GO (チェッカーズのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GO
チェッカーズスタジオ・アルバム
リリース
録音 一口坂スタジオ
STUDIO SKY
サウンドインスタジオ
TAKE ONE STUDIO
ジャンル J-POP
時間
レーベル キャニオン・レコード
プロデュース チェッカーズ
チャート最高順位
チェッカーズ アルバム 年表
NON-STOP CHECKERS
(1986年)
GO
(1987年)
THE CHECKERS BEST
(1987年)
『GO』収録のシングル
  1. NANA
    リリース: 1986年10月15日
  2. I Love you, SAYONARA
    リリース: 1987年3月5日
テンプレートを表示

GO』(ゴー)は、日本ロックバンドチェッカーズの5枚目のアルバムである。

1987年5月2日キャニオン・レコードよりリリースされた。

その後、2004年3月17日に再リリースされている。

解説[編集]

全曲メンバーオリジナルのアルバム。全体的にブリティッシュロック色の強いアルバムに仕上がっている。

当初はタイトルの「GO」と5枚目のアルバムであることをかけて5月5日に発売の予定だったが、「若年層のファンはゴールデンウィーク明けで金がないだろう」と想定して発売日を繰上げ「ゴールデンウィーク中のイベントの一つとして買って欲しい」と5月2日に変更した。

このアルバム以降、編曲のクレジットは「THE CHECKERS FAM.」と統一された。「THE CHECKERS FAM.」の「FAM.」は「ファミリー(FAMILY)」の略で、メンバーはチェッカーズ、八木橋カンペー、アンディ檜山となっている。

11曲目の「Mr.BOYをさがして」は、1988年と2004年に再発売されたCDにのみ収録されている。

収録曲[編集]

  1. REVOLUTION 2007
    ライブのオープニングを意識して作られた曲。ハーモニカを吹いているのはTHE MODSの森山達也。
  2. YOU'RE A REPLICANT(CAMA CAMA MOO MOO)
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
  3. MELLOW TONIGHT
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
    鶴久がリードボーカル。
  4. NANA
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:藤井尚之/編曲:THE CHECKERS FAM.
    12thシングルにして初のメンバーオリジナルシングル。のちにフミヤが2002年10月9日発売のセルフカバーアルバム「Re Take」にてセルフカバー。
  5. BLUES OF IF
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:藤井尚之/編曲:THE CHECKERS FAM.
    チェッカーズの曲の中では唯一、全編ユニゾンで歌われている曲。
  6. TOKYO CONNECTION
    70年代のディスコを意識した曲。のちにフミヤが2002年10月9日発売のセルフカバーアルバム「Re Take」にてセルフカバー。
  7. I Love you, SAYONARA
    13thシングル。冒頭部分がシングル版とは若干異なる。
  8. MY GRADUATION
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:武内享/編曲:THE CHECKERS FAM.
    武内曰く「チェッカーズが持つドゥーワップの要素を全て詰め込んだ曲。ドゥーワップ好きが聞いたら笑う」。間奏の台詞は「一発やらせてくれ」と迫る内容。
  9. GO INTO THE WHOLE
    • 作詞:高杢禎彦/作曲:武内享/編曲:THE CHECKERS FAM.
    高杢がリードボーカル。間奏のサックスは「イン・ザ・ムード」からの引用。
  10. QUATRE SAISONS
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:藤井尚之/編曲:THE CHECKERS FAM.
    QUATRE SAISONSはフランス語で四季という意味。
  11. Mr.BOYをさがして
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
    シングル「NANA」のカップリング。