クマ原田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クマ 原田(くま はらだ、1951年6月10日 - )は、日本のベーシスト音楽プロデューサー北海道札幌市出身[1][2]。本名は原田時芳(ときよし)[3]

人物[編集]

「シング・アウト」のメンバーとして[4]NHKの音楽バラエティ番組『ステージ101』に1970年1月から[5]1971年4月まで[要出典]出演[6][7]。その後すぐ10代でドイツへ渡り[2][3]、ミュージカル『ヘアー』公演に参加[7]オランダ滞在を経てロンドンへ移住する[2][3]。移住した1972年以後、スタジオ・ミュージシャンとして活躍する[8]ヴァン・モリソンミック・テイラーケイト・ブッシュなど、海外の著名なアーティストと数多く共演している他[2]布袋寅泰など日本の有名ミュージシャンとの共演も多い[2][9]

経歴[編集]

11歳からギターを始める[3]

所属グループ[編集]

レコーディング[編集]

特記があるものを除き、全てアルバムである。「Gonzalez」、「CO-CóLO」の作品については、当該項目参照

プロデュース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ベース・マガジン』、1997年09月号、134頁
  2. ^ a b c d e f g h i ANA WORLD AIR CURRENT”. J-WAVE (2008年9月13日). 2014年3月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 原田時芳「球追い育て 若き国際人」日本経済新聞文化面(1999年12月1日)
  4. ^ ヤング101メンバーのその後”. 五人と一匹 GO GO GO !. 2014年3月5日閲覧。
  5. ^ CD『ステージ101ベスト』(Ultra-vibe CDSOL-1043/44)ライナーノーツ。
  6. ^ 「クマ原田さん~!」”. 小林啓子ブログ「Amazing Grace」 (2012年7月26日). 2014年3月5日閲覧。
  7. ^ a b c 「Shun Kikuta Blues Project」/菊田俊介”. Music Restaurant La Donna. 2014年3月5日閲覧。
  8. ^ “日英新世紀 13 君も僕もビートルズ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): 1面. (2012年7月24日) 
  9. ^ From LONDON part 4  Happy Birthday ! My Sweet Dog !!!”. HOTEI OFFICIAL BLOG (2009年1月21日). 2014年3月5日閲覧。
  10. ^ 合歓ポピュラーフェスティバル'69 ヤマハ音楽振興会 2020年10月16日閲覧。
  11. ^ Mick Taylor - Mick Taylor (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  12. ^ Peter Green (2) - In The Skies (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  13. ^ PETER GREEN | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される - 2015年2月22日閲覧
  14. ^ Snowy White - Bird Of Paradise (Vinyl) at Discogs
  15. ^ SNOWY WHITE | Artist | Official Charts - 2015年2月22日閲覧
  16. ^ 湯川潮音の新作にオオヤユウスケ&黒沢健一が曲提供”. ナタリー (2008年5月7日). 2014年3月7日閲覧。
  17. ^ 湯川潮音、3rdアルバム『クレッシェンド』発売決定! 公式YouTubeチャンネルもオープン”. CDJournal.comニュース (2010年9月2日). 2014年3月7日閲覧。
  18. ^ 元ローリング・ストーンズのミック・テイラー (Mick Taylor)、4月に来日公演を開催”. CDJournal.comニュース (2009年1月6日). 2014年3月7日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ メンバーは池田美和江崎和子小林善美惣領泰則中岡淑子、原田時芳、樋口康雄宮口森也向山照愛(以上、五十音順)、ビル・クラッチフィールド。
  2. ^ 2003年10月21日夜、22日昼、夜の計3回にわたってBunkamuraシアターコクーンにて開かれたヤング101復活コンサート『ステージ101〜明日に架ける橋』に、元メンバー36名と共に出演。小林啓子のソロに参加。22日夜のコンサートは、後日、BS2で放送された。


外部リンク[編集]