Case of HIMURO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Case of HIMURO
氷室京介ベスト・アルバム
リリース
録音 1988年 - 2003年
ジャンル ロック
ポップス
ポップ・ロック
時間
レーベル 東芝EMICapitol Records
プロデュース 氷室京介
チャート最高順位
氷室京介 アルバム 年表
Ballad〜La Pluie
2001年
Case of HIMURO
2003年
Follow the wind
(2003年)
EANコード
テンプレートを表示

Case of HIMURO』(ケース・オブ・ヒムロ)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の4作目のベスト・アルバム

2003年3月19日東芝EMICapitol Recordsレーベルからリリース。

ポリドール・レコードからの移籍第一弾としてリリースされ、『Ballad〜La Pluie』(2001年)以来およそ1年半ぶりとなるベスト・アルバムである。

マスタリングはアメリカ合衆国のマーカソン・マスタリングにてスティーブン・マーカソンによって行われた。

ソロデビューシングル「ANGEL」(1988年)から8枚目のアルバム『MELLOW』(2000年)に至るまで、12年分のシングルおよびアルバムから選曲されている他、BOØWY時代の曲である「ハイウェイに乗る前に」(1985年)、「CLOUDY HEART」(1985年)、「わがままジュリエット」(1986年)やソロ曲「ANGEL」のセルフカバーが収録されている。

オリコンチャートでは最高位7位となった。

背景[編集]

9枚目のオリジナル・アルバムBeat haze odyssey』(2000年)リリース後、氷室は「KYOSUKE HIMURO TOUR 2000 "BEAT HAZE ODYSSEY"」と題したコンサートツアーを同年10月18日の結城市民文化センターアクロスからツアーファイナルとなった12月31日国立代々木競技場 第二体育館公演まで、21都市全36公演を実施した[1][2]

2001年9月27日には初のバラード・ベスト・アルバム『Ballad〜La Pluie』をリリース、またシングル「Girls Be Glamorous」(2001年)のカップリング曲であった「REVOLVER」がテレビ朝日系列ドキュメンタリー番組たけしの万物創世紀』(1995年 - 2001年)のエンディングテーマとして使用された[3]。しかし、同年はそれ以外では目立った活動はない状態となった[3]

2002年10月に氷室は「BeatNix」レーベルを擁していたポリドール・レコードから離脱し古巣の東芝EMIに移籍する事を発表[3]。東芝EMI所属のディレクターであった子安次郎は氷室との共同作業を望んでいた事もあり、氷室が共住しているロサンゼルスの自宅を訪れる事となった[4]。子安は過去数年間の出来事や日本の音楽業界の状況などを語っていたところ、氷室から次作アルバムの前に15周年という区切りで過去作品の集大成をリリースする事を要望され、本作のリリースが決定した[4]

構成[編集]

下記のシングルおよびアルバムから選曲されている。なお、シングル「MISTY〜微妙に〜」(1989年)、「Good Luck My Love」(1992年)、「SLEEPLESS NIGHT 〜眠れない夜のために〜」(1999年)、「永遠 〜Eternity〜」(2000年)、「炎の化石」(2000年)、「Girls Be Glamorous」(2001年)およびアルバム『Beat haze odyssey』(2000年)のアルバム曲は収録されていない。新録曲は全てロサンゼルスでレコーディングされた[4]。「ANGEL2003」に関して子安は、ライブでの実績により同曲が進化してきた事を感じたと述べた他、歌詞やサウンドが尖ったものになっていた事や世界の音楽情勢が変化していたためそれらを取り込んだ形にしたい欲求が氷室にあったのではないかと推測している[4]。また「ANGEL2003」のレコーディングでは15年前のテンションの高いボーカルに勝つことが出来ず、ボーカル録りに時間が掛かったという[5]

シングル
アルバム
  • BOØWY』(1985年) - 「ハイウェイに乗る前に」、「CLOUDY HEART」(初回限定盤のみ)
  • FLOWERS for ALGERNON』(1988年) - 「ANGEL」、「LOVE&GAME」、「ROXY」、「ALISON」
  • NEO FASCIO』(1989年) - 「COOL」、「CALLING」
  • Higher Self』(1991年) - 「WILD AT NIGHT」、「MOON」
  • Memories Of Blue』(1993年) - 「Memories Of Blue」、「RAINY BLUE」
  • SHAKE THE FAKE』(1994年) - 「SHAKE THE FAKE」
  • MISSING PIECE』(1996年) - 「PLEASURE SKIN」
  • I・DE・A』(1997年) - 「NO MORE FICTION」
  • MELLOW』(2000年) - 「Silent Blue」

リリース[編集]

2003年3月19日東芝EMICapitol Recordsレーベルからコンパクトディスク2枚組でリリースされた。初回限定盤は特殊な紙ジャケット仕様となっている他、「CLOUDY HEART」の新録バージョンが収録されている。

