恋のバカンス (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恋のバカンス」(こいのバカンス、VACANCE DE L'AMOUR[1])は、1963年4月に発表されたザ・ピーナッツ歌唱の日本の歌謡曲である。

後年に多くの歌手によってカバーされており、それらについても本項で記述する。

概要[編集]

前年1962年の「ふりむかないで」に続くザ・ピーナッツのオリジナルソングによるヒット曲。ジャズの4ビートを生かした、歌謡曲としてはかつてなかったほどのスウィング感に満ちあふれた楽曲で、シングル発売直後より話題となり、同年に発表された舟木一夫の「高校三年生」、梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」、坂本九の「見上げてごらん夜の星を」等と並ぶ大ヒット曲となったが、この年にヒットしたこれらの曲の中では2007年1月14日に制定された「日本の歌百選」に唯一選ばれなかった。

東レ渡辺プロとの共同企画によるサマーウェア新商品「バカンス・ルック(1963年6月発売)」の宣伝キャンペーンの一翼も担い、「休暇」を意味する「バカンス」(vacances)というフランス語が日本で流行語になるのにも貢献した。宮川泰が1963年第5回日本レコード大賞編曲賞を受賞し、同年の第14回NHK紅白歌合戦でもザ・ピーナッツが歌唱した(NHKに保存されている同番組の映像で確認可能)。

ザ・ピーナッツの曲の中では定番曲の一つとして、現在でも茶の間での知名度も大きく、各世代間で親しまれている。

さらに当時のソビエト連邦国家テレビラジオ委員会(ゴステレラジオ、国営放送局)のヴラジーミル・ツヴェートフ東京特派員が本曲を気に入り、ソビエト連邦本国に持ち込み積極的に展開、人気歌手ニーナ・パンテレーエワ(ロシア語)”Нина Васильевна Пантелеева”が1965年に「カニークルィ・リュブヴィー」("Каникулы любви")のタイトルで大ヒットさせた(ロシア語のタイトルは「恋のバカンス」の直訳)。歌詞はその後もリバイバルされ、ロシア人の中にはこの曲が日本で作られた曲であることを知らない人さえいるほど、現在のロシアでも世代を超えた有名曲となっている[2]

その他のカヴァー[編集]

作成者(ザ・ピーナッツ盤)[編集]

参考文献・出典[編集]

  • 「ザ・ピーナッツ メモリーズBOX」解説書(2004年11月26日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時の「ザ・ピーナッツ シングルス」のレコードのジャケットにフランス語題名も記載。
  2. ^ 山之内重美『黒い瞳から百万本のバラまで ロシア愛唱歌集』東洋書店2002年
  3. ^ 1994年のTV番組『竹中直人の恋のバカンス』OPテーマ曲
  4. ^ 主演を務めたNHK連続テレビ小説「だんだん」において使用されサウンドトラック盤に収録されたほか、アルバム「ふたりうた」にも収録されている。

関連項目[編集]

先代:
ふりむかないで
ザ・ピーナッツ
NHK紅白歌合戦歌唱楽曲
1963年・第14回
次代:
ウナ・セラ・ディ東京(1)