している。
    10. どん底のブルース(4:55)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:桑田佳祐 & 小倉博和
      社会で起こっている問題を切り取り、ひたすらどん底の境遇に陥ったことを歌っている。大畑幸子は「自分の安泰や利益のためには犠牲もかえりみない、そんな社会のあり方を嘆き、自らもその中のひとりであることを認識しながら社会の矛盾を鋭く突いた歌詞は、悲痛な叫びとともに胸を切り裂くほど。衝撃的な1曲だ」と評価している[10]。後に桑田はこの曲の歌詞を「ちょっと青臭いかな」と自己評価している[18]
      発売年の年越しライブで演奏された際、3番の歌詞がこのアルバムの発売と同時期に表面化された北朝鮮による日本人拉致問題についての歌詞に変えて歌われた。
    11. 夏の日の少年(4:24)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY)
      シングル「東京」のカップリング曲。
      シングルバージョンと基本的に同じだが、一部ボーカルが別テイクである。
    12. 質量とエネルギーの等価性(5:40)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:桑田佳祐 & THE BALDING COMPANY)
      アルバムの流れである一昔前のロックではなく、21世紀型のロック的な曲。詞の内容は相対性理論で、一文一文は意味が通るが、詞全体を通してあまり深い意味は無い。歌詞中には、ケミカル・ブラザーズビートルズ、そして桑田本人の名前も登場する。
    13. ありがとう(4:09)
      (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:桑田佳祐 & 原由子/弦編曲:島健)
      伴奏はピアノとストリングスのみであり、このアルバムのコンセプトとは大きく異なる曲で、大畑幸子は「清らかな小学唱歌を思わせるクラシカルなナンバーだ」と評している[10]。歌詞には桑田を育んだ茅ヶ崎への思いや、自分に関わったすべての人たちへの感謝が綴られている[10]。冒頭の歌詞である「松の花咲く 砂の道」は桑田の母校、茅ヶ崎小学校の校歌の歌詞から引用したものである。アルバムのラストを飾るバラードとして、作曲・レコーディングも最後に行われた。リリース直後のツアーでは唯一演奏されなかった。それ以降のライブでも演奏されていない。桑田の楽曲としては実質初めてヘ長調で制作された。

    参加ミュージシャン[編集]

    HOLD ON (It's Alright)
    ROCK AND ROLL HERO
    • 斎藤誠:Electric & Acoustic Guitars, Hand Clap
    • 角田俊介:Bass, Hand Clap
    • 小田原豊:Drums, Hand Clap
    • 片山敦夫:Piano, Hand Clap
    • 山本拓夫:Tenor & Baritone Sax, Flute
    • 桑田佳祐:Vocal, Chorus
    • 角谷仁宣:, Computer Operation
    或る日路上で
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 角田俊介:Bass
    • 小田原豊:Drums
    • 片山敦夫:Wurlitzer
    • 桑田佳祐:Vocal, Acoustic Guitar & Chorus
    • 角谷仁宣:Mono Synthesizer, Computer Operation
    影法師
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 角田俊介:Bass
    • 小田原豊:Drums
    • 片山敦夫:Piano
    • 金原千恵子ストリングス:Strings
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar Solo & Chorus
    • 角谷仁宣:Computer Operation

