BEAT CHILD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビートチャイルド
BEAT CHILD
会場 日本の旗 日本熊本県久木野村(現・南阿蘇村
熊本県野外劇場「アスペクタ
発起人 マザーエンタープライズハートランド、M's Factory、くすミュージック
開催日 1987年8月22日-23日
ジャンル ロックフォーク
公式サイト 映画「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987」公式サイト

ビートチャイルドBEAT CHILD)は、1987年8月22日から23日にかけて熊本県阿蘇郡久木野村(現・南阿蘇村)にあるアスペクタで行われた日本初のオールナイト・ロック・フェスティバルである。主催はくすミュージック・熊本県民テレビ・BEATCHILD ASSOCIATION。

1987年、この年にオープンしたばかりの熊本県野外劇場「アスペクタ」の杮落しとして行われた[1]。7万2千人の観客を全国から動員した。司会はかなぶんやとマザーエンタープライズの福田信。

当日は、開場が14時、開演が18時、終演が翌朝6時というタイムスケジュールで行われた。オールナイト・コンサートのため、18才未満の入場は禁止された。

日本版ウッドストックとしての伝説[編集]

2013年現在、参加したアーティストの累計アルバム販売数が4000万枚を超えているように[2]、当時の若者たちに絶大な影響を与えていたアーティストたちが所属事務所やレーベルの垣根を超えて集まったイベントのため、3万人の予定だったチケット販売数は、前日には7万人を超えていた。

この日のために、全日本空輸JR九州などが協力し[3]福岡空港からはアスペクタへの直送バスが出された。また、全国各地からもツアーバスが出されるなどした。

当日の天気予報は前日のリハーサルと同じ晴れとなっていたが、開演前に突然のスコールが会場を襲った。30分ほどで止んだものの、この大雨で通路や草地の会場はぬかるみ、入場の列がスムーズに進まず、外に何千人近くの入場者が足踏みしているなかで開演となった。

前座のTHE HEARTが登場した時間帯の天候は、分厚い雲が空を覆っていたものの、雨は降っていなかった。2組目のTHE BLUE HEARTSは小雨が降る中でのステージだった。4組目のRED WARRIORSが登場した頃には、少し雨は弱まったものの、その後は雨脚は弱まるどころか、強くなっていき、6組目の岡村靖幸がステージに上がる頃には再び雷が鳴り出す。客席は草地の斜面であったため、泥濘と化す。午後8時頃、再び大雨が会場を襲う。大雨によってセッティングが長引き、予定よりも1時間以上遅れて7組目に登場した白井貴子のステージでは機材が雨のため故障。白井は当時を振り返り、「気付いたら後ろで演奏していたはずのギタリストがテントの中に逃げていて、前にあったモニターも無くなっていた。歌ってる私だけがステージに一人いた!」と語っている[4]。その後も雨は止むことはなく、日が変わると気温も急激に下がりはじめ、午前2時ごろに11人目となった尾崎豊がステージに登場した頃に雨脚はピークを迎えた。会場一帯には大雨警報が出され、雨量71.5ミリメートルを観測する記録的豪雨で、ステージ上には水たまりができたほどであった[4][5][6]。 客席では寒さのあまり失神する者が続出し、何台もの救急車が会場を行き交かった[3]

会場となった熊本県野外劇場「アスペクタ」の一番広い楽屋は運ばれてくる観客の一時収容場所になり、アーティストたちのグッズのT-シャツも無料で配られた[4]。BEAT-CHILDで司会を務めたかなぶんやは、「スタッフが足りない中、HOUND DOGの大友さんが、運ばれてきた人たちにお茶やタオルを配っていたのはとても印象に残っています」と語っている[4]

ステージ上には屋根がなく、トリ前の渡辺美里まで、各アーティストは豪雨に打たれながらのパフォーマンスとなった。

夜明け前、トリとして登場した佐野元春のステージの時に雨は上がり、朝日とともにフィナーレを迎えた。

ECHOESのメンバーだった辻仁成も佐野のバックバンド「THE HEARTLAND」でギターを弾いており、後年、エッセイ『音楽が終わった夜に』で「まさにあれはウッドストックだった。エコーズは出演できなかったが、僕は佐野元春とハートランドのゲストとして飛び入りをした。人間で埋め尽くされた高原は圧巻であった。」と書き残している。

出演者[編集]