BOØWY解散後にライブで度々BOØWYの楽曲を演奏する事はあったものの、正式にレコーディングされたのは初めての事であり当時は話題になったが、本作関連でのテレビ出演は一切しなかった。

同年、ソロデビューシングル「ANGEL」のリリース日であった7月21日には東芝EMI所属時の8枚のアルバムが再リリースされた他、同日にシングル「Claudia」もリリースされた[6]

ツアー[編集]

本作を受けてのコンサートツアーは開催されなかったが、同年7月20日に本作を受けた1日限りのライブ「15th Anniversary Special LIVE Case of HIMURO」が開催され[7]、約3万5千人を動員した[6]。3万枚用意されたチケットは発売直後15分で完売し、2年半ぶりに行われたこのライブでは4時間に亘り全36曲が演奏された[6]。また、同ライブの模様を記録したライブ・ビデオ『CASE OF HIMURO 15th Anniversary Special LIVE』が同年11月25日にリリースされた[6]

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[5]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「ROXY」は「間奏のカラフルなアンサンブルとエンディングの長めのギター・ソロも聴きどころ」、「ALISON」は「BOØWY時代のバラードとは明らかに異なる味わいを醸し出している」、「CALLING」は「全霊を込めて歌い上げるサビのヴォーカルが最大の聴きどころ」、「MEMORIES OF BLUE」は「BOØWY的ビート感から脱却した氷室京介を象徴する1曲」、「PLEASURE SKIN」は「分厚いサウンドにも勝る氷室京介の存在感も特筆に値する」、「JULIET」は「温もりに満ちたアコギのサウンドと軽やかな打ち込みトラックが特徴的」、「TO THE HIGHWAY」は「聴き比べられるリスクを負いながらも、過去の楽曲にチャレンジする氷室京介のひた向きな姿勢はやはり“ロック”だ」、「ANGE2003」は「音質が良くなっているのは当然だが、細かい表情がより豊かになった氷室の歌もまた魅力的」と各楽曲を肯定的に評価した他、アルバム全体について「BOØWY時代の名曲を特別に録音し直した音源も含む決定盤」と称賛した[5]

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは最高位7位、登場回数27回となり、売り上げ枚数は21.4万枚となった。

タワーレコードの売り上げチャート「アルバム総合」部門において2003年3月17日付けで渋谷で12位、新宿で11位となった他、「ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム」部門では10位となった[5]

収録曲[編集]

一覧[編集]

DISC-1
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.ANGEL氷室京介氷室京介氷室京介、吉田建
2.LOVE & GAME氷室京介氷室京介氷室京介、吉田建
3.ROXY氷室京介氷室京介、吉田建氷室京介、吉田建
4.DEAR ALGERNON氷室京介氷室京介氷室京介、吉田建
5.ALISON松井五郎、氷室京介氷室京介氷室京介、吉田建
6.SUMMER GAME氷室京介氷室京介氷室京介、佐久間正英
7.COOL松井五郎氷室京介氷室京介、佐久間正英
8.CALLING松井五郎、氷室京介氷室京介氷室京介、佐久間正英
9.JEALOUSY松井五郎、氷室京介氷室京介氷室京介、西平彰
10.CRIME OF LOVE氷室京介氷室京介氷室京介、西平彰
11.WILD AT NIGHT松井五郎氷室京介、友森昭一西平彰
12.LOVER'S DAY氷室京介氷室京介氷室京介、西平彰
13.MOON松井五郎氷室京介西平彰
14.URBAN DANCE氷室京介氷室京介西平彰
15.MEMORIES OF BLUE松井五郎氷室京介西平彰
16.RAINY BLUE松井五郎氷室京介西平彰
17.KISS ME松井五郎氷室京介西平彰
合計時間:
DISC-2
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.VIRGIN BEAT松井五郎氷室京介ホッピー神山
2.SHAKE THE FAKE松井五郎氷室京介佐橋佳幸
3.PLEASURE SKIN松井五郎氷室京介、佐橋佳幸佐橋佳幸
4.STAY松井五郎氷室京介氷室京介、美久月千晴
5.SQUALL松井五郎、氷室京介氷室京介氷室京介、美久月千晴
6.WALTZ氷室京介氷室京介氷室京介、美久月千晴
7.魂を抱いてくれ松本隆氷室京介佐橋佳幸
8.NATIVE STRANGER松井五郎氷室京介佐久間正英
9.NO MORE FICTION氷室京介氷室京介、スティーヴ・スティーヴンススティーヴ・スティーヴンス
10.HEAT松井五郎氷室京介スティーヴ・スティーヴンス
11.SILENT BLUE森雪之丞氷室京介キム・ブラード英語版
12.DIAMOND DUST森雪之丞氷室京介ポール・バックマスター英語版
13.JULIET氷室京介氷室京介 
14.TO THE HIGHWAY松井五郎、氷室京介氷室京介 
15.ANGEL2003氷室京介氷室京介 
合計時間:
DISC-2 BONUS TRACK [FIRST PRESS ONLY]
#タイトル作詞作曲編曲時間
16.CLOUDY HEART氷室京介氷室京介 
合計時間:

