“LAST GIGS” COMPLETE (video)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
“LAST GIGS” COMPLETE
BOØWYDVD
リリース
録音 1988年4月4日4月5日
東京ドーム
ジャンル ロック
時間
レーベル 東芝EMI
チャート最高順位
BOØWY 年表
“GIGS”BOX
2007年
“LAST GIGS” COMPLETE
(2008年)
BOØWY BLU-RAY COMPLETE
2012年
テンプレートを表示

“LAST GIGS” COMPLETE(ラスト・ギグズ・コンプリート)は日本のロックバンドBOØWY(ボウイ)のライブ・ビデオ。

2008年4月5日EMIミュージック・ジャパン/イーストワールドよりリリースされた。

初回盤は当時のコンサートパンフレット縮刷版とファンクラブ会報誌「BOØWY HUNT」Vol.1~4縮刷版を封入したボックス仕様。

解説[編集]

1988年4月4日、5日に東京ドームにて行われたBOØWYの最終ライヴの模様を記録したライヴビデオ。

'88年発表のライヴアルバム同様の選曲によるビデオは2001年のプロジェクト「20th Anniverary 21st Century」で発表されたが、2007年に開始されたプロジェクト「20th Anniversary From Broken 2007-2008」の最終リリースがこのコンプリート版ビデオと2枚組CDセットだった。

映像は2001年版ビデオのものが流用されているが、音声については前述のビデオ(と88年に発売されたアルバム)では削除されていた煽りやシャウトが追加されている。リマスタリングされ主に低音域の補強がなされている。 収録されている演奏は4月5日の物だが、「PLASTIC BOMB」の一部と「ホンキー・トンキー・クレイジー」のみ4月4日の演奏が採用されている。

それぞれ理由として、5日の「PLASTIC BOMB」では氷室が顔にかけた水がマイクに入ってしまい、途中から音声不良になってしまった為。 「ホンキー・トンキー・クレイジー」では、布袋が客を勢い良く煽りながらもサビの入りを間違えてしまった為。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 2008年4月5日 東芝EMI DVD TOBF-5580 3位
2 2012年12月24日 東芝EMI BD TOXF-4016 - BD-BOX『BOØWY BLU-RAY COMPLETE』収録

収録曲[編集]

  1. PROLOGUE
  2. B・BLUE
  3. ハイウェイに乗る前に
    • 作詞:氷室京介・松井五郎/作曲:布袋寅泰
  4. BABY ACTION
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
  5. BAD FEELING
    • 作詞:氷室京介・高橋信/作曲:布袋寅泰
  6. 1994-LABEL OF COMPLEX-
    • 作詞・作曲:氷室京介
  7. DRAMTIC?DRASTIC!
    • 作詞:高橋まこと/作曲:布袋寅泰
  8. MARIONETTE
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
  9. わがままジュリエット
    • 作詞・作曲:氷室京介
  10. LONGER THAN FOREVER
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
  11. CLOUDY HEART
    • 作詞・作曲:氷室京介
  12. WORKING MAN
  13. PLASTIC BOMB
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
    中盤、ギターソロ直前の「Do it again」の部分から一部4日の音声に変わる。よく見ると、氷室がステージ後方でマイクを交換しているのが確認出来る。
  14. JUSTY
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
  15. IMAGE DOWN
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
  16. BEAT SWEET
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
  17. NO! NEW YORK
    • 作詞:深沢和明/作曲:布袋寅泰
  18. ONLY YOU
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
  19. Dreamin'
    • 作詞:布袋寅泰・松井五郎/作曲:布袋寅泰
  20. ON MY BEAT
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
  21. BLUE VACATION
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
  22. RENDEZ-VOUS
    • 作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰
  23. ホンキー・トンキー・クレイジー
    • 作詞・作曲:BOØWY
    この曲のみ4月4日の演奏が収録されている。理由は布袋がサビの入りを間違えてしまった為。
  24. NO! NEW YORK
    • 作詞:深沢和明/作曲:布袋寅泰
    1回目の「星になるだけさ」のところを「お前ら愛してる」に変えている。

参加ミュージシャン[編集]

関連項目[編集]