慢性外傷性脳症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

慢性外傷性脳症(まんせいがいしょうせいのうしょう、chronic traumatic encephalopathy; CTE)とは、脳震盪などのへの反復する傷害が原因となり、進行性の脳変性による脳症をきたすこと[1]。死後の脳の病理学的検査でしか診断することができない。

この疾患はボクシングにおけるパンチドランカー (dementia pugilistica; DP) としても知られていた。慢性外傷性脳症は現在、アメリカンフットボールアイスホッケーサッカー[2]レスリング野球[3]などの接触の多いスポーツの多くでみられているほか、脳震盪を繰り返した兵士にもみられている。

病理[編集]

脳にはタウタンパク質の蓄積と、脳組織の変性が認められる[4]

症状[編集]

この疾患の患者は、外傷を受けてから数年から数十年経って、記銘力低下、易攻撃性錯乱、抑うつ状態などの認知症症状を呈する。アルツハイマー病パーキンソン病などとの鑑別が困難なことが多い。

脚注[編集]

  1. ^ McKee AC, and others. J Neuropathol Exp Neurol. Jul 2009; 68(7): 709–735. doi: 10.1097/NEN.0b013e3181a9d503
  2. ^ https://square.umin.ac.jp/massie-tmd/noamfoot.html
  3. ^ http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03060_04
  4. ^ http://www.bu.edu/cte/about/what-is-cte/