曲解説[編集]

DISC 1[編集]

  1. ANGEL
    1stシングル。
  2. LOVE & GAME
    1stアルバム『FLOWERS for ALGERNON』収録曲。
  3. ROXY
    1stアルバム『FLOWERS for ALGERNON』収録曲。前奏がカットされているバージョン。
  4. DEAR ALGERNON
    2ndシングル
  5. ALISON
    1stアルバム『FLOWERS for ALGERNON』収録曲。
  6. SUMMER GAME
    3rdシングル
  7. COOL
    2ndアルバム『NEO FASCIO』収録曲。
  8. CALLING
    2ndアルバム『NEO FASCIO』収録曲。
  9. JEALOUSY
    5thシングル。ベストアルバム『Collective SOULS 〜THE BEST OF BEST〜』に収録されているバージョン。
  10. CRIME OF LOVE
    6thシングル
  11. WILD AT NIGHT
    3rdアルバム『Higher Self』収録曲。
  12. LOVER'S DAY
    5thシングル「JEALOUSYを眠らせて」のカップリング曲。
  13. MOON
    3rdアルバム『Higher Self』収録曲。
  14. URBAN DANCE
    7thシングル。シングルバージョンはアルバム初収録。
  15. MEMORIES OF BLUE
    8thシングル「Good Luck My Love」のカップリング曲。4thアルバム『Memories Of Blue』に収録されているバージョン。
  16. RAINY BLUE
    4thアルバム『Memories Of Blue』収録曲。
  17. KISS ME
    9thシングル。4thアルバム『Memories Of Blue』に収録されているバージョン。

DISC 2[編集]

  1. VIRGIN BEAT
    10thシングル。5thアルバム『SHAKE THE FAKE』に収録されているバージョン。
  2. SHAKE THE FAKE
    5thアルバム『SHAKE THE FAKE』収録曲。
  3. PLEASURE SKIN
    13thシングル「SQUALL」のカップリング曲。前曲と繋がるように編集されている。
  4. STAY
    12thシングル
  5. SQUALL
    13thシングル
  6. WALTZ
    14thシングル
  7. 魂を抱いてくれ
    11thシングル。6thアルバム『MISSING PIECE』に収録されているバージョン。
  8. NATIVE STRANGER
    15thシングル。7thアルバム『I・DE・A』に収録されているバージョン。
  9. NO MORE FICTION
    7thアルバム『I・DE・A』収録曲。
  10. HEAT
    16thシングル。シングルバージョンの2〜3番のBメロ部分のコーラスパートが1番のBメロでも被さっているバージョン。
  11. SILENT BLUE
    18thシングル「ダイヤモンド・ダスト」のカップリング曲。8thアルバム『MELLOW』に収録されているバージョン。
  12. DIAMOND DUST
    18thシングル。8thアルバム『MELLOW』に収録されているバージョン。
  13. JULIET
    BOØWYの「わがままジュリエット」のセルフカバー。
  14. TO THE HIGHWAY
    BOØWYの「ハイウェイに乗る前に」のセルフカバー。
  15. ANGEL2003
    1stシングル「ANGEL」のリテイクバージョン。
  16. CLOUDY HEART(初回盤のみの収録)
    BOØWYの「CLOUDY HEART」のセルフカバー。

スタッフ・クレジット[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 氷室京介 -KYOSUKE HIMURO TOUR 2000 "BEAT HAZE ODYSSEY"”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2021年1月22日閲覧。
  2. ^ ぴあMOOK 2013, p. 110- 松田義人 (deco) 「"Tabloid" Himuro Historic Clips 1988-2013」より
  3. ^ a b c ぴあMOOK 2013, p. 111- 松田義人 (deco) 「"Tabloid" Himuro Historic Clips 1988-2013」より
  4. ^ a b c d 田家秀樹 (2020年12月11日). “氷室京介の2000年代から2016年「LAST GIGS」までを語る”. ローリング・ストーン ジャパン. CCCミュージックラボ. p. 2. 2021年1月23日閲覧。
  5. ^ a b c d 氷室京介 / Case of HIMURO [2CD] [限定][廃盤]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2020年1月23日閲覧。
  6. ^ a b c d ぴあMOOK 2013, p. 112- 松田義人 (deco) 「"Tabloid" Himuro Historic Clips 1988-2013」より
  7. ^ 氷室京介 -KYOSUKE HIMURO "Case of HIMURO"15th Anniversary Special LIVE”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2021年1月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『ぴあMOOK 氷室京介ぴあ 完全保存版! 25th Anniversary Special Book』、ぴあ、2013年9月20日、 110 - 112頁、 ISBN 9784835622439

外部リンク[編集]