PUNCH DRUNKARD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PUNCH DRUNKARD
THE YELLOW MONKEYスタジオ・アルバム
リリース
録音 1997年4月〜5月、11月〜12月
1998年1月
(REAL WORLD STUDIOS)
(MAYFAIR RECORDING STUDIOS)
(RECORDING STUDIOS TOKYUFUN)
(CRESCENTE STUDIO)
ジャンル ロック
時間
レーベル ファンハウス
プロデュース 吉井和哉
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年度年間48位(オリコン)
THE YELLOW MONKEY 年表
TRIAD COMPLETE BOX
(1997年)
PUNCH DRUNKARD
(1998年)
THE YELLOW MONKEY SINGLE COLLECTION
(1998年)
『PUNCH DRUNKARD』収録のシングル
  1. LOVE LOVE SHOW
    リリース: 1997年4月19日
  2. BURN
    リリース: 1997年7月24日
  3. 球根
    リリース: 1998年2月4日
  4. 離れるな
    リリース: 1998年6月3日
テンプレートを表示

PUNCH DRUNKARD』(パンチドランカー)は日本のロックバンドTHE YELLOW MONKEYの7枚目のオリジナルアルバム。 1998年3月4日ファンハウスよりリリースされた。また、2013年12月4日に、リマスター盤Blu-spec CD2にて再発売された。

解説[編集]

  • 3作連続のオリコンアルバムチャート1位を獲得。オリジナルアルバムでは、前作『SICKS』に次いで自身2番目の売り上げを記録している。
  • 前作『SICKS』よりも洋楽を意識し、ライブ感を重視した音作りになっており、吉井は「楽曲の中でメンバーにバトルしてほしかった。だからアレンジをメロディ主体のロックから曲主体のロックへと変えた」と語っている。楽曲の多くがセックスを歌ったものとなっているが、吉井は「狙ったのではなく、結果的にそうなった」と語っている[1]
  • 本作の制作にあたり、吉井は「『SICKS』を超えるものは絶対できない、あれは去年の俺たちがやったことで、今年は違ったやりたいことがあるから今年のアルバムを作ろうという意識に切り替えられた」と語っている[1]
  • レコーディングは前作、前々作同様、ロンドンで行われた。吉井は、「世田谷のスタジオで録ったデモテープのほうが出来が良かった」と語り、「ロンドンではデモのような音が出ずに苦しんだ」と回想している[2]
  • 日本コロムビアのディレクターである宗清裕之は、「日本のロックバンドが目指してきたこと、洋楽との折り合いの付け方を含めて行くところまで行ったな」と高く評価しており、同時に「ここまで行くと、次がしんどいだろうなと思った」と語っている[3]
  • このアルバムを引っさげて、1998年4月から1999年3月にかけて113本にも及ぶ「PUNCHDRUNKARD TOUR」を行った。アルバムタイトルの『PUNCH DRUNKARD』は、ツアーが決定していることから命名された。吉井は「もうその時点で、こてんぱんになるってことを自分で予知していたんだと思う」と語っている[2]
  • 初回盤のみ、3面ホログラムジャケット仕様となっている。2010年に結成20周年記念企画の一環で発売されたユニクロとのコラボレーションTシャツには、このジャケットがイラストされたものがバリエーションに存在する。
  • 『SICKS』に続きイギリス盤がリリースされた。ボーナストラックとして「SUGAR FIX」(「甘い経験」のイングリッシュ・バージョン)が収録されている。

収録曲[編集]

  1. パンチドランカー (4:49)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    アルバムタイトル曲。ツアーでも全113公演で1曲目に演奏された。イントロはドラム、ベース、ギター、ボーカルが順番に重なっていき、ライブではそれに合わせてメンバーにスポットライトが当てられた。『SUGAR FIX』の国内盤にライブ音源が収録されている。2013年にベスト盤『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』の特設サイトで行われた「私のTHE YELLOW MONKEY『この1曲』」という企画において、9mm Parabellum Bulletのベースである中村和彦がこの曲を投票している[4]
  2. 球根 (5:37)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    先行シングル曲。
  3. 間違いねえな (3:41)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    前半のホールツアーでは次曲の「ゴージャス」とセットで演奏されていた。
  4. ゴージャス (4:15)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    前曲から間髪容れずに曲が始まる。ホールツアーでは「間違いねえな」、アリーナツアーでは6thアルバム『SICKS』収録の「TVのシンガー」とセットで演奏された。ツアー前半では菊地英二がドラムソロを披露していた。後にこのアルバムからリカットする話が出た際にこの曲が候補としてあげられたが、結果的に15thシングル『離れるな』のカップリングとして収録される。ピン芸人であるゴー☆ジャスの名前の由来はこの楽曲からである[5]
  5. 見して 見して (5:11)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    後に『SUGAR FIX』のカップリングに収録された。
    終盤の転調前の箇所ではポール・マッカートニーマイケル・ジャクソンの「Say Say Say」と同じメロディーで「言え 言え 言え」と歌っている。
  6. クズ社会の赤いバラ (4:32)
    (作詞:吉井和哉 / 作曲:吉井和哉・菊地英昭 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    世の中を皮肉った歌詞のスローテンポなロックナンバー。
  7. セックスレスデス (5:00)
    (作詞:吉井和哉 / 作曲:菊地英昭 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    転調の多い曲。歌詞に「クリスマス」、「サンタ」、「トナカイ」、「11PM」などの単語が出てくる。
  8. エヴリデイ (5:02)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    吉井曰く「僕にとっては前向きな詞」[6]
  9. SEA (1:08)
    (作詞・作曲・編曲:吉井和哉)
    波の音のSEに、吉井の朗読という異彩を放つ曲。途中、銃声なども入っている。『THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』で山田孝之カバーした。
  10. BURN (Album Version) (5:12)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    13thシングル。シングルバージョンとはミックス違いで、ベースを録り直し、間奏のシンセサイザーの音が強調されているなどの違いが見られる。
  11. 甘い経験 (4:32)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    14thシングル『球根』のカップリング曲。
    イングリッシュ・バージョンの『SUGAR FIX』がイギリスでシングルリリースされ、後に日本でも16thシングルとしてリリースされた。
  12. 離れるな (6:18)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    後に15thシングルとしてシングルカットされた。
  13. LOVE LOVE SHOW (Album Version) (6:35)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    12thシングルの再録。シングルバージョンに比べテンポアップしており、アウトロのアルペジオがカットされた。冒頭の歌詞も若干異なっている。プレイステーション用ソフト『PERFECT PERFORMER -THE YELLOW MONKEY-』にはこのバージョンで収録されている。曲の終了後、無音部分を挟み隠しトラックとして極端にテンポを落とし音が歪んだ「球根」が少しだけ収録されている。

参加ミュージシャン[編集]

参考文献・出典[編集]

  1. ^ a b ROCKIN'ON JAPAN 1998年4月号
  2. ^ a b 「吉井和哉自伝 失われた愛を求めて」(ロッキング・オン
  3. ^ 徹底座談会で明かされる真実とそれぞれの1曲
  4. ^ 私のTHE YELLOW MONKEY「この1曲」
  5. ^ バナナマンのバナナムーンGOLDより
  6. ^ ROCKIN'ON JAPAN 1998年10月号