わがままジュリエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
わがままジュリエット
BOØWYシングル
初出アルバム『JUST A HERO
B面 BEGINNING FROM ENDLESS
〜GIVE IT TO ME (LIVE VERSION)
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ロック
時間
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
作詞・作曲 作詞・作曲:氷室京介
プロデュース 布袋寅泰
チャート最高順位
BOØWY シングル 年表
BAD FEELING
1985年
わがままジュリエット
1986年
B・BLUE
(1986年)
テンプレートを表示

わがままジュリエット』は、日本のロックバンドであるBOØWYの3枚目のシングル

背景[編集]

当初レコード会社側は、前年にリリースされたシングル「BAD FEELING」のB面曲であった「NO.NEW YORK」を改めてシングルA面としてリリースする計画を立てた。しかし、メンバーの間では既にリリース済みの楽曲を再びリリースする事は気が進まず、ボーカルの氷室京介が「もっといい曲を書くからもう少し待ってほしい」とレコード会社側に伝え、その後に作成されたという経歴を持つ。

また、アルバム制作の過程で、レコード会社はシングル候補曲としてロックバンドらしい『JUST A HERO』(1986年)収録の「ROUGE OF GRAY」を推していたが、メンバーの意向によりこの曲が選ばれた。

布袋寅泰が当時の妻である山下久美子のレコーディングに参加していたこともあり、この曲の作曲に当たっては氷室が初めて4chMTRにより打ち込みやフルパートの演奏を自ら行ってデモテープを作成した。

プロモーション[編集]

BOØWYとして初の本格的なミュージック・ビデオが作成された他、初めて全国ネットのTV番組『オールナイトフジ』(1983年 - 1991年フジテレビ系列)、『夜のヒットスタジオDELUXE』(1985年 - 1989年、フジテレビ系列)を中心としたテレビ出演等のプロモーション活動を行っている。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1986年2月1日 東芝EMI/イーストワールド EP WTP-17818 39位
2 1989年5月24日 東芝EMI/イーストワールド 8センチCD XT10-2354 -
3 2013年2月27日 EMIミュージック・ジャパン/イーストワールド ブルースペックCD2 TOCT-98022 - 『BOØWY SINGLE COMPLETE』収録

収録曲[編集]

  1. わがままジュリエット (4:34)
    BOØWY初の本格的なビデオ・クリップとして制作された(それ以前に『NO.NEW YORKでレコード店販促用のビデオ・クリップが製作されたが、こちらはベルリンの街中をメンバーが歩いていたり、レコーディング風景やロンドンのマーキー・クラブでのライヴを断片的に集めたもの)。監督は映像ディレクターの前嶋輝。ストーリーとしては少女が森の中の洋館に迷い込み、封印された本を読んだことで命の危険にさらされるが、一命を取り留めるという物で、BOØWYのメンバーは氷室はビデオの所々に登場するが、他の3人は終盤のそれぞれ演奏しているワンシーンしか登場しない。
    当時にテレビ放映された他、ライブビデオ『BOØWY VIDEO』(1986年)にも一部収録されている。その後、フルバージョンがビデオ『SINGLES OF BOØWY』(1991年)に収録された。オリジナルはフェードアウトだが、ビデオではフェードアウトすることなく、最後まで演奏されている。ビデオバージョンはCD化されていない。
    ライブでは、シンセやBメロのコーラス・サビのハモリのパート(氷室)をMTRで流しているため、ドラムの高橋まことヘッドフォンをしてクリックを聞きながら演奏している。
  2. BEGINNING FROM ENDLESS (3:16)
    • 作曲・編曲:布袋寅泰
    布袋作曲のインストゥルメンタル曲であり、本シングルではライブ音源を収録している。1984年頃からライブの前奏として使用されていたオープニングSEであり、1985年のライブツアー「BOØWY'S BE AMBITIOUS」まで使われていた。後半部分にアルバム『MORAL』(1982年)に収録されている楽曲「ENDLESS」のフレーズが登場する。
  3. 〜GIVE IT TO ME (LIVE VERSION) (4:07)
    • 作詞・作曲:氷室京介 / 編曲:布袋寅泰
    ファーストアルバム『MORAL』収録曲。本シングルでは「BOØWY'S BE AMBITIOUS」ツアーで演奏されたライブ音源が収録されており、1986年以降のライブでもこのバージョンで演奏されていた。「MORAL」に収録されている物とはアレンジが全く異なっているだけでなく、オリジナルにはない歌詞も含まれている。また、エンディング付近で聴こえるギターの音色は、「MY HONEY」のイントロ部分。

スタッフ・クレジット[編集]

BOØWY

スタッフ

  • 布袋寅泰 - サウンド・プロデューサー
  • 佐久間正英 - サウンド・アドバイザー
  • マイケル・ツィマリング - レコーディング・エンジニア
  • 小野誠彦 - レコーディング・エンジニア、マスタリング・エンジニア
  • 糟谷銑司(ユイ・ロック・プロジェクト) - プロダクション・プロデューサー
  • 子安次郎(東芝EMI) - レコーディング・ディレクター
  • 土屋浩(ユイ音楽工房) - プロダクション・マネージャー
  • 後藤由多加 - エグゼクティブ・プロデューサー
  • 石坂敬一 - エグゼクティブ・プロデューサー

ライブ版[編集]

わがままジュリエット

カバー作品[編集]