出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(わ)

  • 万葉仮名では「わ」音を表す。また、ひらがな「」の元になった漢字。
  • 調和平和均衡、争わないこと。和議。以和為貴(「和を以って貴しと為す」、十七条憲法第一条)、など。和の文化も参照。
  • 日本
  • 東海の外で太陽を産んだと伝えられる羲和の、その子孫が継承した帝の時の天地春夏秋冬四時の官名。江戸時代の官学にも使用された南宋の史書の一つである『通志』-氏族略には、「羲和、堯時掌時天地之字、和仲、和叔因以為氏」と記されている。司馬遷の『史記』五帝本紀と夏本紀でも、和氏は羲氏とともに帝の時代から天文を司り、王朝の中康の時代に職務を怠ったために征伐されたとされている。
  • 地域・地理
    • 奈良県を意味する略語。旧国名大和から1文字取ったもの。奈良県内の地域名に用いる。北和中和南和西和(それぞれ奈良県北部、中部、南部、西部地域の意)など。なお、奈良県を他府県と並列するときの略称には「奈」を用いる(「阪奈」「京奈」など)。
    • 和歌山県を意味する略語。来和(和歌山県に県外からの来客があることの意で、同県内のマスメディアが用いる)、阪和(大阪府と和歌山県の意で、例えば阪和線阪和自動車道)など。
    • 日本の自動車のナンバープレートのかつての地名表示の一つ。現在の「和歌山」ナンバーにあたる。
  • 数学

(やわら)

  • 北海道雨竜郡北竜町の中心集落。北竜町 和。かつて、日本国有鉄道札沼線の和駅があった。北竜町役場などがある。
  • 柔術の異称の一つ。

(かのう)

(なごみ)

(まさ)