“GIGS” JUST A HERO TOUR 1986

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
“GIGS” JUST A HERO TOUR 1986
BOØWYライブ・アルバム
リリース
録音 1986年7月2日
日本武道館
ジャンル ロック
時間
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
プロデュース 糟谷銑司
チャート最高順位
ゴールドディスク
BOØWY 年表
JUST A HERO
1986年
“GIGS” JUST A HERO TOUR 1986
(1986年)
BEAT EMOTION
(1986年)
テンプレートを表示

“GIGS” JUST A HERO TOUR 1986』(ギグス・ジャスト・ア・ヒーロー・ツアー 1986)は、日本ロックバンドであるBOØWYの1枚目のライブアルバム

録音[編集]

  • BOØWY初のライブアルバムで、1986年7月2日の初の日本武道館公演を収録したという事になっているが、実際に当日の日本武道館での演奏が収録されたのは、「PROLOGUE」(SE)、「BAD FEELING」、「ROUGE OF GRAY」、「IMAGE DOWN」、「JUST A HERO」の5曲にとどまっており、それ以外の曲は同ツアーの他会場での音源で、ボーカル・コーラスの一部差し替えやキーボードの音、観客の歓声等がオーバーダビングされている曲もある。これは「オーバーダビングをきちんと施すことによって、よりグレードの高い作品にしたい」というメンバーの希望からである。
  • 「IMAGE DOWN」演奏中に氷室京介が言った「ライブハウス武道館へようこそ」というフレーズが有名。
  • 当初からメンバーの意向で武道館公演と同じ7月中での発売日が先に設定された為(但し製品の発売日表記は「H・8・22」(1986年8月22日)になっている)、予め収録曲も決定した上でライヴ翌日からスタジオでのオーバーダビングとミキシング作業が開始された。
  • 発売時はCDレコードカセットの3形態で「合計」10万枚限定で発売され[1]、即完売した。完売後、特にBOØWY解散直後は、限定盤ということもあり、レンタルレコード店にもほとんど置かれていなかったため、中古レコード店ではプレミア価格での取引が行われており(特にCD盤は、コンディションによっては10万円以上の価格が付けられたこともある)、この状況により1989年12月の再発売が行われた。但し、再発盤は通常のプラケースに入れた形で、ジャケットもオリジナルの内ジャケットをベースにしたもので発売された。

アートワーク[編集]

  • 1986年のオリジナル盤は、LPサイズの5面開きの箱に音源とブックレット等が収納される特殊パッケージで、当時の通常価格(LP・カセットは2,800円、CDは3,200円)に対しLP・カセットは3,200円、CDは3,600円とそれぞれ400円増の価格設定がされた[2]。このパッケージは各媒体での色がそれぞれ異なっており(LPは緑色、カセットは赤色、CDは紫色。2012年に発売された『“GIGS” JUST A HERO TOUR 1986 NAKED』は、LP盤の緑色の外箱の色のデザインがアルバムジャケットとして採用された)が、中のアルバムカバー自体は共通のデザインが使われた。但し、オリジナル盤は「BOØWY」のバンド名と「GIGS」の文字の字体が再発盤とは異なっている(現在流通している再発盤はパッケージの表記と基本的には同じ)。
  • CDのみLP・カセットにある「ホンキー・トンキー・クレイジー」と「わがままジュリエット」の間のA・B面のフェイドアウト、フェードインがない。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1986年7月31日 東芝EMI/イーストワールド LP
CD
CT
T32-1095
CA36-1279
ZH32-1712
- 10万枚限定
2 1989年12月24日 東芝EMI/イーストワールド CD
CT
TOCT-5610
TOTT-5610
1位
3 1991年12月24日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-6394 2位 CD-BOXBOØWY COMPLETE LIMITED EDITION』収録
4 1993年3月3日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-6394 3位 CD-BOX『BOØWY COMPLETE REQUIRED EDITION』収録
5 2002年3月29日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-24794 14位 CD-BOX『BOØWY COMPLETE 21st CENTURY 20th ANNIVERSARY EDITION』収録
20ビット・デジタルリマスター
6 2005年2月16日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-25612 - 24ビット・デジタル・リマスター盤
7 2012年12月24日 EMIミュージック・ジャパン/イーストワールド Blu-spec CD2 TOCT-98003 90位