  • THE HEART、前座として登場。「I'm waiting for you」など。
  • THE BLUE HEARTS -「未来は僕等の手の中」、「ハンマー」、「NO NO NO」、「爆弾が落っこちる時」、「世界のまん中」、「チェインギャング」、「人にやさしく」、「少年の詩」、「リンダ・リンダ」の全9曲。
  • UP-BEAT -「EDEN」、「Time Bomb」、「Imitation Lovers」、「Kiss…いきなり天国」、「Kiss in the moonlight」の全5曲。
  • RED WARRIORS - 「Casino Drive」、「FOOLISH GAMBLER」、「バラとワイン」、「SHOCK ME」、「WILD CHERRY」の全5曲。
  • 小松康伸
  • 岡村靖幸 - 「Water Bed」、「Out of Blue」、「Maria」、「Dog Days」、「Young Oh! Oh!」の全5曲
  • 白井貴子&CRAZY BOYS - 「Non Age」、「CHANCE!」、「African Dreamer」、「Rock'n'Roll Paradise」、「Japanese Girls&Boys」、「今夜はIt's Allright」、「Next Gate」、「二人のSummer Time」の全7曲。
  • HOUND DOG - 「SE〜炎のランナー」、「BAD BOY BLUES」、「OVER HEAT」、「ROCKS」、「ROLLING」、「今夜ハートで」、「Jのバラード「、「ラストシーン」、「Rock'n' Roll Laliart」、「ラストヒーロー」、「ff(フォルティシモ)」の全11曲。
  • BOØWY - 「IMAGE DOWN」、「ハイウェイに乗る前に」、「BABY ACTION」、「MARIONETTE」、「THE WILD ONE」、「BAD FEELING」、「WORKING MAN」、「B・BLUE」、「BEAT SWEET」、「ホンキー・トンキー・クレイジー」、「BLUE VACATION」、「NO. NEW YORK」、「DREAMIN'」、「ONLY YOU」の全14曲。
  • THE STREET SLIDERS - 「Back To Back」、「HOLD ON」、「Downtown Sally」、「So Heavy」、「Lay dawn the city」、「Special Women」、「Boys Jump The Midnight」、「TOKYO JUNK」の全8曲。
  • 尾崎豊 - 「シェリー」、「Driving All Night」、「Bow!」、「街角の風の中」、「十七歳の地図」、「Scrambling Rock'n'Roll」、「Freeze Moon」の全7曲。
  • 渡辺美里 - 「Richじゃなくても」、「みつめていたい(Restin' in your Room)」、「風になれたら」、「Boys Cried」、「19才の秘かな欲望」、「Lazy Crazy Blueberry Pie」、「It's Tough」、「My Revolution」、「Long Night」、「GROWIN' UP」の全10曲。
  • 佐野元春 with THE HEARTLAND - 「ガラスのジェネレーション」、「WILD HEARTS」、「君をさがしている」、「STRANGE DAYS(ゲストギター:辻仁成 from ECHOES)、黒水伸一・厚二 from THE SHAKES)」、「COMPLICATION SHAKEDOWN」、「99BLUES」、「INDIVIDUALISTS」、「SOMEDAY」、「YOUNG BLOODS」、「HAPPY MAN〜R&Rメドレー」の全10曲。

※本イベントの二週間前1987年8月5日6日に、広島市でチャリティコンサート「広島ピースコンサート」の第二回があり、出演者は本イベントとほとんど同じである[7][8]1984年の「バンド・エイド」や1985年の「USAフォー・アフリカ」の影響で、1985年、浜田省吾ARB竜童組らが参加した「アフリカセッション」、 同年吉田拓郎オフコース松任谷由実らが参加した「ALL TOGETHER NOW」、1986年から始まった「広島ピースコンサート」なども、アーティストたちが所属事務所やレーベルの垣根を超えて集まったものであり、本イベントがそれの最初ということではない[7]

その後[編集]

ビートチャイルドの模様の一部は、地元テレビ局で放送されたほか、マザーエンタープライズ所属のアーティストのみで編集された『BEAT-CHILD FILM MOTHER ARTISTS EDITION』が九州各地のテレビ局で放映され、翌年の1988年9月25日に渋谷公会堂でフィルムコンサートも行われた。また、熊本市民会館でも同様にフィルムコンサートが行われた[要出典]

出演したBOØWYの8枚組DVD BOX『“GIGS”BOX』のDISC4にはビートチャイルドでの映像が収められている。同じく出演した尾崎豊のライブ・ビデオ『LIVE CORE』に収録されている「紙切れとバイブル」とライブ・ビデオ『告白 (Confession)』にもビートチャイルドでのライブ映像が使用されている。

また、BS22003年(平成15年)4月26日に放送された尾崎豊の特集番組の「永遠の肖像」では、ビートチャイルドで歌われた「Driving All Night」と「Bow!」が、2007年(平成19年)4月28日に放送された「尾崎豊 15年目のアイラブユー」では、「Bow!」と「街角の風の中」が放送されている。

映画『ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987』[編集]

ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987
監督 佐藤輝
製作 テル ディレクターズ ファミリィ
製作総指揮 佐藤輝
出演者 佐野元春
BOØWY
HOUND DOG
尾崎豊
THE BLUE HEARTS
音楽 佐久間正英
主題歌 「音楽はあるか」ウラニーノ(EPIC Records)
製作会社 「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987」制作委員会
配給 ライブ・ビューイング・ジャパン、マイシアター
公開 日本の旗2013年10月26日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987』(べいびーだいじょうぶかっ ビートチャイルドいちきゅうはちなな)は2013年10月26日に公開されたドキュメンタリー映画。

概要[編集]

1987年8月22日から23日にかけて熊本県阿蘇郡久木野村(現・南阿蘇村)にあるアスペクタで行われた日本初のオールナイト・ロック・フェスティバルである「BEAT CHILD」を映画化したもの。

これまで一部の映像は公開されていたが、権利問題の関係や音源の紛失から、映画化やDVD化は長らく難しいとされてきていた。しかし、2013年5月にイベントを企画制作したマザーエンタープライズの倉庫から雨音やノイズなどのないクリアなマスターテープが発見され、映像化への動きが一気に加速。尾崎豊をはじめ美空ひばり矢沢永吉ら数多くのミュージシャンの映像作品を手掛けた佐藤輝が監督となり、当時のファンや スタッフなどの声も集め、ライブドキュメンタリー映画化した[5][4]。公式サイトでは「TV放送、DVD化、ネット配信一切なし」「劇場限定、特別ロードショー」を標榜している。

ビートチャイルドにRED WARRIORSとして出演したダイアモンド☆ユカイは映画化の発表記者会見で「ついに来たか。本当にロックが熱かったころの世代の人たちが、これだけ集まってとにかくすごかった。あの時代の空気感とにおいを楽しんでくれ」と語っている[5]

出演者[編集]

映画化にあたり、前座として登場したTHE HEARTと、UP-BEAT小松康伸のステージは収録されていない。 また、スタッフとして参加している六平直政の姿が、一瞬、映し出される。

脚注[編集]

外部リンク[編集]