    BLUE MONDAY
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 角田俊介:Bass
    • 河村智康:Drums
    • 片山敦夫:Vox Organ
    • 成田昭彦:Percussion
    • KUMI(LOVE PSYCHEDELICO):Chorus, Shout
    • 佐藤直樹(LOVE PSYCHEDELICO):Shout
    • SHANTI:Shout
    • 加藤茂:Shout
    • 藤原正剛:Shout
    • 山門雅代:Shout
    • 米谷秀人:Shout
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitars & Chorus
    • 角谷仁宣:Computer Operation
    地下室のメロディ
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 角田俊介:Bass
    • 河村智康:Drums
    • 片山敦夫:Vox Organ
    • 小田原豊:Tambourine
    • 桑田佳祐:Vocal, Acoustic Guitar & Chorus
    • 角谷仁宣:Mono Synthesizer, Computer Operation
    東京
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 角田俊介:Bass
    • 河村智康:Drums
    • 片山敦夫:Piano
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar (Including Solo) & Chorus
    • 角谷仁宣:Computer Operation
    JAIL 〜奇妙な果実〜
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 角田俊介:Bass
    • 小田原豊:Drums
    • 片山敦夫:Hammond Organ
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar, Keyboards & Chorus
    • 角谷仁宣:Computer Operation

    東京ジプシー・ローズ
    • 斎藤誠:Electric Guitar, Chorus
    • 角田俊介:Bass
    • 小田原豊:Drums
    • 片山敦夫:Wurlitzer
    • 山本拓夫:Flute
    • 桑田佳祐:Vocal, Chorus
    • 角谷仁宣:Computer Operation
    どん底のブルース
    夏の日の少年
    • 斎藤誠:12st Electric Guitar
    • 角田俊介:Bass
    • 河村智康:Drums
    • 片山敦夫:Hammond Organ
    • 桑田佳祐:Vocal, Acoustic Guitar, Harmonica & Chorus
    • 角谷仁宣:Computer Operation
    質量とエネルギーの等価性
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 角田俊介:Bass
    • 河村智康:Drums
    • 片山敦夫:Vox Organ
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar & Chorus
    • 角谷仁宣:Noise, Computer Operation
    ありがとう
    • 原由子:Piano
    • 金原千恵子ストリングス:Strings
    • 桑田佳祐:Vocal, Chorus
    • 角谷仁宣:Computer Operation

    参考文献[編集]

    • 別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐 角川書店、2002年
    • 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P103 - 109・p140 新潮社、2012年

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 桑田は震災から2か月後の2011年5月28日に原由子と共に宮城県を訪れ、「トモダチ作戦」の拠点にもなっていた仙台空港を視察しており、原も当時朝日新聞夕刊で連載していたコラム「あじわい夕日新聞」の中で、現地住民や自衛隊米空軍の尽力により空港の復旧が進んだ旨を記したうえで、復旧に尽力した人々の事を思い胸が熱くなった事を述べていた[16]

    出典[編集]

    1. ^ a b 桑田佳祐 インタビュータワーレコードオンライン
    2. ^ a b c ALBUM REVIEW
    3. ^ a b c 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』p104 – 105 新潮社、2012年
    4. ^ Pen」 2017年 09月01日号 No.435 p60より
    5. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』p107 – 109 新潮社、2012年
    6. ^ 桑田佳祐 オリコンスタイル 2015年11月25日閲覧。
    7. ^ 第17回日本ゴールドディスク大賞 日本ゴールドディスク大賞 2017年3月18日閲覧
    8. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』p140 新潮社、2012年
    9. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信 vol.137 12ページより
    10. ^ a b c d SONGS REVIEW
    11. ^ 関ジャム 完全燃SHOW 2016年11月6日放送TVでた蔵
    12. ^ 「Pen」 2017年 09月01日号 No.435 p38より
    13. ^ 桑田佳祐、アメリカン・ミュージックが炸裂したAAAライヴ BARKS
    14. ^ Act Against AIDS 2006 桑田佳祐 「星条旗よ永遠なれ!?〜私のアメリカン・ヒーローズ」 sas-fan.net
    15. ^ TOKYO FM桑田佳祐のやさしい夜遊び」2012年7月7日放送分より
    16. ^ 原由子『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』P110、朝日新聞出版、2013年
    17. ^ 「Pen」 2017年 09月01日号 No.435 p88より
    18. ^ TOKYO FM桑田佳祐のやさしい夜遊び」2012年6月2日放送分より
    [ヘルプ]


    外部リンク[編集]