PSYCHOPATH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PSYCHOPATH
BOØWYスタジオ・アルバム
リリース
録音 1987年6月10日 - 26日
SEDIC A STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル イーストワールド
プロデュース 糟谷銑司
布袋寅泰
チャート最高順位
BOØWY 年表
BEAT EMOTION
1986年
PSYCHOPATH
(1987年)
MORAL+3
1988年
『PSYCHOPATH』収録のシングル
  1. MARIONETTE
    リリース: 1987年7月22日
  2. 季節が君だけを変える
    リリース: 1987年10月26日
テンプレートを表示

PSYCHOPATH』(サイコパス)は、BOØWYの6枚目のオリジナルアルバム

背景[編集]

全国ツアー『ROCK'N'ROLL CIRCUS TOUR』が終了した後、メンバーはオフ期間に入り、その期間中にアルバムからのシングルカットとして「ONLY YOU」をリリースする。

既に音楽的にも商業的にも成功を収めたBOØWYは、このアルバムが発売された1987年は解散に向けて活動していくようになる。既にメンバー間や一部スタッフの間では解散は決定事項となっていたが、外部には一切知られていない状態であった。

そんな中、レコーディング・ディレクターであった子安次郎はプロデューサーである糟谷銑司と共に、休養としてロンドンに滞在中だった氷室京介の元へ行き、1枚だけ新しいアルバムを制作する約束を取り付ける[1]。こうして、本作のレコーディングはスタートした。

7月には完全な新曲としてシングル「Marionette -マリオネット-」をリリース。これまでシングルでの1位獲得作品はなかったが、ラブソング中心であった当時のヒットチャートでは異例の売上1位を獲得する。

その後、神戸横浜でデビュー以来のほぼ全ての楽曲を演奏するという4時間にも渡るライブ『CASE OF BOØWY』を成し遂げるなど、その人気はさらに上昇し続けていた。

アルバムタイトルの「PSYCHOPATH」とは英語で「精神異常者」と言う意味だが、表現上問題があるために、発売当初は「イカれた奴」「プッツン野郎」と言う意味だとインタビューなどで説明されていた。

多種多様なサウンドとファンタスティック・ホラーとも呼ぶべき歌詞ワールドを展開している。メロディアスなグラムロックである「LIAR GIRL」、オーソドックスな8ビート・ロック「ANGEL PASSED CHILDREN」、ミディアム・アップのラブソング「LONGER THAN FOREVER」、ライヴ録音を模した「RENDEZ-VOUS」、タイトなニューウェイヴ調の英語詞ナンバー「PSYCHOPATH」、ヘヴィメタルチックな「CELLULOID DOLL」、後のソロ・ワークスにおける氷室的キャッチーさを垣間見せる「FANTASTIC STORY」、ニューミュージック風味の「季節が君だけを変える」など、多彩な曲が収録されている[2]

プロモーション[編集]

本作の先行シングルである「Marionette -マリオネット-」は、アニメーションによるPVが制作され、テレビ放映等がされた他、BOØWYとして唯一のCDVとしてもリリースされ、ビジュアル面での積極的なプロモーションが行われている。

しかし、テレビ出演に関しては1987年には一切なく、音楽番組などへの出演もまったくなかった。

ツアー[編集]

本作を受けての全国ツアーは『DR.FEELMAN'S PSYCHOPATHIC HEARTS CLUB BAND TOUR』と題され、9月16日の宇都宮文化会館を皮切りに33都市36公演行われた。

既に解散が決まっており、最後のツアーとなる事は決まっていたが、外部には一切知らされていなかった。しかし、一部ファンの間ではすでに解散説が広まっており、毎回ライブ終了時に「また会おうぜ、愛してます」とMCをしていた氷室は自分の発言が嘘であることと、ファンに事実を伝えられないジレンマに陥り、毎回ライブ終了後に落胆していた[3]

そして12月24日、ツアーファイナルである渋谷公会堂でのライブ中に氷室の口から解散宣言ともとれる発言がなされ、BOØWYはその歴史に幕を閉じる事になった。この解散宣言は、当日どのタイミングで行うかは事前に決められておらず、氷室に一任されていた[3]

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
別冊宝島653
音楽誌が書かないJポップ批評18
BOØWYと「日本のロック」
肯定的[4]
別冊宝島1322
音楽誌が書かないJポップ批評43
21世紀のBOØWY伝説
肯定的[2]

ライターの根本桃GO!は、「音的にも歌詞的にもどこか突き抜けたような感覚と、乾いたリリシズムに満ちた『ロック』になっているので驚いた」、「R&Bテイストあり、純粋なロックンロールあり、パンクな雰囲気の曲ありと、実はもっともバラエティに富んだアルバムではないかと再認識させられた」と述べている[4]

ライターの宮城正樹は、「多彩さとそれを貫く統一感はまさにピークに達したという感がある」[2]、「当時、映画界ではスプラッター・ホラーが元気なジャンルだったが、その流れに背を向けてヨーロッパ・ゴシック調のスタイルで行っている。『マリオネット』『セルロイド人形』『ガラス細工』などの言葉を散りばめて、それまで『Baby』を多用していた氷室の歌詞の世界を大きく広げている」と述べている[5]

