IMAGE DOWN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IMAGE DOWN
BOØWY楽曲
収録アルバム MORAL
リリース 1982年3月21日
規格 LP
ジャンル ロック
時間 3分02秒
レーベル ビクターInvitation
作詞者 氷室狂介(京介)
作曲者 布袋寅泰
プロデュース 渡辺モリオ(マライア
その他収録アルバム
MORAL収録曲
A面
  1. 「INTRODUCTION」
  2. IMAGE DOWN
  3. 「SCHOOL OUT」
  4. 「ÉLITE」
  5. 「GIVE IT TO ME」
  6. NO N.Y.
B面
  1. 「MASS AGE」
  2. 「WATCH YOUR BOY」
  3. 「RATS」
  4. 「MORAL」
  5. 「GUERRILLA」
  6. 「ON MY BEAT」
  7. 「ENDLESS」

IMAGE DOWN」(イメージ・ダウン)は、日本ロックバンドであるBOØWYの楽曲。

作詞は氷室狂介(京介)、作曲・編曲は布袋寅泰

1982年にリリースされたBOØWYのファースト・アルバム、『MORAL』に収録されている。

解説[編集]

BOØWY結成直後に作られた曲で、解散までのほぼ全てのライブで欠かさず演奏され、代表曲となっている。 歌詞の内容は複数の異性と付き合う少女を揶揄したものとなっており、パンク色の強かった時期に制作されたためパンク・ロックを思わせる仕上がりとなっている。 曲が完成した初期の頃は歌詞が異なり、「かっこいいわねマリーの彼氏と」の出だしと「自慢じゃないけどいつでも私は」の出だしの二つのバージョンが存在する。

ライブでは間奏の「IMAGE DOWN」の部分を客に歌わせるのが恒例となっており、ライブ・アルバム『“GIGS” JUST A HERO TOUR 1986』(1986年)ではその最中に氷室が「ライブハウス武道館へようこそ」とMCをしている。このライブバージョンは1986年7月2日の日本武道館公演の音源であり、ベストアルバム『THIS BOØWY』(1998年)にも収録されているが、元の音源よりも演奏時間が短く編集されており、さらには曲中で聴こえてくる氷室のMCや布袋のコーラスの一部がカットされている。また、『“GIGS” JUST A HERO TOUR 1986』のミックス作業時に、客の声が少ないとの理由から、BOØWYメンバーとスタッフが原宿のスタジオ付近で若者に声をかけ、集まった10人程の「IMAGE DOWN」の掛け声をダビングして使用している。さらに、後からキーボードの音などを追加しミックスしている[1]

参加ミュージシャン[編集]

ライブ版[編集]

カバー作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ B to Y THERE'S NO BEGINNING AND THE ENDS.(2002年、宝島社ISBN 4-7966-4240-4 より