MOTHER OF ALL THE BEST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MOTHER OF ALL THE BEST
THE YELLOW MONKEYベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル BMG FUNHOUSE
プロデュース 吉井和哉 (全曲)
宗清裕之 (Disc1: 13,14 Disc2: 1,2,5-7,9-11 Disc3: 10-13)
The Saint (Disc1: 10)
Jason Corsaro (Disc2: 13 Disc3: 4)
笹路正徳 (Disc3: 5,6)
Jon Jacobs (Disc3: 7)
Tony Visconti (Disc3: 8)
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 2005年度年間46位(オリコン)
ゴールドディスク
Platinum disk.png プラチナ (日本レコード協会 2004年12月)
THE YELLOW MONKEY アルバム 年表
GOLDEN YEARS Singles 1996-2001
2001年
MOTHER OF ALL THE BEST
2004年
THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM
2009年
テンプレートを表示

MOTHER OF ALL THE BEST』(マザー・オブ・オール・ザ・ベスト)は、THE YELLOW MONKEYベスト・アルバム2004年12月8日発売。発売元はBMGファンハウス(現・アリオラジャパン)。2013年12月4日に、リマスター盤Blu-spec CD2にて再発売された。

解説[編集]

2001年1月の活動休止宣言から3年半後、2004年7月7日に行われた解散発表直後に発売の公表がされた初のメンバー公認ベスト・アルバム。本作はそれまでにレコード会社によって編集された過去のベスト盤とは大きく異なり、唯一のメンバー監修作品となった。

メンバー自身がそれまでに世に送り出してきた全ての楽曲の中から、1996年まで所属していた日本コロムビア時代の作品もレコード会社の枠を超えて選曲されている。やや後期の楽曲(特に『SICKS』からの選曲が多い)に偏りがあるものの、コロムビア在籍時の代表曲やそれまで一度もアルバムに収録されていなかった完全なアルバム未収録曲も所収された。

また、このアルバムの発売に伴って、ほぼ全てのTHE YELLOW MONKEYの楽曲がアルバム収録されたことになる(シングル/アルバムでの細かいバージョンの差異や、ライブテイクを除く)。ちなみに、この作品は『公認の』アルバムとしては初めて「JAM」、「SPARK」が収録された作品ということにもなる。楽曲の知名度は高い作品ではあるがそれまでオリジナルアルバムに収録されなかった上に、TRIADから発売されたメンバー非公認のベスト・アルバムおよびシングル・コレクションにしか収録されなかった作品であるために、このアルバムによってようやく公認のアルバムに収録された。

初回限定盤にのみ付属のDISC 3には、移籍後にアルバム未収録となっていたカップリング曲を中心に「太陽が燃えている」のデモバージョン、「追憶のマーメイド」のオリジナル歌詞バージョンが収録された。

収録曲[編集]

DISC 1[編集]

  1. NAI (5:36)
    12thシングル「LOVE LOVE SHOW」カップリング。
  2. SPARK (4:12)
    10thシングル。
  3. 楽園 (4:43)
    11thシングル。
  4. TVのシンガー (4:18)
    6thアルバム『SICKS』収録。
  5. Tactics (4:31)
    両A面9thシングル。
  6. 球根 (5:37)
    14thシングル。
  7. BURN (5:14)
    13thシングル。
  8. LOVE LOVE SHOW (4:44)
    12thシングル。
  9. HOTEL 宇宙船 (4:17)
    6thアルバム『SICKS』収録。アウトロのBPM変化が無くなり、フェードアウトで終了するアレンジ。
  10. カナリヤ (3:59)
    8thアルバム『8』収録。『8』に収録されている音源とは曲のスピード(BPMと音階の双方)が異なる。
  11. パール (3:41)
    22ndシングル。
  12. 花吹雪 (4:30)
    6thアルバム『SICKS』収録。イントロが短縮されている。
  13. JAM (5:18)
    9thシングル。
  14. 空の青と本当の気持ち (5:40)
    5thアルバム『FOUR SEASONS』収録。

DISC2[編集]

  1. LOVERS ON BACKSTREET (5:25)
    原曲はインディーズ時代のアルバム『Bunched Birth』に収録されており、本作には4thシングル「熱帯夜」のカップリングになったリメイクバージョンが収録されている。
  2. 夜明けのスキャット (5:53)
    6thシングル「嘆くなり我が夜のFantasy」カップリング。由紀さおりの同曲のカバー
  3. 天国旅行 (8:25)
    6thアルバム『SICKS』収録。
  4. 創生児 (5:08)
    6thアルバム『SICKS』収録。
  5. This Is For You (5:38)
    1stアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』収録。
  6. 嘆くなり我が夜のFantasy (4:23)
    6thシングル。
  7. 熱帯夜 (4:44)
    4thシングル。
  8. 真珠色の革命時代 (Pearl Light Of Revolution) -Live Version- (6:46)
    ライブアルバム『SO ALIVE』収録。
  9. 悲しきASIAN BOY (4:37)
    3rdシングル。
  10. SUCK OF LIFE -Album Version- (5:37)
    2ndアルバム『EXPERIENCE MOVIE』収録。
  11. Father (5:04)
    5thアルバム『FOUR SEASONS』収録。
  12. 人生の終わり (FOR GRANDMOTHER) (7:49)
    6thアルバム『SICKS』収録。アルバムにあったハミングはカットされている。
  13. SO YOUNG (5:08)
    18thシングル。

DISC3(初回限定盤のみ付属)[編集]

  1. LOVE LOVE SHOW (English Version)
    13thシングル「BURN」カップリング。
  2. BULB
    16thシングル「SUGAR FIX」カップリング。
  3. O.K.
    17thシングル「MY WINDING ROAD」カップリング。
  4. NEW YORK CITY LOSER
    18thシングル「SO YOUNG」カップリング。
  5. HEART BREAK
    19thシングル「バラ色の日々」カップリング。
  6. DEAR FEELING
    21stシングル「SHOCK HEARTS」カップリング。
  7. GIRLIE (Original Mix)
    23rdシングル「BRILLIANT WORLD」カップリング。
  8. ネバーギブアップ
    24thシングル「プライマル。」カップリング。
  9. サイキックNo.9 (LIVE)
    22ndシングル「パール」カップリング。
  10. MOONLIGHT DRIVE
    10thシングル「SPARK」カップリング。
  11. HONALOOCHIE BOOGIE
    モット・ザ・フープルトリビュートアルバムMOTH POET HOTEL』収録の、同バンドの楽曲のカバー。
  12. 太陽が燃えている -Demo-
    8thシングル「太陽が燃えている」のデモバージョン。シングルバージョンとは一部、歌詞が異なっている。吉井はデモバージョンのほうが自身の歌が上手かったと語り、「デモに替えてくれないか」と頼んだこともあったという。
  13. 追憶のマーメイド -Original Lyric Version-
    7thシングル「追憶のマーメイド」のオリジナル歌詞バージョン。歌詞が過激すぎるということで修正されてしまっていた。

外部リンク[編集]