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1987年9月5日 東芝EMI/イーストワールド LP
CD
CT
WTP-90500
CA32-1550
ZH28-1900
1位
2 1991年12月24日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-6396 2位 CD-BOXBOØWY COMPLETE LIMITED EDITION』収録
3 1993年3月3日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-6396 3位 CD-BOX『BOØWY COMPLETE REQUIRED EDITION』収録
4 2002年3月29日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-24796 14位 CD-BOX『BOØWY COMPLETE 21st CENTURY 20th ANNIVERSARY EDITION』収録
20ビット・デジタルリマスター
5 2005年2月16日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-25614 - 24ビット・デジタルリマスター盤
6 2007年12月24日 EMIミュージック・ジャパン/イーストワールド CD TOCT-26496 - 24ビット・デジタルリマスター盤
紙ジャケット仕様
LP盤のレーベルを再現
7 2012年12月24日 EMIミュージック・ジャパン/イーストワールド Blu-spec CD2 TOCT-98005 80位

収録曲[編集]

A面[編集]

  1. LIAR GIRL (4:11)
  2. ANGEL PASSED CHILDREN (2:22)
    • 作詞:氷室京介 / 作曲・編曲:布袋寅泰
  3. LONGER THAN FOREVER (4:08)
    • 作詞:氷室京介 / 作曲・編曲:布袋寅泰
    ほとんどの楽曲でダウンピッキング奏法の松井が、あえてオルタネイト奏法で演奏している。
  4. GIGOLO & GIGOLET (2:23)
    • 作詞:氷室京介 / 作曲・編曲:布袋寅泰
  5. RENDEZ-VOUS (LIVE IN HAMBURG JULY 1987) (3:42)
    • 作詞:氷室京介 / 作曲・編曲:布袋寅泰
    ライブ録音の音源のように聞こえるが、実際はスタジオで録音されている。遊び心で作られた演出である。
  6. MARIONETTE (3:50)
    • 作詞:氷室京介 / 作曲・編曲:布袋寅泰
    6thシングル。シングル盤とは若干ミックスが異なっている。

B面[編集]

  1. PLASTIC BOMB (2:32)
    • 作詞:氷室京介 / 作曲・編曲:布袋寅泰
    7枚目のシングル候補曲であったが、メンバーの意向によりシングルカットされなかった。
  2. PSYCHOPATH (4:47)
    • 作詞:JONAH PASHBY / 作曲:氷室京介 / 編曲:布袋寅泰
  3. CELLULOID DOLL (2:33)
    • 作詞・作曲:氷室京介 / 編曲:布袋寅泰
  4. FANTASTIC STORY (3:52)
    • 作詞・作曲:氷室京介 / 編曲:布袋寅泰
  5. MEMORY (4:25)
    • 作詞:氷室京介 / 作曲・編曲:布袋寅泰
    ベストアルバム『THIS BOØWY』リリース時にはこの曲をベースにしたPVが作られた。
  6. 季節が君だけを変える (4:40)
    • 作詞:氷室京介 / 作曲・編曲:布袋寅泰
    7thシングル。シングル盤はミックスが異なる。

スタッフ・クレジット[編集]

BOØWY

参加ミュージシャン

スタッフ

  • 布袋寅泰 - サウンド・プロデューサー
  • THOMAS STIEHLER - レコーディング、ミックス・ダウン・エンジニア
  • YASS ITOH - アシスタント・エンジニア
  • ANDRE GIERE - アシスタント・エンジニア
  • BENJAMIN - アシスタント・エンジニア
  • ARUN CHAKRAVERTY - マスタリング・エンジニア
  • 永石勝 - クリエイティブ・ディレクション
  • TAKUMI OGASAWARA - アートディレクション
  • STUDIO TOY'S - デザイン
  • Ed. Van Der ELSKEN (ORION PRESS) - 撮影
  • 加藤正憲 - 撮影
  • 糟谷銑司(ユイ・ロック・プロジェクト) - プロデューサー
  • 子安次郎(東芝EMI) - ディレクター
  • 土屋浩(ユイ・ロック・プロジェクト) - マネージャー
  • ゾンビ鈴木 - ロード・マネージャー
  • ワンワン関口 - アシスタント・エンジニア
  • 後藤由多加(ユイ音楽工房) - エグゼクティブ・プロデューサー
  • 石坂敬一(東芝EMI) - エグゼクティブ・プロデューサー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「WORKS」『B to Y THERE'S NO BEGINNING AND THE ENDS.』 宝島社2004年9月20日、96頁。ISBN 9784796642408
  2. ^ a b c 「PART4 Sound of BOØWY アルバム&楽曲総力レヴュー」『別冊宝島1322 音楽誌が書かないJポップ批評43 21世紀のBOØWY伝説』 宝島社、2006年7月27日、104頁。ISBN 9784796653497
  3. ^ a b 「HISTORY」『B to Y THERE'S NO BEGINNING AND THE ENDS.』 宝島社、2004年9月20日、140頁。ISBN 9784796642408
  4. ^ a b 「PART4 作品パーフェクト研究」『別冊宝島653 音楽誌が書かないJポップ批評18 BOØWYと「日本のロック」』 宝島社、2002年6月7日、110頁。ISBN 9784796627245
  5. ^ 「PART4 Sound of BOØWY アルバム&楽曲総力レヴュー」『別冊宝島1322 音楽誌が書かないJポップ批評43 21世紀のBOØWY伝説』 宝島社、2006年7月27日、105頁。ISBN 9784796653497