“LAST GIGS”

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
“LAST GIGS”
LIVE AT TOKYO DOME "BIG EGG" APRIL 4,5 1988
BOØWYライブ・アルバム
リリース
録音 1988年4月4日 - 4月5日
東京ドーム
ジャンル ロック
時間
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
プロデュース 糟谷銑司
小泉洋
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1988年度年間8位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • BOØWY 年表
    MORAL+3
    (1988年)
    “LAST GIGS”
    (1988年)
    “SINGLES”
    (1988年)
    テンプレートを表示

    “LAST GIGS”』(ラスト・ギグス)は、日本ロックバンドであるBOØWY(ボウイ)の2枚目のライブアルバム

    背景[編集]

    • 1988年4月4日、5日に行われたBOØWYの最終公演である「“LAST GIGS”」の模様を収録している。
    • 正式名称は、『“LAST GIGS” LIVE AT TOKYO DOME "BIG EGG" APRIL 4,5 1988』(ラスト・ギグズ・ライブ・アット・東京ドーム"ビッグエッグ"-)である。
    • メンバー曰く、「『“LAST GIGS”』には解散興行の意図はなく、あくまでBOØWYは前年12月24日渋谷公会堂のライブにて解散しており、このライブでは再結成という意味合いで、同窓会・最後のお祭り騒ぎ的なライブである」という。ギャラはメンバー1人あたり1000万円だった。

    録音[編集]

    • 1988年4月4日4月5日の2日間に渡って東京ドームにて行われた解散ライブの模様を収録しているという触れ込みだが、収録されているのはすべて4月5日の演奏。
    • 氷室のMCはほとんどカットされており、楽曲も実際には23曲演奏されているが、本作には12曲しか入っていない。

    リリース[編集]

    • 初回特典はモノクロピンナップと正方形のステッカーで、CDに封入できないサイズのためか店頭配布だった。
    • 2001年にはDVD化(『"LAST GIGS" (Video)』参照)された。但しライブが完全収録されたわけではなく、本作の楽曲分のみが映像化されている。DVDでは新たにリミックスを施し、「PROLOGUE」、「WORKING MAN」前と「DREAMIN'」後のMCが追加された。DVDには当時のコンサートパンフレット縮小復刻版が付属していた。
    • 2008年に全曲を収録した完全版『“LAST GIGS” COMPLETE』としてDVD、CDが発売された。曲目は4月5日公演に準拠している[1]。また、これに統合される形で本作は廃盤になった[2]。そのため、「BOØWY 30th ANNIVERSARY」の際に行われた、BOØWY各アルバムのブルースペックCD化の企画も、本作ではなく『“LAST GIGS” COMPLETE』の方で行われ、再発売されていない。

    リリース履歴[編集]

    No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
    1 1988年5月3日 東芝EMI/イーストワールド LP
    CD
    CT
    RT28-5200 (LP)
    CT32-5200 (CD)
    ZT28-5200 (CT)
    1位 初回特典としてモノクロピンナップ、ステッカー付属
    2 1991年12月24日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-6397 2位 CD-BOXBOØWY COMPLETE LIMITED EDITION』収録
    3 1993年3月3日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-6397 3位 CD-BOX『BOØWY COMPLETE REQUIRED EDITION』収録
    4 2002年3月29日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-24797 14位 CD-BOX『BOØWY COMPLETE 21st CENTURY 20th ANNIVERSARY EDITION』収録
    20ビット・デジタルリマスター
    5 2005年2月16日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-25615 - 24ビット・デジタル・リマスター盤
    “LAST GIGS” COMPLETE』リリース後に廃盤

    収録曲[編集]

    A面[編集]

    1. B・BLUE (4:11)
    2. DRAMATIC?DRASTIC! (3:44)
      • 作詞:高橋まこと 作曲:布袋寅泰
    3. MARIONETTE (3:38)
      • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    4. わがままジュリエット (4:50)
      • 作詞・作曲:氷室京介
    5. LONGER THAN FOREVER (4:04)
      • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    6. CLOUDY HEART (4:16)
      • 作詞・作曲:氷室京介

    B面[編集]

    1. WORKING MAN (2:48)
    2. IMAGE DOWN (4:30)
      • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    3. BEAT SWEET (4:20)
      • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    4. NO.NEW YORK (4:18)
      • 作詞:深沢和明 作曲:布袋寅泰
    5. ONLY YOU (4:31)
      • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    6. DREAMIN' (4:45)
      • 作詞:布袋寅泰・松井五郎 作曲:布袋寅泰

    スタッフ・クレジット[編集]

    BOØWY

    スタッフ

    • 糟谷銑司(ユイ・ロック・プロジェクト、IRC 2) - プロデューサー
    • 小泉洋(東芝EMI) - プロデューサー
    • 子安次郎(東芝EMI) - ディレクター
    • 坂元達也 - レコーディング、ミキシング・エンジニア
    • 土屋浩(ユイ・ロック・プロジェクト) - チーフ・マネージャー
    • 鈴木よしのり(ユイ・ロック・プロジェクト) - セカンド・マネージャー
    • 関口みつのぶ(ユイ・ロック・プロジェクト、IRC 2) - セカンド・マネージャー
    • 市川訓由 (2001 CREATE) - ステージ・デザイナー
    • 江坂俊彦 (2001 CREATE) - ステージ・ディレクター
    • 長南徹 (MAPLE) - ステージ・ディレクター
    • 森山朝雄(ユイ・ステージ・サービス) - PAエンジニア
    • 北山幸弘(ユイ・ステージ・サービス) - PAモニター
    • KOJI SASAKI (LIGHTING VERSION) - ライティング・デザイン、オペレート
    • 永石勝 - アート・ディレクター
    • 園木和彦 - 写真撮影
    • ZEMPAKU SUZUKI & B・BI STUDIO - デザイナー
    • TOHRU UENO - オブジェクト・プロダクション
    • 後藤由多加(ユイ音楽工房) - エグゼクティブ・プロデューサー
    • 石坂敬一(東芝EMI) - エグゼクティブ・プロデューサー
    • ジャン・ポール・ゴルチェ - コスチューム

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 一部4月4日公演を収録。
    2. ^ ただし、iTunes Music Storeではダウンロード形式で2018年現在も入手することは可能である。