Bunched Birth

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bunched Birth
THE YELLOW MONKEYスタジオ・アルバム
リリース
録音 1991年4月–5月[1]
ジャンル ロック
レーベル ENGINE
プロデュース THE YELLOW MONKEY
チャート最高順位
THE YELLOW MONKEY アルバム 年表
Bunched Birth
(1991年)
THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE
(1992年)
テンプレートを表示

Bunched Birth』(バンチドバース)は日本ロックバンドTHE YELLOW MONKEYインディーズアルバム。

バンドが拠点にしていた渋谷のライブハウス「La.mama」(ラ・ママ)のインディーズ・レーベルENGINEより1991年7月21日にリリースされた。また、1996年12月21日にENGINEより再発盤がリリース。さらに、2013年12月4日にはニューヨークのスタジオ「スターリング・サウンド」[* 1]のエンジニア・テッド・ジェンセンによるリマスターBlu-spec CD2にて再発売された(発売元: 株式会社BAJ、販売元: ユニバーサル合同会社[2]

解説[編集]

  • 自主レーベルで作られた自身初の作品。これを記念し、全国13ヶ所を回るCD発売記念ツアーを実施した[3]。このツアーで「Romantist Taste」ライブ・バージョンのオリジナルCDが無料配布された[4]。この無料配布8センチCDは、「Romantist Taste」収録のピンク盤のほか、コバルトブルー盤もある[* 2]
  • 吉井もお気に入りの作品であり、新譜がリリースされる度に今作と聴き比べ、最終的に一番聴いたアルバムは6thアルバム『SICKS』かこの『Bunched Birth』だと語っている。また、このCDの楽曲をクリアな万華鏡みたいな音と例えており、この音をこのCD以外で作れていないとも語っている[5]
  • 初回生産盤は歌詞カードに誤植がある[6]。後に廃盤となり、オークションでも高額で取引が行われていたが、96年に再発盤がリリースされた。当時の売り上げは1000枚で、再発盤は10万枚以上の売り上げを記録した[7]

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「BUNCHED BIRTH」吉井和哉吉井和哉THE YELLOW MONKEY
2.「WELCOME TO MY DOGHOUSE」吉井和哉吉井和哉THE YELLOW MONKEY
3.「FAIRY LAND」(フェアリー ランド (電気じかけのナルシス))吉井和哉吉井和哉THE YELLOW MONKEY
4.「LOVERS ON BACKSTREET」吉井和哉吉井和哉THE YELLOW MONKEY
5.「HANG ONTO YOURSELF」吉井和哉吉井和哉THE YELLOW MONKEY
6.「SLEEPLESS IMAGINATION」吉井和哉吉井和哉THE YELLOW MONKEY
7.「TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)」(カメレオンの涙 (ミスター ペーパームーン))吉井和哉吉井和哉THE YELLOW MONKEY
合計時間:
  1. BUNCHED BIRTH
    インスト曲。英語の台詞が入っている。
  2. WELCOME TO MY DOGHOUSE
    デビューから解散までライブの定番曲であり続け、活動休止前の「メカラ ウロコ・8」のラストを飾った曲でもある。ライブでは吉井の「WELCOME!」という掛け声と共に始まる。『SO ALIVE』にはシークレット・トラックとしてライブバージョンが収録されている。『THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』ではScoobie Doカバーした。2013年に行われたファン投票で12位を獲得し、『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』にリミックスバージョンで収録された。
  3. FAIRY LAND
    「in out」(イン・アウト)[8] とは、スタンリー・キューブリックの映画(1971年)およびアンソニー・バージェスの原作小説『時計じかけのオレンジ』(1962年)においては人工言語ナッドサット言葉)で「性行為」を意味する。吉井和哉に特に大きな影響をおよぼしたロックスターのデヴィッド・ボウイは1970年代にキューブリック『時計じかけのオレンジ』や『2001年宇宙の旅』(1968年)をモデルにして作り上げた「ジギー・スターダスト」というキャラクターになり音楽活動をし「ジギー・スターダスト・ツアー」(Ziggy Stardust Tour 1972年–1973年)においてキューブリック『時計じかけのオレンジ』からベートーヴェン歓喜の歌」(ウォルター・カーロス・ヴァージョン)をツアーのオープニング曲に使用することがあった[9](「歓喜の歌」はまた「欧州の讃歌[10] であり1972年に欧州評議会からその旨が公式発表された)。
  4. LOVERS ON BACKSTREET
    吉井がTHE YELLOW MONKEYで初めて作った曲である。吉井曰く「家族をなくした売春婦の歌」[11]。前ボーカルがメンバーの際は曲調、歌詞共に全く異なるものであったが、吉井がボーカルに転向したことにより新たに作り直された。Fメロまであり、メンバーは「曲が複雑すぎて覚えられない」と嘆いたという。4thシングル『熱帯夜』のカップリングには再レコーディングされたバージョンが収録された。『TRIAD YEARS actII〜THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY』、『MOTHER OF ALL THE BEST』に収録されたのはいずれも再レコーディングバージョンであるため、原曲はこのアルバムでしか聴けない。なお、『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』のファン投票では、中間発表では1回目2回目ともに収録圏内である15位だったものの、最終順位で惜しくも17位となり収録を逃す羽目になってしまった。
  5. HANG ONTO YOURSELF
    エンディングのギターは吉井が弾いている。
  6. SLEEPLESS IMAGINATION
  7. TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「スターリング・サウンド」は、世界的な名門マスタリング・スタジオ。
  2. ^ ピンク盤(全2曲)は1曲目がTYRANNOSAURUS「本当は君を探していた」、2曲目がTHE YELLOW MONKEY「ROMANTIST TASTE」。コバルトブルー盤(全2曲)は1曲目がTHE YELLOW MONKEY「NEUROTIC CELEBRATION」、2曲目がTYRANNOSAURUS「エレクトリック ダディー」。レーベルはENGINE。

出典注[編集]

  1. ^ バンチドバース Bunched birth”. 国立国会図書館サーチ. 2016年2月10日閲覧。
  2. ^ ザ・イエロー・モンキー / バンチド バース - CDジャーナル。
  3. ^ BIOGRAPHY”. THE YELLOW MONKEY公式サイト. 2016年2月10日閲覧。
  4. ^ THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)”. 日本コロムビア公式サイト. 2016年2月10日閲覧。
  5. ^ 『失われた愛を求めて』
  6. ^ THE YELLOW MONKEY”. BARKS (2000年5月26日). 2016年2月10日閲覧。
  7. ^ 「bridge」(ロッキング・オン)97年4月号 - 「イエローモンキーの10曲」
  8. ^ FAIRY LAND~電気じかけのナルシス - 歌詞検索サービス 歌ネット
  9. ^ David Bowie: Critical Perspectives, p. 11
  10. ^ David Bowie: Critical Perspectives, p. 23
  11. ^ 『So YOUNG―吉井和哉詩集』

参考文献[編集]

  • 吉井和哉 『So YOUNG―吉井和哉詩集』 ロッキング・オン、1999年。ISBN 9784947599667http://books.google.co.jp/books?id=WOUoNwAACAAJ 
  • 吉井和哉 『吉井和哉自伝 失われた愛を求めて』 ロッキング・オン、2007年。ISBN 9784860520717http://www.yoshiikazuya.com/pc/disco/detail.php?category=b&id=1 
  • Eoin Devereux, Aileen Dillane, Martin Power (2015), David Bowie: Critical Perspectives, Routledge, ISBN 9781317754497, http://books.google.co.jp/books?id=UQ2UBwAAQBAJ 

外部リンク[編集]