収録曲[編集]

A面[編集]

  1. PROLOGUE (3:31)
    1986年7月2日の日本武道館公演より。オープニングSEでテープ演奏の為、実際の演奏ではない。
  2. BAD FEELING (5:03)
    1986年7月2日の日本武道館公演より。キーボードがオーバーダビングされている。
  3. ROUGE OF GRAY (2:38)
    • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    1986年7月2日の日本武道館公演より。
  4. BLUE VACATION (3:05)
    • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    録音日不明。
  5. JUSTY (3:40)
    • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    録音日不明。
  6. BABY ACTION (3:05)
    • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    録音日不明。
  7. ホンキー・トンキー・クレイジー - HONKEY TONKEY CRAZY (4:31)
    • 作詞・作曲:BOØWY
    録音日不明。オリジナル・シングルでの英語表記は「HONKY TONKY CRAZY」となっている。キーボードがオーバーダビングされている。

B面[編集]

  1. わがままジュリエット - WAGAMAMA JULIET (4:46)
    • 作詞・作曲:氷室京介
    1986年5月1日の高崎市文化会館公演より。ビデオ『BOØWY VIDEO』収録のものをリミックスしている。
  2. DREAMIN' (3:53)
    録音日不明。キーボードがオーバーダビングされている。
  3. IMAGE DOWN (3:48)
    • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    1986年7月2日の日本武道館公演より。キーボードと観客の声がオーバーダビングされている。当日の演奏より短く編集されており、曲中での氷室のMCや布袋・松井・高橋のコーラスの一部がカットされている。
  4. NO.NEW YORK (4:05)
    • 作詞:深沢和明 作曲:布袋寅泰
    1986年5月25日の大阪厚生年金会館公演より。キーボードがオーバーダビングされている。
  5. JUST A HERO (7:11)
    • 作詞:氷室京介 作曲:布袋寅泰
    1986年7月2日の日本武道館公演より。キーボードがオーバーダビングされていて、氷室のボーカルと布袋・松井・高橋のコーラスの一部が差し替えられている。

スタッフ・クレジット[編集]

BOØWY

スタッフ

  • 糟谷銑司(ユイ・ロック・プロジェクト) - プロデューサー
  • 子安次郎(東芝EMI) - ディレクター
  • 土屋浩(ユイ・ロック・プロジェクト) - マネージャー
  • マイケル・ツィマリング - レコーディング・エンジニア
  • 岡崎ヨシオ - マスタリング・エンジニア
  • 森山朝雄(ユイ・ステージ・サービス) - PAエンジニア
  • 北山幸弘(ユイ・ステージ・サービス) - PAモニター
  • KOHSHIRO TONOMURA (2001 CREATE) - ステージ・ディレクター
  • KOHJI SASAKI (Lighting Version) - ライティング・デザイン、オペレート
  • BOØWY & ALL STAFF - ステージ・デザイン
  • 俳優座 - ステージ・プロデュース
  • 武永竜二(Gramme's) - コスチューム
  • 早川タケジ - コスチューム
  • カッツ三宅 (JC・DIF 5008) - アート・ディレクション、デザイン
  • 加藤正憲 - 写真撮影
  • YUKIKO KOBAYASHI (Tracy Studio) - スタイリスト

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その大半はレコードで、特に1986年当時まだ一般的でなかったCDはプレス枚数が少ない。
  2. ^ 5面開きパッケージはエルヴィス・コステロの『アームド・フォーセズ』のイギリス盤がイメージとしてあったと思われる。