聖なる海とサンシャイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖なる海とサンシャイン
THE YELLOW MONKEYシングル
初出アルバム『8
リリース
ジャンル ロック
レーベル BMGファンハウス
プロデュース 吉井和哉
朝本浩文
チャート最高順位
THE YELLOW MONKEY シングル 年表
バラ色の日々
1999年
聖なる海とサンシャイン
(2000年)
SHOCK HEARTS
(2000年)
ミュージックビデオ
「聖なる海とサンシャイン」 - YouTube
テンプレートを表示

聖なる海とサンシャイン」(せいなるうみとサンシャイン)は2000年1月26日に発売されたTHE YELLOW MONKEY20枚目のシングル。発売元はBMGファンハウス

解説[編集]

  • 前作同様、朝本浩文とのコラボレーションシングル。バンド史上初の試みとして、カップリングにシングル曲のバージョン違いが4曲収録された。4曲いずれもアルバム未収録。
  • 2ヶ月の休養明け及び9か月ぶりとなるシングルとしてリリースする予定であったが、スタッフから「休み明けにしては地味なのではないか」との意見により、アップテンポな曲調の「バラ色の日々」が選ばれた。吉井はこの曲に特別な思い入れがあり、「(最近書いた曲の中では)僕の中では一番『聖なる海とサンシャイン』が愛着あったわけですよ。どこ行っても口ずさんでたし。僕はどうしても『聖なる海とサンシャイン』を休み明けの第一弾にしたかったんですよ」と語っている[1]
  • PVにはシングル作品で唯一演奏シーンが一切なく、短編映画のような作りになっており、女優西田尚美が出演している。監督を務めた高橋栄樹は「ある意味、僕のMVの到達点」として本作のミュージック・ビデオを挙げた[2]。監督曰く、菊地英昭の文字を指で追うシーンがギター、菊地英二のタイプライターを叩くシーンがドラムを表現しており、演奏シーンがない代わりに象徴的なもので演奏シーンを表現している[3]

制作背景[編集]

  • 1999年3月の『PUNCH DRUNKARD』ツアー終了後に最初にできた楽曲である。当初は、吉井曰く「『天国旅行』のような楽曲を想定しており、プログレッシブな構成かつ、それをコンパクトにした楽曲」だった[4]。また、当初は長尺のイントロが想定されていたが、朝本のアドバイスにより短縮された。吉井は「朝本さんが来て、イエローモンキーに必ずある大イントロがなくなった」「新鮮だった」と語っている[1]
  • 吉井は「こんなに困った曲はなかった。この曲に"お前1年間『聖なる海とサンシャイン』について考えろ"って言われたぐらいの」と語るほど、本楽曲の制作は困難を極めた[4]。カップリングにシングル曲のバージョン違いが4曲収録されているが、吉井は「『聖なる海とサンシャイン』に完成形はなかったと思う。俺も大好きだけど、凄くいい曲になりそうなものがこんなに落としどころがなかった。そういう曲はこの曲以外にはない」と語っている[4]
  • 8thアルバム『8』には、アルバムバージョンとして再アレンジされて収録されているが、吉井は「この曲をどうアルバムバージョンとして再アレンジしていくのかが見えたのは、アルバムのレコーディングに入って後半のことだった」と述懐している[4]。また、「作為的なものではないが、曲順が(アルバムのタイトルと同じ)8曲目であり、それが意味深に思える。通して聴いていても『聖なる海とサンシャイン』でドキッとする。色気と怖さが見える感じがして、好きな瞬間である」と語っている[4]

収録曲[編集]

  1. 聖なる海とサンシャイン
    編曲:THE YELLOW MONKEY・朝本浩文
    テレビ朝日系『おネプ!』エンディングテーマ。映画『現実の続き 夢の終わり』主題歌。
  2. 聖なる海とサンシャイン -Suspend Minnow Version-
    編曲:THE YELLOW MONKEY・朝本浩文
    吉井和哉がMIXを担当した。『8』に収録されたアルバムバージョンのベースとなった作品。
  3. 聖なる海とサンシャイン -Sunshine-
    編曲:THE YELLOW MONKEY・朝本浩文・屋敷豪太
  4. 聖なる海とサンシャイン -Sunnyside of winter mix-
    編曲:THE YELLOW MONKEY・朝本浩文・磯村淳
  5. 聖なる海とサンシャイン -jaz raser drive mix-
    編曲:THE YELLOW MONKEY・朝本浩文・北里玲ニ

収録アルバム[編集]

#1. 聖なる海とサンシャイン

カバー[編集]

#1. 聖なる海とサンシャイン

  • MADOKA(2012年9月22日、ライブ「MADOKA・夜長月ノ宴」)※阿木燿子宇崎竜童が経営するライブビストロ「ノヴェンバー・イレブンス」(東京・赤坂)におけるライブ[5]。MADOKAはコロッケの娘。

参考文献・出典[編集]

  1. ^ a b 『ROCKIN'ON JAPAN』 2000年5月号 (ロッキング・オン社)
  2. ^ eikitakahashiのツイート(393407268038774784) 高橋栄樹 (eikitakahashi) Twitter
  3. ^ スペースシャワーTV (2000年2月12日放送)
  4. ^ a b c d e 『15YEARS』(ぴあ
  5. ^ 2012.9.22 『MADOKA・夜長月ノ宴』, MADOKA OFFICIAL WEB SITE | 9muses-trap, http://www.9muses-trap.com/live118.html 

外部リンク[編集]